導入事例
  1. >
  2. >
  • ブックマーク
  • プリント
  • InterSafe WebFilter
  • セキュリティ
  • 導入規模 5000人〜

岩手県教育委員会

全ての情報をシャットダウンするのではなく、
正しい情報を判断させるために活用。

主任指導主事
金澤様

岩手県では、平成13年度から導入がはじまり、現在、岩手県の県立学校100校それぞれにeNetSTARとInterSafe WebFilter、さらに教育情報センター(岩手県庁)のサーバにInterSafe WebFilterが導入されている。のべ約1万にのぼる児童・生徒、教師など学校関係者がInterSafe WebFilterを利用していることになる。今回は岩手県教育委員会で「いわて教育情報ネットワーク」の担当をしている主任指導主事の金澤様に話をうかがうことができた。

正しい情報を判断させるためのフィルタリングソフト活用法 

小中高等学校でフィルタリングを導入しているのは当然のことですが、 改めてフィルタリングを導入された理由をきかせていただけますか?

金澤様:インターネットはあらゆる情報がありますが、やはり子供はなにが有害なのか、なにが正しい情報なのかということは判断できません。不適切な情報やR指定など公的な機関としては、正しく情報を伝える義務がありますよね。

たしかにその通りですね。
さて、岩手県ではセンターにフィルタリングソフトを導入するだけでなく各学校にも導入し、フィルタリングを多段構成にしています。非常に稀な構成だと思いますが、これはどういった理由からなのでしょうか?

金澤様:上位のセンターではフィルタリングのポリシーは、比較的ゆるやかにしています。あとは各学校にフィルタリングのポリシー決定はゆだねています。基本的に、何が有害であるか、何が正しい情報であるかは実際にその情報を見なければ判断できません。例えば、世間で非難されていることを擁護する反社会的なページを実際見せることで、はじめてなぜこの主張は誤っているのかということを子供たちに説明できると思います。全ての情報をシャットアウトするのではなく、このような活用をすることで、何が正しいのかということが判断できるようになると考えています。このようなインターネットの利用ができるように、センターはゆるめのルールを設定し、厳しくするかどうかの判断は各学校の判断にゆだねています。

フィルタリングで規制をかけておけば、問題ないという安易な判断ではなく、あくまでも教師の指導のもと、正しいインターネットの活用方法を理解してもらえるように、あえて多段構成にしているのだという。予算の関係上、センターのみの導入というケースが多い中、このような姿勢は敬意に値する。
 最近は、こどもたちにインターネットを使わせるなという極端な論調が多い。しかし、フィルタリングソフトの活用や教師の指導があれば、こどもたちにインターネットを使わせることは何ら問題はなく、むしろ奨励されるべきことであろう。

ページトップへ戻る
データベースの反映が早いInterSafe WebFilter 

実際、岩手県教育委員でご利用いただいているInterSafe WebFilterだが、どのような点がよいのか、ご提案くださったNTT東日本の横山様が回答してくれた。

横山様:操作画面が使いやすいのがいいですね。日本のベンダーゆえに、データベースの精度が高いことはもちろんですが、こちらでデータベースの登録を要望したときの対応がはやいのがいいですね。

アルプスシステムインテグレーション(以下、ALSI)では、ユーザに対して、データベースに関する問い合わせ専用のメールアドレスを公開している。ユーザからデータベースへの登録および除外を要望された場合は、独自の判断のもと、12時間以内にデータベースに反映させる。つまり、問い合わせがあってから、その日の夜中には自動的に新しいデータベースがユーザは利用できるようになっているのだ。 InterSafe WebFilterはデータベースの精度ともに、この点を評価していただいているケースは非常に多い。

ページトップへ戻る
ログ機能でインターネットの利用頻度を活用 

フィルタリングソフトの重要機能のひとつとして、ユーザのインターネットのアクセスログを記録する機能がある。誰がいつどのようなURLにアクセスをしたかということから、組織のインターネットの利用状況(全インターネットのアクセスのうち有害サイトへのアクセスの割合はどの程度か)など様々な角度からインターネット利用を分析できる。
岩手県教育委員会では、各学校のインターネットの利用頻度を解析しているという。「2年前と比較して、インターネットの利用頻度は2倍以上になっています。」と金澤氏はおっしゃった。 InterSafe WebFilterのログ解析ソフトである「LogLyzer」を利用して、定期的にインターネットの利用頻度を集計しているとのこと。岩手県では、先生にも一人一台パソコンを支給し、授業でのインターネット活用を推進しているという。このようにインターネットの活用頻度がふえればふえるほど、InterSafe WebFilterはフィルタリングソフトとしての役割は重要になっていくであろう。

ページトップへ戻る
岩手県教育委員会http://www2.iwate-ed.jp/sed/
  • ●岩手県のご紹介
    石川啄木が「おもひでの山 おもひでの川」とうたい望郷の念を抱き続けたふるさと。宮沢賢治が理想郷イーハトーヴとして思いを重ね、この広大な大地に思い限りない夢をふくらませたドリームランドとしての日本国岩手県。2010年度を目標年次とし、「みんなで創る『夢県土いわて』」を基本目標に掲げた「岩手県総合計画?新しい岩手・21世紀へのシナリオ?」策定し、 21世紀の岩手を創造することとしています。
関連製品はこちら
  • Webフィルタリングソフト InterSafe WebFilter
関連する導入事例
千葉県教育庁

千葉県教育庁

グループ階層化と最低基準設定機能(上位ポリシーを下位ポリシーに強制的に適用する機能)により、サーバ台数の削減を実現

三重県亀山市教育委員会

三重県亀山市教育委員会

重視したのはURLデータベースの質と更新頻度

長崎県こども政策局こども未来課

長崎県こども政策局こども未来課

「情報社会を生きる子どもたちには、自分で善悪を見分ける力を身につけてほしい。でもそれができるまで、フィルタリングは必要だと思います」

弘前市教育委員会 弘前総合学習センター

弘前市教育委員会 弘前総合学習センター

市内の小中学校と行政を対象に大規模な地域ネットワークを構築。ネット接続サービス当初からURLフィルタリングを導入、利用環境整備に取り組む。

東海大学付属 望星高等学校

東海大学付属 望星高等学校

データベースのカテゴリがわかりやすくジャンル分けされていて、
使いやすくなりました。

福島県教育センター

福島県教育センター

教育機関ならではの経験とノウハウを活かした
独自のフィルタリングポリシーを策定し運用。

セキュリティソリューション

製造流通ソリューション

ページトップへ戻る