導入事例
  1. >
  2. >
  • ブックマーク
  • プリント
  • InterSafe WebFilter
  • セキュリティ
  • 導入規模 5000人〜

ソフトバンクテレコム株式会社(旧日本テレコム株式会社ODN)

日本テレコム株式会社が運営するインターネット接続サービス「ODN」では、
2003 年よりURLフィルタリングの商用サービスを提供。
数万人規模の利用者数を誇っている。そのサービスを支えるのがInterSafe WebFilterだ。

有害サイトの社会問題化で高まるURL フィルタリングニーズを先取り 

近年、インターネットの有害情報を巡る話題が連日マスコミに登場。これをうけて、東京都でもURLフィルタリングサービスの積極的な提供をISP 各社に呼びかけている。こうした社会的なニーズを先取りするものとして、各方面の注目を集めているのが、日本テレコム株式会社の運営するインターネット接続サービス「ODN」のオプションサービス「Web フィルタ」だ。同サービスでは、ウイルスチェック機能とURL フィルタリングが組み合わされて提供されており、そのフィルタリング機能をInterSafe WebFilter が担っている。
そもそもODNが商用サービスとしてURLフィルタリングを提供するに至ったきっかけは、同社の営業サイドから伝えられたお客様からの要望だったという。「当時はISP 他社によるコンシューマ向け商用フィルタリングサービスの提供例はなかったのですが、大手ISPであるODNとしてはお客様のニーズに積極的に応えて行きましょうと始めました」(インターネット・データ事業本部コンシューマODN 担当 本多 恵氏)

ページトップへ戻る
5製品の中から精度と速度、拡張性に優れたInterSafe WebFilterを採用 

▲会員向けサイト「ODN Cafe」でフィルタリ
ングの活用を紹介

URLフィルタリングには、大きく分けて2つの方式がある。ひとつはフィルタリング専用のサーバを設置して集中処理するゲートウェイ型で、もう一つはユーザ側の個々のパソコンにソフトウェアをインストールするクライアント型だ。ODNではサービス提供に際して、InterSafe WebFilter を含むこれら各方式のフィルタリングソフトウェア5製品を比較検討している。
「クライアント型の製品は自由度が高い利点もあるのですが、お客様自身でいろいろ設定をやっていただかなければならず、サポートが大変なので今回は選択対象から除外しました。また、ゲートウェイ型の製品でも、導入を検討した時点では負荷分散でキャッシュ一体型というものが多かったのですが、これだとシステムの拡張性に難があるので、ICAPに対応※したInterSafe WebFilter に当初から注目していた次第です」(ODN システム開発担当マネジャー 木村健一氏)

お客様側の負担軽減とシステム構築の柔軟性から有力候補として絞り込まれたInterSafe WebFilter だが、最終的にODNをInterSafe WebFilterの採用へと踏み切らせた大きな要素は、なんといってもURLデータベースの精度とパフォーマンスだ。「海外の大手ベンダの製品はURLデータベースの収録総数自体は多いものの、日本語サイトのURL数だけで見るとInterSafe WebFilterのほうが多い。フィルタリングの精度はURLデータベースに依存しますから、日本語サイトに特化して精度の高いInterSafe WebFilterは、営業サイドの要請にも合致して優位は決定的でした。それに、InterSafe WebFilterは秒間あたりのパフォーマンスでも他製品より優れていました」

※ ICAP(Internet Content Adaptation Protocol):1999 年にiCAP Forum から発表されたプロトコル。コンテンツのキャッシングや変換、フィルタリングなど、さまざまなサービスの結合が可能となる
ページトップへ戻る
関連製品はこちら
  • Webフィルタリングソフト InterSafe WebFilter
関連する導入事例
株式会社TOKAIコミュニケーションズ

株式会社TOKAIコミュニケーションズ

InterSafeを自社利用とASPサービスで活用。データベースの精度、シェアと価格により採用。グループ管理機能を利用し、容易にASPサービスを実現

ウィルコム

ウィルコム

子供の安全を考慮したウィルコムの製品群
フィルタリングには、実績のあるInterSafeを採用

セキュリティソリューション

製造流通ソリューション

ページトップへ戻る