導入事例
  1. >
  2. >
  • ブックマーク
  • プリント
  • InterSafe WebFilter
  • セキュリティ
  • 導入規模 5000人〜

株式会社TOKAIコミュニケーションズ

InterSafe WebFilterを自社利用とASPサービスで活用
データベースの精度、シェアと価格により採用
グループ管理機能を利用し、容易にASPサービスを実現

株式会社TOKAIコミュニケーションズ
キャリアサービス事業部
ネットワーク営業部
担当課長 草郷様
株式会社TOKAIコミュニケーションズ
キャリアサービス事業部
静岡設備部
木下様

今回、「InterSafe WebFilter」の導入事例の取材に応じていただいたのはTOKAIコミュニケーションズ様である。通信・放送・情報の三事業を中心に事業展開し、東京-大阪間をつなぐ光ファイバーネットワークによる通信インフラ、データセンター、CATV放送設備等を保有し、静岡県内に留まらず、情報通信分野のワンストップサービス企業として幅広いサービスを提供している。またTOKAIコミュニケーションズ様では、自社内にInterSafe WebFilterを導入すると同時に、法人向け通信サービスの「BroadLine(ブロードライン)」にてInterSafe WebFilterを採用したASPサービスを提供している。
 今回TOKAIコミュニケーションズ様で自社導入をご担当された総務部 経営システム課 松浦様、ASPサービスをご担当者されているキャリアサービス事業部 ネットワーク営業部 担当課長 草郷様、キャリアサービス事業部静岡設備部 木下様にお話を伺った。

ウイルス感染、私的利用による業務効率低下、情報漏洩への対策として導入を決定 

TOKAIコミュニケーションズ様では自社内でInterSafe WebFilterを導入すると同時に、ASPサービスにてInterSafe WebFilterを提供していますが、それぞれの導入のきっかけを教えてください。

松浦様: 社内プロキシサーバの入れ替えの時期が近づいた頃、業務に関係ないインターネット利用による、実際に感染まではいかないレベルでのウイルス検知が度々発生していました。また、私的利用による業務効率の低下も感じられフィルタリング製品の必要性を感じていました。
その頃、顧客向けのサービス開発メンバーからInterSafe WebFilterを顧客向けに提案していることを聞き、仕様・機能を確認したところ問題点を解決するのにぴったりだと感じたのが導入のきっかけです。

草郷様:弊社では拠点間通信サービス、 インターネットサービス、ソリューションサービスとして「BroadLine(ブロードライン)」を提供しているのですが、セキュリティ対策へのニーズの高まりもあり、InterSafe WebFilterのASPサービスとしての提供を決定しました。
他社製品とも比較をしたのですが、InterSafe WebFilterはデータベースの精度とグループ管理の機能を使用してASPサービスとしての提供がしやすいことが決め手になりました。
また、社内導入にあたっては、弊社でも様々な会社の情報漏洩のニュースなどに触れる度に、セキュリティ対策の強化ということが課題になっていまして、

  • 1. Webメール・ストレージサービスの利用禁止
  • 2. IPアドレスの直打ちの禁止

などの必要性が上層部からも伝えられていました。

ページトップへ戻る
日本製、シェア、信頼性の高いデータベースによりInterSafe WebFilterを選択 

他製品との比較は行いましたか。

松浦様:他の製品との比較検討を行ないましたが、日本製でありかつ製品シェアも高く、データベースを目視して収集していて信頼できるといった点から、選択にほとんど迷う事なくInterSafe WebFilterに決定しました。
草郷様:弊社担当の営業担当者ががんばってくれたこともあって、価格・価格体系も社内で承認を得やすかったです。

では、自社利用に関してお伺いいたします。ポリシー策定はどの様に行われましたか。

松浦様:まず社内の情報セキュリティ部門で、ウイルス問題や情報漏洩を防ぐ事ができる内容でベースとなるポリシーを作成いたしました。
また、社内には部署により基本ポリシーでは制限対象となっていても業務で利用する必要のあるサイトもあった為、事前にそれらの調査を行い運用開始時に問題が出ないよう個別のルールを作成するよういたしました。利用する側の気持ちも考慮したポリシーにしています。

自社内での運用フローを教えてください。

松浦様:フィルタリングポリシーに問題がある場合はワークフローにて申請を行い、情報セキュリティ部門にて問題ないと判断された場合には例外URLへ追加するようにしています。
ログは月に一度解析していますが、今後LogLyzerの機能をフルに活用してより詳細な分析を行いたいです。

ページトップへ戻る
2ヶ月という短期間でASPサービスの構築が完了 

では、ASPサービス提供に関してお伺いします。構築期間はどれくらいでしたか。

木下様:3月、4月に打ち合わせを行い、10月末に導入できました。実際の構築期間は2ヶ月ほどと短期間での提供が可能でした。 InterSafe WebFilterはソフトウェアとしては出来上がっている製品ですので、マニュアルに従えば、大まかな設定などは非常に簡単でした。

ページトップへ戻る
InterSafe WebFilterのみの3階層までのグループ管理機能を活用し、サービス提供 

現在何社にASPサービスとしてInterSafe WebFilterを提供されていますか。

草郷様:業種規模問わず、現在十数社の企業・団体に導入していただいています。InterSafe WebFilterは3階層までのグループ構造に対応しているので、弊社のASPサービスとしての仕組みはその機能を利用し、ユーザにグループ管理者の権限を委譲しています。

今後のご要望をお教えください。

木下様:現在LogLyzerは自社利用向けに作成されていると思いますので、今後はASPサービス向けのLogLyzerなどが出来たらいいですね。

ページトップへ戻る
株式会社TOKAIコミュニケーションズhttp://www.tokai-com.co.jp/

株式会社TOKAIコミュニケーションズ
データセンター

  • ●所在地
    〒420-0034 静岡県静岡市葵区常磐町2丁目6番地の8
  • 株式会社TOKAIコミュニケーションズは自社で保有する光ファイバーネットワークとiDC、カスタマーセンターをバックボーンに、個人から法人のお客様に対して、通信・放送・情報分野で幅広いサービスを展開しています。
    システム事業では、自社のネットワークとデータセンター、様々なシステムの開発経験による高い技術力により、システムのコンサルテーションから構築、運用、保守に至るトータルなシステムイノベーションサービスを提供しています。
関連製品はこちら
  • Webフィルタリングソフト InterSafe WebFilter
関連する導入事例
ウィルコム

ウィルコム

子供の安全を考慮したウィルコムの製品群
フィルタリングには、実績のあるInterSafeを採用

ソフトバンクテレコム株式会社(旧日本テレコム株式会社ODN)

ソフトバンクテレコム株式会社(旧日本テレコム株式会社ODN)

インターネット接続サービス「ODN」では、2003年よりURLフィルタリング商用サービスを提供。数万人規模の利用者を誇るサービスをInterSafeが支える。

セキュリティソリューション

製造流通ソリューション

ページトップへ戻る