社員インタビュー







img

入社後に取り組んだ内容


 入社してすぐの頃は右も左も分からず、業務に関する知識や言葉遣いなどのビジネスマナーを覚えるのに必死でした。仕事に関しては、最初はプログラミング、その後は「ERPフロントソリューションECOAS経費・旅費精算」のプロジェクトに携わり、現在は客先で対応しています。 大変だった事は、学生時代に勉強したことがそこまで活かせなかったので、入社後に勉強しました。研修制度があり、就職してからも勉強できるので、学生時代ITの勉強をしていない方でも活躍できるようになります。

現在の業務内容


 今は客先でデータ連携・統合基盤の「PowerCenter」という製品の開発標準をまとめたり、担当者に教育をしています。システム間でデータの受け渡しを行うためインターフェースに必要なツールとなります。 これまで取り組んでいた業務とは全く異なりますが、要件定義や設定については考え方が一緒なので、そういった知識は流用できています。


日々の仕事の中での「やりがい」


 客先に常駐しているので、お客様からの信頼とお客様からの評価が全てです。お客様に満足していただくのが一番ですね。身近に感じられるのでやりがいになります。

職場の雰囲気や社員同士の交流について


 月1回の帰社日に本社に戻ってきて、課内のミーティングを受けています。ALSIは困った時に相談できる環境があります。課にも一体感があり、チームプレーで助け合いを大切にしています。
 同期同士の交流は、入社7年目になりますが、同期が営業担当として対応しているのでやりやすいです。また、上司とも一ヶ月に1回ほど食事に行って、相談にものってもらっています。


外国籍(中国)の人へ伝えるALSIの魅力


 日本企業は長期雇用なので定年まで働けるというのはいいと思う人も多いと思います。 また中国の人にとっては現地法人(ALSI大連)があること、グローバルで働けるということはメリットだと思います。

趣味について


 スノーボードが好きな社員同士で集まって毎年行っています。スノーボードを始めて8年位になりますね。来日してからスノーボードを知り、はまってしまいました。
 他には料理も好きで、食べたいものがあると自分で作ります。スーパーでは1時間くらいブラブラして色々見ますね。特に調味料を見るのが好きです。