社員インタビュー







img

組み込み開発の業務で苦労したこと


 入社当時は、C言語の知識はあってもファームウェアとは何かも分からない状態でした。マイコンを制御することも初めてであり、不安は大きかったと思います。しかしながら、入社後の教育訓練や、実際の業務を行いながらのOJTが充実しており、入社前の想像よりも早く仕事を覚えることができました。
 ファームウェア開発部では、車載向け製品開発のノウハウや多様な通信制御のノウハウを持ち、また、品質管理、製品化プロセスの管理にも力を入れています。これらは、教育や業務経験を通じて、開発に必要な能力を習得することができます。たとえ新卒入社であっても、これらの基盤によって円滑に業務を推進できます。



ファームウェア開発の魅力


 時代の流れと共に、製品が持つ機能は高度かつ多様になっています。これをハードウェアだけで実現することは難しく、ソフトウェアによって複雑な機能を実現することになります。この流れは止まることが無いため、ファームウェアは常に進化する業界であるといえますね。この業界はやりがいを感じやすいと思います。また、ALSIファームウェア開発部は、新しい通信技術やセンサ技術を取り入れ、時代を先行する製品を開発できる魅力的な部であると思います。


img

テクノロジーの進化や将来に対する期待


 現在のファームウェアの仕事とも関連するのですが、IoTは、あらゆるものと繋がることで新たな可能性を生み出せる将来性のある分野だと思います。新たな付加価値を生み出していくことは、今の日本に必要不可欠であると感じています。IoTを実現するためには、様々なセンサや通信方式を利用することになり、これはALSIファームウェア開発部が保有する技術を生かせる分野と言えるでしょう。ALSIのIoTに対する取り組みが、日本の経済的成長に貢献できることを期待します。


職場の雰囲気や、他拠点との連携について


 ファームウェア開発部は、宮城県内で2拠点「古川開発センター」(宮城県大崎市)と「仙台開発センター」(宮城県仙台市青葉区)で業務を行っています。私は古川の方に所属しているのですが、親会社のアルプス電気古川工場内にオフィスがあり、社員食堂なども一緒に利用しています。職場は和やかで話しやすい環境ですね。上司にも相談しやすいですし、経験豊富な先輩方が在籍しているので頼りやすい環境です。
 中国の大連にALSIの現地法人があり、業務連携をしています。そのほか、親会社向けの業務で海外拠点や海外顧客と関わる業務もあるので、グローバルな職場です。


img

古川はこんなところ


 意外と近くにコンビニ、スーパーマーケット、病院がありますよ。市が所有する体育館やテニスコートは安いのでよく利用します。古川は新幹線の駅があるので、駅から会社まで徒歩で行けますし、仙台へのアクセスが良いです。でもやっぱり、車があると色々便利かなと思いますね。 近隣には鳴子温泉があり、温泉や紅葉の絶景スポットがあります。スキー場へも行けるので、冬は遊べますね。


オフタイムや休日の過ごし方について


 私は運動が好きなので、休日は体を動かしてリフレッシュしています。平日も家に帰り時間があれば外に出て走ったりもしていますね。(今の寒い時期も走っている人います!) 社内でもゴルフ会があり、平日皆で打ちっぱなしに行ったりもしています。ちなみにテニスは同期の方とやっています。スポーツをやっていると色々な人と関われるのでお勧めですよ。最近オーブンレンジを買ったのでパン作りをするのがひそかな楽しみです。