Hot Topic

  1. トップ
  2. >
  3. HotTopic
  4. >
  5. InterSafe ILPをクラウド環境へ。セキュリティ向上、導入期間も大幅短縮

InterSafe ILPをクラウド環境へ。セキュリティ向上、導入期間も大幅短縮

システムのクラウド環境への移行に最適、AWSに対応したセキュリティソフト InterSafe ILP

2015年01月29日

外部からの不正アクセス、さらには内部犯行による情報漏洩の防止に重要なのが多層的なセキュリティ対策です。

従来のオンプレミス型の社内システムで難しかったこうした対策も、社内システムをクラウドに移行することで、迅速かつ低コストに導入できるようになりました。

InterSafe ILPは、サーバー・クライアント間の通信を、全てHTTP / HTTPSで行うので、クラウド環境にすぐに移行できる情報漏洩対策ソフトです。クラウドへの導入で、お客様のweb環境の安全性向上に貢献します。

 


■こんな企業・法人様におすすめ!

○WEB環境の安全性を向上させながら、脆弱性対策コストを軽減したい企業・法人

○クラウドへのシステム移行を検討している企業・法人

 


 

■InterSafe ILPがクラウドへの導入をおすすめする理由は?

○Webサーバーに直接インストールが可能なソフトウェアタイプのセキュリティソリューションです。

○オンプレミス環境はもちろん、クラウド環境(Iaaなど)にも対応し、システムのクラウド環境への移行時にも最適です。

ILPCLOUD.png

 


■クラウド環境移行のメリットとは?

  1. 【セキュリティが向上します!】

    InterSafe ILPはサーバー・クライアント間の通信をhttp / httpsで実現します。ですからすぐにでもサーバーをクラウド環境へ移行できるのです。
    またクロスサイトスクリプティング、SQLインジェクションなどの脆弱対策は万全ですので、安心してクラウド環境での運用が出来ます。
    更にAWS(Amazon Web Service)などを利用すれば、最先端のデータセンターセキュリティサービスを受けることができるので、自社でサーバーを運用するよりも はるかに安全・低コストに運用できます。

  2. ソフトウェアタイプなので、導入・運用が容易です!

    Webサーバへ直接インストールするソフトウェアタイプなので、導入時のネットワーク構成の変更が不要です。
    導入時のインフラ検討範囲をWebサーバに限定できるので、オンプレミスタイプと比べて、導入期間を大幅に短縮することができます。
    当社でも、最短1~2週間での構築実績があります。詳しくは当社までお問い合わせください。

  3. クラウドサービスや仮想化環境にも導入できます!

    ソフトウェアタイプなので、クラウド環境との親和性が高く、AWS(Amazon Web Service)など主要なクラウドプラットフォームに対応しています。(ILPサーバーの動作環境はこちら
    しかもVMWare、CitrixといったVDI環境にも対応しており、規模に合わせて柔軟に環境構築することができます。

  4. 柔軟な価格体系で、スモールスタートができます!

    InterSafe ILPなら、欲しい機能を、必要な分だけ購入することができます。
    また、後から必要となったセキュリティ機能は、管理コンソールにライセンスを登録するだけですぐにご利用を始めることができます。
    まずは、特定の部門や担当者群など、小規模導入からのスモールスタートをしたい企業・法人に最適です。


■ILPお試しクラウドで、まずは簡単安全実感を!
InterSafe ILPでは、お客様でのサーバ構築など、面倒な準備なしにすぐにご利用になれる、30日間の「ILPお試しクラウド」をご用意しています。

 

詳しいご説明や、お手続き詳細、お見積りについては弊社セキュリティ営業部までお問い合わせください。

 

電話でのお問い合わせ: 03-5499-8045

Webフォームでのお問い合わせはこちら

HotTopic一覧へ

ページトップへ戻る