製造流通ソリューション
  1. >
  2. >
  3. >
  4. >

ERPフロントソリューション ECOAS 経費・旅費精算

  • ブックマーク
  • プリント
グローバル企業・グループ企業向け ECOAS 経費・旅費精算
課題から解決!ECOAS経費・旅費精算

ECOASの導入事例

ECOAS経費・旅費精算をご活用いただいているお客様の導入事例をご紹介します。




精算業務に携わる人員が半減

業種:通信業

導入背景

・精算業務を行うために帰社するための時間や旅費が大きな無駄を発生させていた。
・経理部門は申請内容の精査・入力に多くの人手がかかっていた。

導入にあたって
1. 外出先から精算業務が行えること。
2. 経理部門の負担を軽減すること。


導入効果

・精算業務が外出先から行えるようになったので、帰社するための時間も費用も大幅に削減できた。
・交通費の請求経路と通勤定期経路のチェックが自動化したため、確認業務が不要になった。
・会計システムの自動連携により、グループ会社もあわせて半分以下の人員でシェアードサービスが実現した。

導入事例一覧へ戻る

月間150時間超のコスト削減に成功

業種:情報通信機械器具製造業

導入背景

・管理部門の業務負荷。
・精算の仕組みが複雑でわかりづらい。

導入にあたって
1. 「intra-mart Accel Platform」の上で動作する事が必須要件であった。
2. 希望していた「法人カード連携」「スマートフォン連携」に対応できる製品を選定した。


導入効果

・月間150時間超のコスト削減に成功。
・オンラインで履歴の照会ができるため、処理状況などに対する問合せが激減した。

導入事例一覧へ戻る

Biz∫との連携

業種:大手自動車メーカー系商社様

導入背景

・基幹システム刷新に伴い経費精算も再構築が必要となった。
・紙ベースの社員立替精算処理の精度向上を図りたい。
・業務の効率化を目的とした経費・精算ワークフロー導入を検討。

導入にあたって
1. 業務改善による費用対効果を重要視し、Biz∫との連携実績があり容易に対応できる製品を選定した。
2. 海外出張での多通貨対応利用が必須要件であった。


導入効果

・紙利用による伝票を廃止することで、証跡管理等をシステム化することができた。
・社員立替精算処理/経理確認に業務の効率化が図られた。
(ペーパレス化による輸送費等、外部委託費の削減・上長承認処理の迅速化)

導入事例一覧へ戻る

クラウド利用による運用コスト低減

業種:エネルギー関連商社様

導入背景

・紙で運用している精算業務のワークフロー化による精度とスピード向上。
・社員に配布しているiPadをもっと活用したい。

導入にあたって
1.システム運用コストを極力抑えられること。
2.iPadでのシステム利用が可能であること。
3.現状の業務に合わせてある程度のカスタマイズが可能であること。


導入効果

・iPadを利用した社員立替精算処理/経理確認により業務の効率化とスピードアップが図られた。
・プロジェクトを機に既存運用の整理を実施し、業務のスリム化を図ることができた。
・システム運用要員の削減により他業務への集中が図られた。

導入事例一覧へ戻る

グループ全体の旅費規定変更に伴う短期システム導入

業種:情報サービス業

導入背景

・グループ全体の新旅費規定適用に合致した旅費精算ワークフローの短期導入が必要となった。
・旅費精算書のシステム化による経理業務の効率化を図りたかった。

導入にあたって
1.intra-mart状で稼働するシステムで、短期導入が可能であること。
2.新旅費規程に合致した精算システムであること。


導入効果

・新旅費規程が労使合意期間内で適用できた。
・社員立替精算処理/経理確認に業務の効率化が図られた。

導入事例一覧へ戻る

全社ワークフロー導入を、短納期で実現

業種:外資系化学メーカー様

導入背景

・紙ベースの社員立替精算処理の精度向上を図りたい。
・経理業務の効率化を目的とした経費・精算ワークフロー導入を検討。
・外国人社員が多い為、英語対応によるワークフローが必須。

導入にあたって
1.英語による申請・精算ができること
2.情報システム担当者が1名しかいない為、導入作業が効率良く、且つ短納期で納入できること。(手離れが良いシステム)


導入効果

・新旅費規程が労使合意期間内で適用できた。
・社員立替精算処理/経理確認に業務の効率化が図られた。

導入事例一覧へ戻る

他システムとのマスタ連携による情報の一元化を実現

業種:情報サービス業

導入背景

・紙ベースの社員立替精算処理の精度を向上させたい。
・庶務担当業務の属人化を解消させたい。
・ERPと経費管理システムの2重化による工数が増えている。

導入にあたって
1.intra-mart上で稼働する経費精算システムである。
2.ERPとの連携が容易なこと。
3.ワークフローが柔軟に変更できること(庶務業務のシェアード化)


導入効果

・社員立替精算処理/経理確認に業務の効率化が図られた。(外部委託費の削減)
・ERP連携により経理業務の工数が削減できた。

導入事例一覧へ戻る

要件定義から運用開始まで、2ヶ月で導入

業種:電子部品・素材メーカー様

導入背景

・短期間でのシステム立上げが必要
・SAPとの仕訳連携が必要
・他システムも、同時並行での構築が必要

導入にあたって
1.業務内容を、ほぼECOAS標準機能でカバーできたこと。
2.オンラインヘルプ等でオペレーション教育が簡素化できたこと。
3.海外出張対応(外貨・レート)できていること。


導入効果

・短期間での経費精算システムを導入でき、経理業務の停滞を回避できた。

導入事例一覧へ戻る

4社で利用可能なワークフロー導入

業種:情報サービス様

導入背景

・紙で運用している精算業務のワークフロー化による精度向上。
・各グループ会社で精算するデータの管理コスト増。

導入にあたって
1.既存システムのグループウェアとして導入していたintra-mart基盤を活用すること。
2.intra-martの新ワークフロー(IM-workflow)に、対応していること。
3.標準機能を活かし、ノンカスタマイズを前提で構築可能であったこと。


導入効果

・社員立替精算処理/経理確認に業務の効率化が図られた。(グループ企業の経理業務集約)
・データの一元管理化することによる管理コスト削減。

導入事例一覧へ戻る

経理業務のシェアド化へ対応

業種:電子部品メーカー様

導入背景

・基幹システム刷新に伴い経費精算も再構築が必要となった。
・Notesからの切り替えに伴い、IMベースへのワークフローの構築が必要となった。
・経理業務のシェアド化に伴い、適用可能なシステムが必要となった。

導入にあたって
1.全社利用でのワークフローを、intra-martで構築している為、同一基盤での経費精算システムが必要となった。
2.SAP連携が容易に対応できること。


導入効果

・ワークフローの汎用性が高まり、組織変更等に対応でき、保守効率が高まった。
・ERP連携による日次連携→リアルタイムになり、精算までの時間が大幅に軽減した。
・経理業務へのシェアド化へも対応が可能となった。・国内工場:8拠点で利用可能。

導入事例一覧へ戻る

経理業務の改善・グループ会社統合

業種:音響機器メーカー様

導入背景

・グループ会社合わせて、月5000枚の伝票処理がある為、業務内容の改善が課題となっていた。
・将来的にグループ会社が増える為、複数グループ会社の展開が必要となった。
・チケット手配を依頼したトラベル会社からの請求処理の業務に、課題を抱えていた。

導入にあたって
1. 全社基盤であるintra-martを活動できるシステムが必須だったこと。
2. 将来的にグループ会社への横展開が容易であったこと。
3. SAPとの連携実績があり、他のシステムとも容易に連携可能であったこと。


導入効果

・業務フローの見直しから行いシステム側でのチェック機能を強化し、経理業務のチェックを省力化できた。
・チケットの請求処理をシステム化することで、月次に集約することで業務が大幅に軽減された。

導入事例一覧へ戻る

法人カード対応による精算業務の改善

業種:製造メーカー様

導入背景

・Excelによる伝票処理により業務が煩雑化していた。
・法人カード導入に伴い、カードデータを流用したシステム化を検討していた。
・既に、Accel Platformを社内基盤として利用していた為、同一基盤でのシステム化が必要だった。

導入にあたって
1. 業務改善による費用対効果を重要視し、パッケージ適用による短期導入が選定のポイントとなった。
2. グローバル企業の為、日・英での利用が必須要件であった。
3. 法人カードデータを利用することが、実現可能な製品を選択した。


導入効果

・紙利用による伝票を廃止することで、証跡管理等をシステム化することができた。
・法人カード導入に伴い、キャッシュレスでの精算業務を実現した。
・システム基盤をIMに集約することで、保守性を向上することができた。

導入事例一覧へ戻る

次期グローバル情報基盤でのシステム構築

業種:大手通信サービス業様

導入背景

・現行基盤の保守切れに伴い新業務基盤として、Intra-mart(IM-BIS)を採用した。
・導入の選定方針として、パッケージを極力利用し、且つ、IM-BIS版への対応が必要となった。

導入にあたって
1.IM-BISに対応可能なソリューションであったこと(ECOAS以外に選択肢が無かった)。
2.既に、グループ子会社での利用実績があり、旅費規程等のシステム化の実績があったこと。


導入効果

・開発基盤をIM-BISで統一することで、開発効率・他システムとの親和性を高めることができた。
・大規模ユーザーでのシステム利用にも関わらず、約1年位の導入期間でリリースが可能となった。
・将来的な拡張利用にも柔軟に対応可能となり、ICカード連携等の機能拡張も検討頂けることとなった。

導入事例一覧へ戻る

  • フォームでのお問い合わせ デモ・資料請求はこちら
  • お電話でのお問い合わせ 03-5499-8034
  • カタログダウンロード
ページトップへ戻る