ニュース

ニュース

  1. >
  2. >

2002年のニュース

ALSI 教育市場に特化した e-Learningサーバ
「eNetLibe」3月20日販売開始
ALSI 教育市場に特化した e-Learningサーバ 「eNetLibe」3月20日販売開始

2002年03月19日

 アルプス システム インテグレーション株式会社(本社:東京都大田区 代表取締役社長:大喜多 晃 資本金:2億50万円)、以下ALSI(アルシー)は、教育市場に特化したアプライアンスサーバの第二弾として「eNetLibe」(イーネットリーベ)を3月20日より販売開始いたします。

製品概要


■製品名 eNetLibe(イーネットリーベ)/高等学校・大学版
  e-Learningサーバ/
  Web学習&教材作成システム及び活用ソフト初期導入済小型サーバ

機 能 概 要:「eNetLibe」は、学校に蓄積されている教育素材をマルチメディア教材として活用できる
e-Learningサーバです。

主 な 特 徴:1.1台で教材作成から学習管理まで対応可能
         2.学習者側は教材をWebブラウザ(Microsoft Internet Explorer)だけで利用可能
         3.実績のあるWeb学習&教材作成ソフト「スマートHTML」実装
         4.豊富な対応教材ラインアップ

標 準 価 格:882,000円〜(税抜)/25user(契約期間1年)

発 売 時 期:2002年3月20日(水)

サ − バ 仕 様:CPU :Celeron-950MHz、OS:Linux2.2、メモリ:512MB、HDD :40GB

サイズ / 重量:300mm×320mm×78mm/約6kg

販 売 目 標:200台(初年度)

ターゲット市場:高等学校・大学

【 製品化の背景 】
 先生を含め生徒・学生が学校に蓄積されている教育素材やマルチメディア教材を共有し、活用することを基本コンセプトとして製品化いたしました。
 この「Libe」という名称は、「Library」につながり、まるで図書館のように様々な情報を整理し、管理できるサーバとしてイメージしたところから付けられたものです。また「Libe」は「Liberty」にも通じ、生徒・学生が自由にアクセスしてコンテンツを利用してほしいとの意味をこめています。先生が手軽に教材を作成できるツールを用意していますので、お手持ちの素材をデジタル化して蓄積することにより、学校独自の資産となっていきます。
 また、今夏には、「eNetLibe小学校版」、「eNetLibe中学校版」の発売を予定しています。
 ALSIは、今後も市場のニーズに応じた製品を提供することで、トータル教育システムのリーディングカンパニーとして一層の事業強化を図って参ります。

 

このリリースに関するお問い合わせ先・取材受付先
アルプス システム インテグレーション株式会社  URL http://www.alsi.co.jp/
〒145-0067 東京都大田区雪谷大塚町1-7
広報担当:桑野 宏子( kuwano@alsi.co.jp ) TEL:03-5499-8043 FAX:03-3726-7050

ニュース一覧へ

ページトップへ戻る