ニュース

ニュース

  1. >
  2. >

2002年のニュース

ALSI ノートパソコンにも対応した次世代CALLシステム
CaLabo1000 3月29日販売開始
ALSI ノートパソコンにも対応した次世代CALLシステム CaLabo1000 3月29日販売開始

2002年03月28日

 アルプス システム インテグレーション株式会社(本社:東京都大田区 代表取締役社長:大喜多 晃 資本金:2億50万円)、以下ALSI(アルシー)は、ノートパソコンにも対応した次世代CALLシステム*「CaLabo1000(キャラボ1000 )」を、3月29日より販売開始いたします。

製品概要


■製品名 CaLabo1000(キャラボ1000 )

機 能 概 要:
 CaLabo1000は語学学習に必要な基本機能に加え、ビデオ映像やパソコン画面などの画像転送をハードウェアではなくLANで実現したことにより、高いコストパフォーマンスを実現しました。また、ノートパソコンで構築された教室でも運用可能なため、省スペース性や可動性を活かした効果的な学習をサポートします。

主 な 特 徴:
  1.画像転送をハードウェアではなくLANで実現し、ノートパソコンにも対応
  2.語学習得に必要な技能を映像・音声・文字情報を活用しながら学習できるシステム
  3.クリアな音質を保持し、優れたコストパフォーマンスを実現
  4.従来の教材(テープ、CD、MD、ビデオ等)をネットワーク上で活用可能
  5.一斉・個別学習に対応し、生徒・学生の学習履歴を教材サーバで一元管理

発 売 時 期:2002年3月29日(金)

標 準 価 格:8,700,000円(税抜)〜(生徒40台構成時)

ターゲット市場:高等学校・大学

動作環境
CPU
OS
メモリ
先生/学習者パソコン Pentium3 500MHz以上
または Celeron 533MHz以上
Windows 98SE、Windows Me
Windows 2000、Windows XP
64MB以上
コントローラパソコン Pentium3 500MHz以上
または Celeron 533MHz以上
Windows 98SE、Windows Me
Windows 2000、Windows XP
96MB以上
教材サーバ Pentium3 500MHz 以上 Windows 2000 Server SP1以上
Windows NT Server 4.0 SP5以上
128MB以上

【 製品化の背景 】
 パソコン教室と従来の語学教室(LL教室)を統合した「CALL教室」は短大・大学はもちろん、高等学校でのニーズが学校でのIT化とともに急速に高まっています。
 CaLabo1000は、上位機種CaLabo2000の機能をノートパソコンで構成された教室で運用したいという声から生まれたコストパフォーマンスに優れた語学学習システムです。
 ALSIは、今後、CALL市場の急速な伸びが期待されると予測し、従来のCaLabo2000(Windows対応版)、 先日発表したCalabo2000(Mac OS X対応版)に加え、今回CaLabo1000をラインアップすることで、CALLシステムのリーディングカンパニーを目指し、一層の事業強化を図って参ります。

  * CALLシステム:Computer-Assisted Language Learning system(コンピュータ支援語学学習システム)

 

このリリースに関するお問い合わせ先・取材受付先
アルプス システム インテグレーション株式会社  URL http://www.alsi.co.jp/
〒145-0067 東京都大田区雪谷大塚町1-7
広報担当:桑野 宏子( kuwano@alsi.co.jp ) TEL:03-5499-8043 FAX:03-3726-7050

ニュース一覧へ

ページトップへ戻る