ニュース

ニュース

  1. >
  2. >

2002年のニュース

セキュリティ機能・パフォーマンスを大幅に強化!
ALSI 高速URLフィルタリングソフト『InterSafe Proxy ver 2.1』 
9月24日 バージョンアップ
セキュリティ機能・パフォーマンスを大幅に強化! ALSI 高速URLフィルタリングソフト『InterSafe Proxy ver 2.1』 9月24日 バージョンアップ

2002年09月10日

アルプス システム インテグレーション株式会社(本社:東京都大田区、代表取締役社長:大喜多 晃、資本金:2億50万円、以下ALSI(アルシー))は、高精度URLデータベース(登録数1100万サイト/2002 年8月現在)により、インターネット上の有害サイトをブロックするURLフィルタリングソフト『InterSafe Proxy ver 2.1』を、セキュリティ機能とパフォーマンスを大幅に強化し、9月24日より発売開始いたします。

■ 製品名: InterSafe Proxy ver 2.1 ■ 発売時期: 2002年9月24日 ■ 標準価格: 25user/契約期間1年 198,000円〜 ■ ターゲット市場: 企業・官公庁・学校・プロバイダー ほか ■ 売上目標: 3億円(10,000ライセンス) ■ バージョンアップの概要   『InterSafe Proxy ver 2.1』では、
(1)セキュリティ機能の強化、
(2)パフォーマンスの向上(従来製品より150%フィルタリングを高速化)、
(3)規制カテゴリ数を30から40に増強、
(4)ログ収集の機能追加(月別・週別・日別でローテート可能、ウイルス感染などを防止)
(5)カスタマイズ・利便性の向上、  
に重点を置いたバージョンアップ製品となっております。

【セキュリティ機能の強化】

<1>ブラウザ規制
・クライアントが利用するブラウザの種類を制限
・セキュリティホールの有無などブラウザのパッチ番号レベルでも選択可能

<2>URL拡張子/文字列規制

・任意の拡張子や文字列を規制
・ウイルスの可能性や悪意あるプログラム名の登録で、ネットワークへの進入をリアルタイムに予防
・業務に不要・教育に有害なソフト、ファイルのダウンロードを制限

【パフォーマンスの向上】 <1>フィルタリングの高速化  
従来製品(ver 1.1)に比べ、フィルタリングを約150%高速化。
表示速度の向上や利用端末台数・ データ量の増加に対応。

<2>レポーティング機能の向上
 
ログ分析ソフト「LogLyzer(ver 2.1)」をマイクロソフトSQL Serverに連携。大容量なログの高速分析が可能。

【その他の追加機能】

<1> 規制カテゴリ数を30から40に増強
(ウイルス感染、オンライントレード、オークション、音楽、広告等に関する規制カテゴリを新設)

<2> アクセスログのローテートをサイズ以外に日、週、月単位で作成

<3> 記録するアクセスログ項目の選択や、ログファイルの削除/転送を管理画面で簡単に実現

<4> プロキシ経由の場合でも、ユーザのホスト名をアクセスログに記録  

 

動作環境 nterSafe Proxy ver 2.1 フィルタリング管理画面 InterSafe Proxy ver 2.1
フィルタリング管理画面

●InterSafe サーバ(Windows2000 版)
・CPU Pentium3 同等以上(800MHz 以上を推奨)
・メモリ 256MB 以上推奨
・OS Windows2000 Server SP2 以上
・ディスク 100MB 以上の空き領域(ログを除く)

●InterSafe サーバ(Solaris 版)
・CPU Sun Ultra10 UltraSparc2i 440MHz 同等以上
・メモリ 512MB 以上推奨
・OS SPARC 版Solaris 2.6 ※
 SPARC 版Solaris 2.7 ※
 SPARC 版Solaris 8 ※
 (※パッチ等についてはお問い合わせください)
・ディスク 100MB 以上の空き領域(ログを除く)

●InterSafe サーバ(Linux 版)
・CPU Pentium3 同等以上(800MHz 以上を推奨)
・メモリ 256MB 以上推奨
・OS Intel 版 Red Hat Linux 6.2J,7.1,7.2,7.3,Turbolinux 7 Server
・ディスク 100MB 以上の空き領域(ログを除く)     ■InterSafe概要

 ALSIは、1997年より企業や自治体、学校などに向け、URLフィルタリングソフトの開発・販売を行ってお り、約5,500サーバの販売実績をあげております(2002年5月現在)。URLフィルタリング市場において、 2000年、2001年連続で、日本シェア1位を獲得しているほか(富士キメラ総研調べ)、「InterSafe」は日本 PTA全国協議会の推奨商品とされるなど、ネットワークセキュリティ環境のインフラとして、幅広い支持を得 ています。また、登録済みデータベース数は、2002年8月現在1,100万サイト(うち、日本国内のサイト は全体の80%の880万サイト)で、30名の専任担当者による目視確認により、毎日更新されています。

 今後ALSIは、URLフィルタリング市場のニーズの多様化に対応し、URLカテゴリの増強・各種OS対応・ 大規模ユーザ対応・他社製キャッシュ製品などとの連携(プラグイン対応)を積極的に展開する予定でお り、さらなるシェアの拡大を図ってまいります。      

プラグイン製品
・InterSafe for Squid(2002年2月発売)
・InterSafe for Microsoft Internet Security and Acceleration Server 2000 (2002年9月発売予定)
・InterSafe for NetCache(2002年12月発売予定)
 ※今後も他社製品プラグイン製品を続々発売予定     -オンラインプレスルームのご案内-
 弊社ホームページのオンラインプレスルームにて、
 上記画像データや詳細情報、各種データをご提供しております。

このリリースに関するお問い合わせ先・取材受付先
アルプス システム インテグレーション株式会社  URL http://www.alsi.co.jp/
〒145-0067 東京都大田区雪谷大塚町1-7
広報担当:桑野 宏子( kuwano@alsi.co.jp ) TEL:03-5499-8043 FAX:03-3726-7050

ニュース一覧へ

ページトップへ戻る