ニュース

ニュース

  1. >
  2. >

2003年のニュース

校内PCの稼働率向上を目指すALSIの新ソリューション
「School-NETシステム」2003年4月1日より提供開始
校内PCの稼働率向上を目指すALSIの新ソリューション 「School-NETシステム」2003年4月1日より提供開始
– 校内PCの全自動アップデートも実現! –

2003年04月01日

 アルプス システム インテグレーション株式会社(本社:東京都大田区、代表取 締役社長:大喜多 晃、資本金2億50万円、以下ALSI〔アルシー〕)は、1990年よ り学校市場に対し、URLフィルタリングソフトや画像転送システム、CALLシステ ム、e-Learningシステム、など、様々な製品およびソリューションを提供し、トータル教育システムメーカーのパイオニアとして、既に10,000校を超える導入実績を持っています。

市場背景

 日本政府が進めている「e-Japan重点計画」では、2005年(平成17年)までに、「すべての小中高等学校において、コンピュータを活用できる環境を整備する」ことが打ち出されており、現在、普通教室へのコンピュータ2台の設置、学校内のLAN環境の整備などが進んでおります。

 2002年文部科学省の「学校における情報教育の実態等に関する調査結果」によると、1校あたりのPC設置台数は、小学校:20.7台(前年16.1台)、中学校:38.7台(前年35.7台)という数字が出ております。また、同じ調査によると、インターネットの接続状況については、97%が接続済みという結果となっております。しかし一方で、2002年文部科学省の「IT活用状況調査結果」によると、「授業の中でほとんど児童・生徒にITを活用させていない」という回答が、小学校:24.0%、中学校66.3%にも上っていることが、明らかになっております。

 このように、現在学校市場の変革期の中で、コンピュータ、ITの必要性は確実に高まっておりますが、いざコンピュータやシステムを導入し、IT環境を整備したものの、具体的な活用方法が現場に浸透せず、稼動率が上がらないケースが目立っており、大きな課題となっています。また、導入した環境をサポートする専任の技術担当者を置くことができず、導入から導入後のサポートまで一貫したサービスを行ってほしいというニーズが学校現場で高まっております。

 そこでALSIは、2003年4月より、学校内のパソコンの稼働率の向上を目指した新システム「School-NET(スクールネット)」の提供を開始いたします。「School -Netシステム」とは、ALSIが提供する製品の連携によって、学校内のPCの稼働率を低下させている原因を解消するための、強固なセキュリティ環境、e-Learning環境を構築するほか、全製品の自動遠隔メンテナンス機能により、学校現場に対し、充実したサポート体制を提供することが可能となります。

 また、ALSIは全国300社の販売パートナー様、およびグループ会社との提携により、学校現場と直接コミュニケーション、コンサルテーションを行うことで、導入から導入後の技術的サポートまで一貫したサービスを行う体制を整えております。このようなサポート体制・サービス体制により、学校現場で安心してIT環境をご活用いただけ、校内PCおよびLAN環境の稼働率向上に貢献し、子どもたちが情報社会に主体的に対応できるIT技能の習得を実現いたします。

School-NETシステムのメリット

(1)製品間の優れた連携機能
製品間のスムーズな連携を実現。各製品の相性を考えた選択などに余計な時間をかけることは不要。
(2)全自動アップデート、遠隔メンテナンス
ALSI製品やWindows Updateの全自動アップデートを実現。
頻繁に発生するアップデートを1台ごとに手動で行う手間が不要。
(3)製品の導入から導入後のサポートまでALSIが一貫して対応
ALSI及び提携販売パートナーと学校現場とのコミュニケーションにより、現場のニーズを吸い上げたシステム環境の構築を実現。製品窓口の一本化によりスムーズなサポートが可能。

「School-NET」対応製品

(1)Security Solution
(2)Labo Management System
  • ラボマネジメントソフト「SMART Jr.(スマートジュニア)」
  • ネットワークプリンタ管理ソフト「プリンタ制御ユーティリティ」
  • 校内LAN管理ソフト「リモート制御ユーティリティ」
(3)e-Learnig System
  • 校内LAN活用サーバ「eNetLibe小学校/中学校(イーネットリーベ)」
(4)Update System
  • 全自動アップデート「NetMedico(ネットメディコ)」

全製品 自動アップデートシステムについて

 「School-NETシステム」では、システムを最新の状態に保つために必要なツール「NetMedico」が搭載されます(※オールインワンサーバ「eNetStar」に付属)。これにより、ALSI製品のアップデートは、1台ずつ手動で製品のアップデートをする必要はなく、全自動で実現することができます。また、Windowsで頻繁に発見されるセキュリティの弱点を解消するための"セキュリティパッチ"についても、1台1台手動で適用する必要がなく、すべてのマシンを全自動でアップデートすることが可能となります。教員の負担を大幅に削減することができるだけでなく、情報漏洩やウイルス感染など、セキュリティ対策の不備により起こりうる学校の信頼性の低下を未然に防止することが可能です。

価格構成:School-NETを実現するシステム構成例(40台構成・1年価格・定価)

「eNetStar」+「InterSafe」+「WinKeeper」+「eNetLibe」=2,505,100円(税別)

このリリースに関するお問い合わせ先・取材受付先
アルプス システム インテグレーション株式会社  URL http://www.alsi.co.jp/
〒145-0067 東京都大田区雪谷大塚町1-7
広報担当:桑野 宏子( kuwano@alsi.co.jp ) TEL:(03)5499-8043 FAX:(03)3726-7050

ニュース一覧へ

ページトップへ戻る