ニュース

ニュース

  1. >
  2. >

2004年のニュース

ALSI 多国語に対応したe-Learningシステム向け
中国語教材『北京の街角で』を3月1日より発売開始
ALSI 多国語に対応したe-Learningシステム向け 中国語教材『北京の街角で』を3月1日より発売開始
– 東京学芸大学 松岡榮志教授 著 –

2004年02月18日

 近年、企業の中国市場進出により、中国語力のある人材が求められていることから、大学や高等学校での中国語の教育が活発に行なわれています。全国の4年制大学の8割、短期大学の4割が中国語の教育を行い、そのうち84大学に中国語専門学科が設置され、高校においても、全国の約450校で中国語教育が実施されています。

 しかし、大学では中国語の発音を体系的に教える教材が少ないこと、高校においては中国語専任の教員が少なく、他教科(国語・英語・社会科など)の教員が兼務あるいは非常勤講師が担当していることが多く、中国語の基礎を十分身につけるための教育が強く求められています。また近年、大学や高等学校では、英語や中国語、フランス語など様々な語学を、コンピュータを活用した学習形態、CALLシステム(Computer Assisted Language Learning;コンピュータ支援語学教育)を活用することが主流となり、語学教材についても、CALLシステムに対応したデジタルコンテンツを必要としている学校が増えてきています。

 そこで、CALLシステム「CaLaboシリーズ」で全国の大学・高校に200校以上の導入実績がある、アルプス システム インテグレーション株式会社(本社:東京都大田区、代表取締役社長:大喜多晃、資本金:2億50万円、以下ALSI〔アルシー〕)はこの度、多国語に対応したe-Learningシステム「SMART-HTML」対応の中国語教材、『北京の街角で』を2004年3月1日より発売いたします。同教材は、東京学芸大学の松岡榮志教授によるもので、松岡教授と家族が北京に小旅行に行く設定のビデオとともに、発音の基礎から、基本的な会話と重要語句を初学者でも分かりやすく学習することができます。

中国語教材『北京の街角で』
販売目標 初年度 50教室導入
販売対象 高等学校、大学など
標準価格 21ライセンス 168,000円(税別) ~

主な特長

「基礎知識編」、「発音編」(4課)、「会話編」(15課)に分かれています。

  1. 「会話でおぼえる中国語編」では、空港、タクシー、ホテル、レストラン、病院、万里の長城や天安門など、さまざまなシーンで使う「会話」を、ビデオを見ながら学習することができます。
    北京空港にて―両替,タクシーに乗る/友誼賓館にて―チェックイン,部屋へ行く/ホテルの部屋で―電話を受ける/ホテルのレストランにて―料理を注文する/天安門へ行く/病院へ行く/万里の長城にて/ 北京空港にて―帰国 ほか
  2. 初心者にとって難解な母音、子音や声調を、1つずつポイントをおさえて学ぶことができます。
  3. ひとりでは習得が難しい発音も、中国語を話す「顔のコツ」で丁寧に解説するため、ビデオと一緒に反復練習できます。
著者:松岡 榮志 氏
経歴:東京教育大学文学部卒業。東京大学大学院博士課程をへて、現在東京学芸大学教授。中国語学、中国 古典文学専攻。大学で、中国古典文学、中国語学の教鞭を執ると同時に、30年にわたり日中学院、朝日カルチャーセンターなどで現代中国語教育を行い、若手の中国語教師育成につとめ、20年にわたり高級レベルの中国語翻訳者養成を行っている。 著書は、『クラウン中日辞典』『歴史書の文体』『日本の漢字・中国の漢字』『漢字とコンピュータ』など、多数。
同教材についてのコメント:「本教材は、日本人の学習者の困難な点をターゲットにした、楽しくわかりやすい内容です。一歩一歩、階段を上るように学力が身についていきます。さらに、教える先生にとっても、正しい教え方がしっかりと身につくことが、これまでの実践で証明されています。」
*記載の会社名及び商品名は会社の商標もしくは登録商標です。
このリリースに関するお問い合わせ先・取材受付先
アルプス システム インテグレーション株式会社  URL http://www.alsi.co.jp/
〒145-0067 東京都大田区雪谷大塚町1-7
広報担当:桑野 宏子( kuwano@alsi.co.jp ) TEL:(03)5499-8043 FAX:(03)3726-7050

ニュース一覧へ

ページトップへ戻る