ニュース

ニュース

  1. >
  2. >

2004年のニュース

NEC、NECソフト、アルプス システム インテグレーションの3社が
企業間電子取引の新標準規格ECALGAに対応したソリューション分野で提携
NEC、NECソフト、アルプス システム インテグレーションの3社が 企業間電子取引の新標準規格ECALGAに対応したソリューション分野で提携
– ECALGA対応ソリューション2種を開発、販売活動を開始 –

2004年06月09日

 NEC(本社:東京都港区、社長:金杉 明信)、NECソフト(本社:東京都江東区、社長:関 隆明)、アルプス システム インテグレーション(本社:東京都大田区、社長:大喜多 晃、以下 ALSI)の3社はこのたび、社団法人電子情報技術産業協会JEITA/ECセンターが昨年12月に発表した「企業間コラボレーションを実現する新EC(電子商取引)標準」である「ECALGA(イカルガ)」(注1)に対応したソリューション分野で提携いたしました。

 3社では、このたびの提携に基づき、(1)受発注データのやりとりを行う「ECALGA対応ECソリューション」、(2)納入仕様書をはじめとする技術データのやりとりを行う「ECALGA対応CPCソリューション」(注2)の2種を開発し、電気・電子機器業界を主な対象とした販売活動を本日から開始いたします。

 このたびのソリューションは、JEITA実証実験で実績のあるALSIの協力を得て、NECソフトが開発したものであります。またNECは、本ソリューションの販売を行なう上で、NECの中堅製造業向けERPパッケージ「EXPLANNER/J」と組み合わせることで、EDI活用のみならず、お客様企業における企業間連携の強化や業務の効率化、生産性向上、市場変動対応力の強化などを実現する総合的なソリューション提案を推進してまいります。また、お客様企業の規模や運用形態などに柔軟に対応するため、SIサービスおよびASPサービス両方の形態でのソリューション提供を進めてまいります。

 「ECALGA対応ECソリューション」および「ECALGA対応CPCソリューション」は、受発注データや製品の技術関連情報のやりとりを電子化することで、発注者・受注者間のSCM強化や市場ニーズをいち早くとらえた製品設計などを実現するものであります。また、データをやりとりする相手先に応じて、ECALGAでの接続だけでなく、RosettaNet(ロゼッタネット、注3)での接続も可能としております。

 このたびのソリューションの提供価格は、SIサービスが500万円~、ASPサービスが月額4万円~であります。3社では、本ソリューションについて、今後3年間に約1,000社への販売を見込んでおります。

 電気・電子機器業界におけるEDIは、当初、発注企業独自方式による受発注業務のオンライン化として始まりました。より多くの企業間でのEDI連携を実現するため、JEITAの前身である旧日本電子機械工業会(EIAJ)が1989年に標準規格「EIAJ-EDI」を策定し、約12,000社に達する企業がこの規格を利用するための企業コード登録を行なっております。
 昨年12月には、JEITAが従来のEIAJ-EDI標準の後継標準として、国内外企業間の全業務プロセスにわたる業務効率化や産業競争力強化を目的に、ECALGAを策定いたしました。
 このたびの提携は、ECALGA活用の拡大とともに、お客様企業の競争力強化を支援するものであります。

 なお3社では、6月16~18日までの間、東京ビッグサイトにて開催される「第15回設計・製造ソリューション展」に本ソリューションを出展する予定であります。

(注1)ECALGA;Electronic Commerce ALliance for Global business Activity
    JEITA/ECセンターで推進する企業間の全ビジネスプロセスを電子的にシームレスに繋ぎ、
    相互の経営効率向上を目指す標準化活動、および標準の総称。
    ECALGAは、JEITAの登録商標。
(注2)CPC;Collaborative Product Commerce
(注3)米国を発端にしたコンピュータ産業(と電子部品産業)における、サプライチェーンの大幅な効率化を目指すコンソーシアム名。

製品概要

動作環境
1. SIサービス
サーバスペック
  1. CPU:Pentium4 プロセッサ(3.0GHz)以上推奨
  2. メモリ:1GB以上推奨
  3. ディスク:20GB以上、ディスクアレイ構成推奨
  4. その他:内蔵DAT等バックアップ装置、UPS
ソフトウェア
  1. OS:Windows 2000 Server (Service Pack 2)
  2. データベース:Oracle9i Database Standard Edition(9.0.1)(CPUライセンス)
  3. APサーバ:WebLogicServer6.1J
  4. WWWサーバ:APサーバの機能を利用
  5. ビジネスフロー管理:BizEngine/WS
  6. ブラウザ:Microsoft Internet Explorer 5.01 (Service Pack 2) 以上
    (クライアントは Windows 2000/XP/Windows NT上で稼働)
2. ASPサービス
  1. ブラウザ:Microsoft Internet Explorer 5.01 (Service Pack 2) 以上
    (クライアントは Windows 2000/XP/Windows NT上で稼働)
このリリースに関するお問い合わせ先・取材受付先
アルプス システム インテグレーション株式会社  URL http://www.alsi.co.jp/
〒145-0067 東京都大田区雪谷大塚町1-7
広報担当:桑野 宏子( kuwano@alsi.co.jp ) TEL:(03)5499-8043 FAX:(03)3726-7050

ニュース一覧へ

ページトップへ戻る