ニュース

ニュース

  1. >
  2. >

2004年のニュース

ALSI大学のサイバー化を実現するキャンパスポータルシステム
「OneCampus Portal」 7月27日より発売開始
CALLシステム・e-Learningシステムとキャンパス情報・講義情報を連携
ALSI大学のサイバー化を実現するキャンパスポータルシステム 「OneCampus Portal」 7月27日より発売開始 CALLシステム・e-Learningシステムとキャンパス情報・講義情報を連携
– 教育資源の連携活用を実現する次世代統合ソリューション –

2004年07月13日

 アルプス システム インテグレーション株式会社(本社:東京都大田区、代表取締役社長:大喜多 晃、資本金:2億50万円、以下ALSI〔アルシー〕)は、キャンパスポータルシステム「OneCampus Portal(ワンキャンパス ポータル)」を、2004年7月27日より発売を開始いたします。当製品はネットワークを利用して、ALSIのCALL(※1)システムおよびe-Learningシステム(※2)とシームレスに連携し、キャンパス情報や人、講義、教材などの教育資源を「いつでも」「どこでも」「誰にでも」効率的に活用することができる統合ソリューションとして、大学のサイバーキャンパス化や遠隔教育の推進を支援いたします。

製品名 OneCampus Portal(ワンキャンパス ポータル)
販売開始時期 2004年7月27日
販売目標 初年度 100校導入 売上 3億6千万円
販売価格 (例)ユーザ数 2,001~3,000人の場合(大学学部レベルの学生数)
1年間利用料 1,890,000円(税込)
(1) e-Japan戦略Ⅱ(先導的7分野) 「ITを活用した遠隔教育の推進」
大学等のe-Learningの推進(文部科学省)...2005年度までに遠隔教育を実施する大学学部・研究科を2001年度の約3倍に。
(2) 大学審議会答申「グローバル化時代に求められる高等教育の在り方について」(平成12年11月22日)
大学の教育研究におけるインターネット等情報通信技術の活用を提言。私立大学等で、インターネットを活用して世界の大学との交流を含む大学連携、教育研究の推進を支援。インターネット授業による単位取得可能。
(3) 私学助成「サイバーキャンパス整備事業」
上記(2)の実施や、学習支援システムの構築、遠隔教育を行う環境の構築に必要な情報通信施設、装置、設備、維持管理の経費として、平成15年度は11億6,500万円の助成予算。

 この度ALSIが発売いたしますキャンパスポータルシステム「OneCampus Portal」は政府による上記施策に対応し、大学のサイバーキャンパス化を促進し、講義情報やキャンパス情報などに、いつでもどこからでもアクセスすることを可能にするなど、学内にとどまらず学外まで幅広くカバーできる教育環境の構築を実現いたします。

<補足説明>
※1 CALL;Computer Assisted Language Learningの略。コンピュータを利用した語学学習。
※2 e-Learning::学内にとどまらず学外などでの個別学習を可能にするシステム。

製品の特長

「OneCampus Portal」TOP画面
▲「OneCampus Portal」TOP画面
   インターネットを利用して、個人情報や大学関連情報にいつでも・どこからでもアクセスすることができ、
スムーズな講義運営と継続学習をサポート。
(1) キャンパス情報ポータル
キャンパス内の掲示、情報を集約し、ポータルに公開することができます。学生、先生、大学関係者のすべてがキャンパスで必要な情報を確認することができます。
  • Webメール機能
  • スケジュール/To Do管理機能
  • 個人ファイルの保存/共有(インターネットディスク)機能
  • 学内掲示板作成機能
  • 共有ブックマーク・リンク機能
(2) 講義管理システム(CMS;Course Management System)
講義に関する情報を一元管理し、教室から学外まで継続的に利用することができます。煩雑な講義管理もスピーディに行うことができます。
  • 課題、レポートの提出管理機能
  • 先生からのお知らせ掲示機能
  • 講義資料、教材のアップロード/ダウンロード機能
  • 講義メンバー間のコミュニティ機能(掲示板・チャット)
  • ブックマーク(リンク集)作成機能
(3) 講義管理システム:システム連携活用
OneCampus Portalは、CALLシステム、e-Learningシステムとのシームレスな連携により、一斉授業から個別学習までを継続的に行うことができます。
  • シングルサインオン機能(特許出願中)により、1回のログインでCALLシステム「CaLabo」、e-Learningシステム「SMART-HTML」、キャンパスポータルシステム「OneCampus Portal」を連携活用可能
  • 複数システムの一元管理により、管理負担を軽減
CALLシステム 「CaLabo」
▲ CALLシステム 「CaLabo」
e-Learningシステム「SMART-HTML」
▲ e-Learningシステム「SMART-HTML」

導入後のメリット

Webシラバス画面
▲Webシラバス画面
課題・レポート提出管理画面
▲課題・レポート提出管理画面
学生
  • ポータル上のe-Learning教材を使って継続学習
  • Webメールなど自分専用の情報を管理
  • オンラインでグループや先生と議論や質問を継続
  • 休講、教室変更などの掲示板情報にアクセス
  • 1回のログインだけで複数システムを連携活用可能
職員・管理
  • 休講・各部局からのお知らせなどの情報を集約して掲載
  • 外部情報の取り込みや共有化により、管理負担を軽減
  • 管理設定の統合\化、認証サーバ連携により複数システムを一元管理
教員
  • 講義情報、シラバスなどを掲示して学生に通知
  • 課題やレポートの提出をきめ細かく管理
  • e-Learningシステムで教材を作成しポータル上からアクセス
  • 授業で使用した教材をポータルに登録して学生に提供
このリリースに関するお問い合わせ先・取材受付先
アルプス システム インテグレーション株式会社  URL http://www.alsi.co.jp/
〒145-0067 東京都大田区雪谷大塚町1-7
広報担当:桑野 宏子( kuwano@alsi.co.jp ) TEL:(03)5499-8043 FAX:(03)3726-7050

ニュース一覧へ

ページトップへ戻る