ニュース

ニュース

  1. >
  2. >

2004年のニュース

ALSI MPEG4動画ファイルのリアルタイム配信を実現
「School-NET SMART Jr. mp4」 7月30日より発売開始
ALSI MPEG4動画ファイルのリアルタイム配信を実現 「School-NET SMART Jr. mp4」 7月30日より発売開始
– 最新モジュールによる動画転送スピード大幅強化 –

2004年07月23日

 アルプス システム インテグレーション株式会社(本社:東京都大田区、代表取締役社長:大喜多 晃、資本金:2億50万円、以下ALSI〔アルシー〕)は、MPEG4(※1)の動画データのリアルタイム配信、再生を可能にしたラボマネジメントシステム(※2)「School-NET SMART Jr. mp4」を2004年7月30日より発売開始いたします。
 「School-NET SMART Jr. mp4」は、高画質なMPEG4の動画でも教員のコンピュータから学習者のコンピュータにリアルタイムに配信・再生することができます。60,000ライセンスの販売実績のある従来製品「SMART Jr.」に比べ、大幅に動画配信速度を強化しております。小学校や中学校でコンピュータを使った授業を行う際、動画を活用した分かりやすい学習を効率的に行うことができ、学校現場でのコンピュータ活用をさらに促進させることが可能となります。

※1:MPEG4;
映像データの圧縮方式の一つで、MPEG規格の一部。通信速度の低い回線を通じた、低画質、高圧縮率の映像の配信を目的とした規格で、動画と音声合わせて64kbps程度のデータ転送速度で再生することができる。
※2:ラボマネジメントシステム;
学校のパソコン教室における授業支援システム。ネットワーク環境で教員のコンピュータから学習者のコンピュータ間で画面や音声、教材ファイル等を転送することができる。

製品情報

製品名 School-NET SMART Jr.mp4(スクールネット スマートジュニア エムピーフォー)
販売価格 生徒40台構成時:890,000円(税込み・USB2.0ビデオキャプチャーデバイス込み)
販売開始時期 2004年7月30日
売上目標 初年度 3億円

SMART Jr. mp4により実現できる主な機能

教員操作画面と学習者画面MPEG4の動画受信
(1) 動画リアルタイム配信・再生
ビデオ映像ファイル(MPEG1/4)やビデオデッキ、DVDプレーヤーの映像等を、教員のコンピュータから学習者のコンピュータにリアルタイムに配信・再生することができます。 教材提示装置(書画カメラ)に表示させた画像を遅延なく配信することもできます。
(2) 動画の配信と同時に保存・コンテンツ化
授業で利用した動画を配信しながらコンテンツとして保存することができ、Webサーバやホームページにアップロードすることができます。
(3) 会話機能
従来の「放送」機能(教員から学習者への呼びかけ)に加え、教員のコンピュータと学習者のコンピュータ間で音声会話をすることができます。
(4) 教材配布機能の強化
単一のファイルだけでなくフォルダごと、複数ある場合はまとめて一括で配布することができます。また、学習者に課題として配布した教材を回収、採点し、再度配布することができるなど、授業の運営に合わせて使用することができます。

製品化の背景

 ALSIでは2003年4月より「ポータル&セキュリティ School-NET」を提供しております。「School-NET」とは、不安になりがちな校内のセキュリティ問題を解決し、情報共有の窓口となるポータルを提供することで、校内ネットワークの活用をサポートする、トータルソリューションです。「School-NET」では、校内ネットワークの活用に必要な要素である「セキュリティ」と「ポータル」の環境を実現する様々な製品で構成されております。
  特に授業でITを活用するフェーズである「ポータル」の製品群には、コンピュータを活用した授業を支援するラボマネジメントシステム「School-NET SMART Jr.」があり、発売以来60,000ライセンス以上の販売実績をもっております。「School-NET SMART Jr.」はネットワークを利用し、教員のコンピュータから複数台ある学習者のコンピュータに一斉に動画や画像を配信することができるシステムです。IEEE801.11aに準拠した株式会社コンテックの無線LAN(FLEXLAN DS540シリーズ)にも対応し、最大54Mbpsの通信が可能となっております。
  今回、従来の製品「School-NET SMART Jr.」をMPEG4に対応させ、さらに機能を強化することによって、校内ネットワークを利用してコンピュータを使った学習をさらに効率的に行えるようになります。ALSIは今後も学校現場のニーズに応えた製品開発、販売、サービス・サポートの提供を行ってまいります。

動作環境・仕様

CPU PentiumⅢ 800MHz 以上 (Pentium4 2.4GHz以上推奨※)
メモリ 256MB 以上 (512MB以上推奨)
USB USB2.0 (USBポート1つ以上の空きポート)
OS Windows 2000 Professional SP4 / Windows XP Professional SP1 / Windows XP HomeEdition
Video DirectX 9b Direct Show / Direct Drow対応チップセット、ビデオメモリ16MB以上
Sound DirectX 9b Direct Sound 対応チップセット
その他 DirectX 9b, Windows Media Player 9
※先生PCと生徒PCのスペックの差が大きい場合には転送した画像がかけることがあります。
 目安 CPU: 400MHz以内, メモリ128MB以内
※動画配信を行う場合は、プログラムを動作させるパソコン(先生PC、生徒PC)のスペックが大きく異ならないこと。
 (推奨値以上の場合は640×480ピクセルまで利用可能)
このリリースに関するお問い合わせ先・取材受付先
アルプス システム インテグレーション株式会社  URL http://www.alsi.co.jp/
〒145-0067 東京都大田区雪谷大塚町1-7
広報担当:桑野 宏子( kuwano@alsi.co.jp ) TEL:(03)5499-8043 FAX:(03)3726-7050

ニュース一覧へ

ページトップへ戻る