ニュース

ニュース

  1. >
  2. >

2004年のニュース

ALSI子どものインターネット利用頻度の高まる冬休みに向け
有害サイト閲覧を遮断する家庭向けURLフィルタリングソフト
「InterSafe Personal」 ダウンロード販売・パッケージ販売を開始
ALSI子どものインターネット利用頻度の高まる冬休みに向け 有害サイト閲覧を遮断する家庭向けURLフィルタリングソフト 「InterSafe Personal」 ダウンロード販売・パッケージ販売を開始
– 特定のブラウザに依存しないクライアント版で家庭でも簡単に導入可能 –

2004年11月29日

 アルプス システム インテグレーション株式会社(本社:東京都大田区、代表取締役社長:大喜多 晃、資本金:2億50万円、以下ALSI〔アルシー〕)は、2004年12月13日より、クライアントPCに導入することによってインターネット上の有害サイトの閲覧を遮断するURLフィルタリングソフト「InterSafe Personal(インターセーフ パーソナル)」のダウンロード販売およびパッケージ販売を開始いたします。学校の冬休み期間、子どもが家庭でインターネットを利用する機会が増えることから、同製品を家庭向けに販売開始することにより、子どもの安全なインターネット利用を実現いたします。

製品名 InterSafe Personal (インターセーフ パーソナル)
販売開始日 2004年12月13日
販売目標 ダウンロード販売:初年度 20,000ライセンス
パッケージ販売 :初年度 35,000ライセンス
販売価格 ダウンロード販売:4,200円(税抜)(4,410円(税込))/年
パッケージ販売 :5,800円(税抜) (6,090円(税込)) /年
ダウンロード販売サイト 株式会社シーイーシー「ソフトダイレクト・ドットコム」 
販売ターゲット ダウンロード販売:子どもをもつ一般家庭、個人ユーザ など
パッケージ販売:小中学校、小規模オフィス、SOHO など

ユーザ利用調査結果による販売戦略

InterSafe Personalパッケージ
▲InterSafe Personalパッケージ

 ALSIでは2000年よりゲートウェイ型URLフィルタリングソフト「InterSafe」(日本PTA全国協議会推奨商品)を提供しております。学校、官公庁、大規模企業を中心に400万ライセンス以上の導入実績があり、国産フィルタリングソフトとしてはシェアNo.1※の実績をもっております。
2004年3月より、ALSIはクライアントPCに導入するフィルタリングソフト「InterSafe Personal」の販売を開始し、ISP(インターネット サービス プロバイダ)の会員に対するオプションサービスとして提供してまいりました。
 近年、インターネットの利用がきっかけで事件や犯罪に巻き込まれるケースが増えていることから、子どもがインターネットを利用する機会が増える夏休み期間中(2004年7月20日~9月20日)、一般家庭に対し「InterSafe Personal」を無償で提供いたしました。無償提供期間中は、小中学生(7~15歳)の子どもをもつ保護者による利用が66%と最も多く、「フィルタリングソフトを知っていた」ユーザが77%という利用者アンケート結果が出ており、家庭でのフィルタリングソフトの認知度、ニーズは急速に高まっていると考えられます。このようにニーズが高まっている一方で、ネットスター株式会社の「家庭におけるインターネット利用実態調査」によると、家庭でのフィルタリング導入率は約10%という結果が出ており、ニーズと実際の導入率には大きなギャップがあるといえます。
 これは、現在一般的に販売されている個人向けフィルタリングソフトの多くが、利用できるブラウザの制限があり、ブラウザによってはフィルタリングを回避できてしまうという技術的な問題点を抱えていることが原因の1つであると考えられます。しかし「InterSafe Personal」は、Internet Explorer以外のブラウザでも規制をすることができるため、ユーザの様々な利用環境に対応可能で、安心してご利用いただくことができます。
また、「InterSafe Personal」は発売以来ISPの会員向けに提供してまいりましたが、無償提供期間にお試しいただいたユーザからは、引き続き利用したいという希望を数多くいただいております。ユーザアンケートにおける希望購入方法の回答は、「パッケージのないダウンロード販売」が54%で最も高く、次いで「パッケージのあるインターネット通販」が16%という結果が出ております。
 このような利用者調査結果を踏まえた市場の変化に対応し、ALSIは2004年12月13日より「InterSafe Personal」のダウンロード販売およびパッケージ販売を開始いたします。ダウンロード販売については、株式会社シーイーシーの運営するサイト「ソフトダイレクト・ドットコム」を経由して提供を開始し、今後もさらに提供サイトを増やしていく予定です。またパッケージ販売については、現在全国に約400社あるALSIの販売パートナーを通じて、小中学校や小規模オフィス、SOHO向けに販売いたします。ダウンロード販売、パッケージ販売の合計で初年度55,000ライセンスの利用者を獲得し、売上拡大を目指してまいります。

製品の特長

カテゴリ設定画面
▲カテゴリ設定画面
(1)Internet Explorer以外のブラウザでも規制可能
現在家庭向けのフィルタリングソフトの多くは、Internet Explorer以外のブラウザではフィルタリング規制がかからず、フィルタリングによる規制を回避できてしまいますが、「InterSafe Personal」はブラウザに依存せずに通信層を監視しているため、Internet Explorer以外のブラウザ(Netscape、Mozilla、Operaなど)でも的確に規制することができ、利用者の様々な環境に対応することが可能です。
(2)マルチアカウント機能
複数人で1台のPCを利用する場合でもユーザごとにフィルタリングルールの設定を変更することが可能です。
(3)教員経験者を中心とした約30名の専任スタッフの目視確認による高精度URLデータベース
「アダルト」「出会い」「ギャンブル」など25のメインカテゴリ、「性行為」「ヌード画像」「自殺・家出」「ウェブチャット」「掲示板」など76のサブカテゴリに分類したデータベースを約2,700万件(うち7割が日本語ウェブサイト)登録しております(2004年11月現在)。規制したいカテゴリは自由に設定することが可能です。
<参考資料>「InterSafe Personal」夏休み無償提供期間利用者アンケート結果
(1)利用者の年齢
6歳未満・・・・・・・・ 4%
7~12歳(小学生)・・・・41%
13~15歳(中学生) ・・・25%
16~18歳(高校生) ・・・ 3%
19~22歳・・・・・・・・2%
23歳以上 ・・・・・・・25%
(2) フィルタリングを知っていたか
知っていた・・・77%
知らなかった・・・20%
未回答・・・3%
(3) フィルタリングの利用目的
子どもにとって不適切なサイト閲覧防止のため・・・・・・68%
自分以外の家族の不適切なサイト閲覧防止のため・・・・・11%
自分で試用するため ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 3%
フィルタリングを試したかったため ・・・・・・・・・・・・・15%
その他 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 3%
(4) InterSafe Personalの満足度
満足・・・81%
どちらでもない・・・9%
不満・・・10%
(5) Intersafe Personalを利用する際の購入希望方法
パッケージのないダウンロード販売・・・54%
パッケージのあるインターネット通販 ・・・16%
家電量販店等でパッケージ販売・・・・・14%
その他 ・・・・・・・・・・・・・・・・・14%
未回答・・・・・・・・・・・・・・・・ 2%
※フィルタリングエンジンおよびURLデータベース供給元: ネットスター株式会社
※InterSafeはアルプス システム インテグレーション株式会社の登録商標です。
※InterSafeは国産フィルタリングソフトにおいてシェアNo.1製品です(富士キメラ総研「2004ネットワークセキュリティビジネス調査総覧」調査結果)。
このリリースに関するお問い合わせ先・取材受付先
アルプス システム インテグレーション株式会社  URL http://www.alsi.co.jp/
〒145-0067 東京都大田区雪谷大塚町1-7
広報担当:桑野 宏子( kuwano@alsi.co.jp ) TEL:(03)5499-8043 FAX:(03)3726-7050

ニュース一覧へ

ページトップへ戻る