- もう迷わない、企業で導入しやすいDRM、指紋認証、ログ管理、Web・メールフィルタリング製品 - " /> - もう迷わない、企業で導入しやすいDRM、指紋認証、ログ管理、Web・メールフィルタリング製品 - "> ニュース | アルプス システム インテグレーション(ALSI)

ニュース

ニュース

  1. >
  2. >

2006年のニュース

ALSI NTTコムウェア、クリアスウィフト、CSEと共同で
「セキュリティソリューションセミナー in tokyo」を11月21日に開催
多岐に広がる企業のセキュリティ対策の重要ポイント、導入事例を紹介
- もう迷わない、企業で導入しやすいDRM、指紋認証、ログ管理、Web・メールフィルタリング製品 -
ALSI NTTコムウェア、クリアスウィフト、CSEと共同で 「セキュリティソリューションセミナー in tokyo」を11月21日に開催 多岐に広がる企業のセキュリティ対策の重要ポイント、導入事例を紹介
- もう迷わない、企業で導入しやすいDRM、指紋認証、ログ管理、Web・メールフィルタリング製品 -

2006年11月14日

 アルプス システム インテグレーション株式会社(本社:東京都大田区、代表取締役社長:大喜多 晃、資本金:2億50万円、以下ALSI〔アルシー〕)は、NTTコムウェア株式会社、クリアスウィフト株式会社、株式会社シー・エス・イーの3社と共同で、「セキュリティソリューションセミナー in tokyo」を11月21日に開催いたします。
 現在多くの企業や官公庁などで、2008年に施行される見通しの「日本版SOX法」や、コンプライアンス対策のため、IT製品の選定や導入が進んでおります。しかし「情報漏えい対策」や「内部統制」、「SOX法」など、言葉のみがクローズアップされてしまうことも多いこと、大枠で分類された「対策製品」が多岐に渡ること、法制化の時期も不透明であることなどの理由から、企業で本当に必要な対策製品の導入がスムーズに進んでいないケースが多く見受けられます。
 そこでALSIは、アライアンスパートナー企業3社と共同で当セミナーを開催することで、今企業で本当に必要とされているセキュリティ対策製品や実際の対策方法、導入事例などをご紹介し、企業のセキュリティ対策の強化にお役立ていただける情報を提供いたします。

開催概要

【開催日時】 2006年11月21日(火) 14:30~17:00 (受付開始 14:00)
【会   場】 秋葉原UDX 南ウイング6F Type 120 Room-F

   * 住所: 〒101-0021 東京都千代田区外神田4-14-1  TEL:03-3254-8421
     (JR秋葉原駅 電気街口より徒歩2分、東京メトロ銀座線 末広町駅1番又は3番出口より徒歩3分、 東京メトロ日比谷線 秋葉原駅 2番出口より徒歩4分、つくばエクスプレス 秋葉原駅 A3出口より 徒歩3分)
【対 象】 エンドユーザ(企業経営者、情報システム担当者など)、販売パートナー
【主 催】 アルプス システム インテグレーション株式会社
【協 賛】 NTTコムウェア株式会社、クリアスウィフト株式会社、株式会社シー・エス・イー
【定   員】 60名(先着順)
【入 場 料】 無料
【内   容】 
14:00~14:30 受付
14:30~14:35 ご挨拶(アルプス システム インテグレーション株式会社)
14:35~14:55 ALSIのセキュリティビジネス戦略(アルプス システム インテグレーション株式会社)
14:55~15:35 Webフィルタリングソフト「InterSafe」、情報漏えい防止ソリューション「DocumentSecurity」
デモと事例紹介(アルプス システム インテグレーション株式会社)
15:35~15:45 休憩
15:45~16:05 ログ統合管理プラットフォーム「Network Intelligence ENGINE」(株式会社シー・エス・イー)
16:05~16:25 指紋認証ソリューション「e-UBF」(NTTコムウェア株式会社)
16:25 ~16:45 メールコンテンツ管理ソリューション「MIMEsweeper」(クリアスウィフト株式会社)
16:45~17:00 質疑応答

製品概要

(1)Webフィルタリングソフト「InterSafe」 <ALSI>
「InterSafe」は、2000年より発売を開始したフィルタリング市場シェアNo.1(※1)製品です。35名の専任リサーチャーにより、目視確認で規制対象データベースを毎日更新しており(2006年10月現在、約5,200万サイト)、精度の高い規制URLデータベースを使用することで、インターネットの有用性を損なうことなく、有害サイトを規制することができます。また、業界初の「リアルタイムデータベース配信」を実現し、ワンクリック詐欺サイトやフィッシングサイト、ウイルス・スパイウェアサイトなど、増殖が著しい悪質なサイトを素早く規制し、被害を未然に防ぐことが可能です。

(2)情報漏えい防止ソリューション「DocumentSecurity」 <ALSI>
「DocumentSecurity」は、2003年より発売を開始した製品で、DRM(Digital Rights Management)市場においてシェア2位(※2)を獲得しております。これまでに、金融業や自治体、製造業など、大規模ユーザの導入が進んでおり、約16万ライセンス以上の販売実績をもっております。ドキュメントの「作成・編集・保存・利用・破棄」というライフサイクル全般を、ドキュメントごと、ユーザ/グループごとに柔軟に設定し、暗号化したファイルに使用制限をかけることで、企業内に存在する様々な機密情報の流出を防止することができます。

(3)ログ統合管理プラットフォーム「Network Intelligence ENGINE」 <株式会社シー・エス・イー>
 「Network Intelligence ENGINE」は、企業内に導入されている様々なアプリケーションおよび機器のログを一元的に管理し、リアルタイムでモニタリングや解析、レポーティングを行い、コンプライアンスや内部統制に必要なログ管理の課題を解決する製品です。「InterSafe」と連携することにより、ネットワーク上のあらゆる機器、OS、アプリケーションに加え、「InterSafe」のログも一元管理することが可能となります。

(4)指紋認証ソリューション「e-UBF」 <NTTコムウェア株式会社>
「e-UBF」は、Windows端末認証、アプリケーションアクセス制御、入退室管理、データ暗号・復号、勤怠管理を指紋認証で実現することができるソリューションです。「DocumentSecurity」に連携することにより、Windowsにログイン時、および「DocumentSecurity」ログイン時に指紋認証でユーザを識別し、予め設定しているポリシーを適切に施行することができます。この製品連携により、これまで課題となっていた「偽装」による不正を防止することができるようになり、企業内部からの情 報漏えいをさらに強固に防ぐことができます。

(5)メールコンテンツ管理ソリューション「MIMEsweeper」 <クリアスウィフト株式会社>
「MIMEsweeper」シリーズは、1995年に英国で発売開始以来、15,000社以上の企業に導入されている世界トップシェアの電子メールコンテンツセキュリティソリューションです。スパムやウイルスをはじめとする電子メールの様々な問題に対応し、企業内部からの情報漏えいを防止することができる製品です。すべてのゲートウェイで受送信されるあらゆる電子メールの脅威を阻止することができます。

※1:情報セキュリティソリューション市場の現状と将来展望2006」(ミック経済研究所)
※2:富士キメラ総研「2006 ネットワークセキュリティビジネス調査便覧」
※記載されている会社名及び商品名は各社の商標もしくは登録商標です。
このリリースに関するお問い合わせ先・取材受付先
アルプス システム インテグレーション株式会社  URL http://www.alsi.co.jp/
〒145-0067 東京都大田区雪谷大塚町1-7
広報担当:桑野 宏子( kuwano@alsi.co.jp ) TEL:03-5499-8043 FAX:03-3726-7050

ニュース一覧へ

ページトップへ戻る