ニュース

ニュース

  1. >
  2. >

2007年のニュース

ALSI「フィルタリング普及啓発アクションプラン2007」に参画
4年連続シェア1位「InterSafe」の家庭版の利用促進を強化
ALSI「フィルタリング普及啓発アクションプラン2007」に参画 4年連続シェア1位「InterSafe」の家庭版の利用促進を強化

2007年06月01日

 アルプス システム インテグレーション株式会社(本社:東京都大田区、代表取締役社長:大喜多 晃、資本金:2億50万円、以下ALSI〔アルシー〕)は、家庭向けフィルタリングソフト「InterSafe Personal(インターセーフ パーソナル)」を、Microsoft Windows VistaTMに対応し、2007年7月10日より発売を開始いたします。  発売と同時に、夏休み期間中(7月10日~9月30日)に限り、同製品を無償で提供いたします。夏休み期間は、子どもが家庭にいる時間が長く、自由研究などでパソコンを使う機会も増えることが考えられることから、製品の最新版を無償で提供し、フィルタリングソフトの普及啓発に貢献してまいります。

2006年度 ALSIの主な取り組み

(1)2006年7月: フィルタリング啓発ドラマ「ぼくんちのフィルタリング大作戦!」公開開始
http://intersafe.jp/movie/
フィルタリング啓発ドラマ「ぼくんちのフィルタリング大作戦!」
(2)2006年7月
  ~9月:
夏休み限定「InterSafe Personal」無償提供の実施
(3)2006年9月: フィルタリング普及啓発シンポジウム「インターネット安心・安全フォーラム2006」に参画
(4)2007年1月: 新たに発足した「フィルタリング連絡協議会」に参画、リーフレット『フィルタリングを知っていますか?』、及び、フィルタリング情報ポータルサイトに情報提供開始
(5)2007年3月: 東京都・電気通信事業者協会(NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイル)主催のフィルタリングソフトの普及啓発イベント「有害情報から子どもたちを守ろう!大作戦」に、フィルタリングメーカーとして唯一参加
(6)2007年3月: 財団法人インターネット協会と共同で「フィルタリング啓発ビデオ」の制作に、フィルタリングメーカーとして唯一参加
(7)2006年4月~
  2007年3月:
中学校、高等学校、教育委員会を対象にした「インターネットセミナー」にて講演活動を随時開催

2007年度の活動について

 ALSIでは1996年に日本で初めてフィルタリング事業に取り組み、1997年より学校や教育委員会、教育センター、自治体、企業を対象に、Webフィルタリングソフトを販売しており、既に400万端末以上で導入され、フィルタリング市場のシェア1位(※1)を4年連続で獲得しております。2003年からは、家庭向けフィルタリングソフト「InterSafe Personal」の発売を開始し、2004年より3年連続で、夏休み期間限定での、同フトの無償提供を行うなど、フィルタリング市場のパイオニアとして、利用促進のための啓発活動を積極的に行ってまいりました。2006年からは、財団法人インターネット協会を事務局として編成された「フィルタリング推進協議会」に参画し、業界全体でフィルタリングソフトの認知率・用率向上に向けた啓発活動にも取り組んでおります。
 現在、フィルタリングソフトの認知率は66.1%(総務省調査)となっており、今後も引き続きフィルタリングソフトの必要性を啓蒙し、利用率の向上に向けた活動が必要になると考えております。ALSIは、2007年度も家庭のPCや携帯電話のフィルタリングソフトの利用向上に貢献できるよう、学校や教育委員会、家庭を対象とした、PCや携帯電話のフィルタリングについて、製品の無償提供(期間限定)や講演活動、フィルタリングに関する情報提供、ビデオやリーフレット等の周知活動など、普及啓発活動を積極的に行ってまいります。

Webフィルタリングソフト「InterSafe」製品概要

ネットスター社 URLリサーチセンター
▲ネットスター社URLリサーチセンター
InterSafe Personal画面
▲InterSafe Personal画面

 「InterSafe Personal」は、日本PTA全国協議会推奨商品で、フィルタリング市場シェアNo.1製品「InterSafe」の家庭版です。2007年5月現在、約6,000万ページに及ぶ規制URLデータベースが登録されており(うち日本語サイトは約7割)、計35名の専任リサーチャによる目視確認により毎日更新しております。精度の高い規制URLデータベースを使用することで、インターネットの有用性を損なうことなく、有害サイトを規制できます。
 なお、「InterSafe」で使われているURLデータベースは、ネットスター株式会社より提供されているもので、携帯電話向けのURLフィルタリング(閲覧制限)サービスおよび迷惑メール対策サービスにおいても、NTTドコモおよびソフトバンクモバイルの二社に採用されています。

(1) 常に最新のデータベースを使用してフィルタリング
データベースの更新はサーバ側で行うため、更新の手間は不要です。常に最新のデータベースによるフィルタリングを行うことできます。
(2) Internet Explorer以外のブラウザでも規制可能
ブラウザに依存せずに通信層を監視しているため、Internet Explorer以外のブラウザ(Netscape、Mozilla、Operaなど)でも的確に規制することができ、利用者の様々な環境に対応することが可能です。
(3) インストールと設定が容易
コンピュータに不慣れな方でも、簡単にフィルタリング設定を行うことができます。 ソフトウェアの容量も小さいため、コンピュータに負荷がかかりません。
(4) マルチアカウント機能
複数人で1台のPCを利用する場合でもユーザごとにフィルタリングルールの設定を変更することが可能です。
(5) クライアントモジュールのアップデートは全自動
クライアントモジュールのバージョンアップは全自動で、新しいモジュールを手動でダウンロードする必要はありません。

カテゴリ一覧

有害サイト規制画面
▲有害サイト規制画面

違法行為、薬物、アダルト、ハッキング、出会い、金融、ギャンブル、ゲーム、ショッピング、プロキシ・キャッシュ、ウェブチャット、掲示板、ダウンロード、ウェブメール、メールマガジン、職探し、グロテスク、懸賞、成人嗜好、オカルト、ライフスタイル、スポーツ、旅行、娯楽一般、宗教、政治・政党、オンライントレード、オークション、IT関連ショッピング、IT掲示板、ストレージサービス、広告、音楽、ニュース一般、公共交通機関

販売価格

ダウンロード販売 4,410円(税込)/年
パッケージ販売  6,090円(税込)/年

採用ISP、ダウンロード販売サイト

So-net、ODN、Bay communications、TOKAIネットワーククラブ、タイガースネットドットコム、秋田ケーブルテレビ、すずらんケーブルテレビ、BAN-net、ケーブルテレビキャベツ、ありあけネットコム、山口ケーブルビジョン、えさしわいわいネット、嶺南ケーブルネットワーク、Soft Direct  ほか

※1:IDC Japan株式会社「2006年 国内セキュリティソフトウェア 市場動向:セキュアコンテンツ管理、脅威管理製品市場」(J6200105)「国内セキュアコンテンツ管理市場」Webフィルタリング製品部門、株式会社富士キメラ総研 「2006パッケージソリューションマーケティング便覧」、株式会社ミック経済研究所 「情報セキュリティソリューション市場の現状と将来展望2007」の調査結果にて市場シェア1位を獲得。
※「InterSafe」は、フィルタリングエンジン及び規制データベースにネットスター株式会社の技術を採用しています。
※掲載されている会社名及び商品名は各社の商標または登録商標です。
このリリースに関するお問い合わせ先・取材受付先
アルプス システム インテグレーション株式会社  URL http://www.alsi.co.jp/
〒145-0067 東京都大田区雪谷大塚町1-7
広報担当:桑野 宏子( kuwano@alsi.co.jp ) TEL:(03)5499-8043 FAX:(03)3726-7050

ニュース一覧へ

ページトップへ戻る