ニュース

ニュース

  1. >
  2. >

2008年のニュース

ALSI 国産Webフィルタリングソフト「InterSafe」
富士キメラ総研の調査結果で市場シェア1位を獲得
ALSI 国産Webフィルタリングソフト「InterSafe」 富士キメラ総研の調査結果で市場シェア1位を獲得
– 「2008ネットワークセキュリティ調査総覧」でシェアが24%に –

2008年08月20日

 国産Webフィルタリングソフト「InterSafe(インターセーフ)」を開発・販売するアルプス システム インテグレーション株式会社(本社:東京都大田区、代表取締役社長:麻地 德男、以下ALSI〔アルシー〕)は、株式会社富士キメラ総研(以下、富士キメラ総研)が2008年8月に発行した「2008ネットワークセキュリティビジネス調査総覧」のWebフィルタリングソフト市場において市場シェア1位を獲得したことを発表いたします。現在までに発表されている複数の調査結果において、「InterSafe」は市場シェア1位を獲得しており、名実共にWebフィルタリングソフト市場のNo.1製品として、不動の地位を確立しています。

市場概況

 富士キメラ総研の分析によれば、Webフィルタリング市場は、インターネットが業種、企業規模を問わずビジネスインフラとして定着して以来、業務に不要なサイトへのアクセスを制限することで、(1)業務効率の向上、(2)悪意のあるWebサイトへのアクセスによるウイルスやスパイウェアの感染防止、(3)Webサイトへの書き込みからの情報漏洩対策など、インターネット社会を取り巻く、セキュリティリスクを低減するという需要を獲得することで市場が拡大しました。特に教育機関、セキュリティ意識の高い大手企業、官公庁での導入がいち早く進み、個人情報保護法施行をきっかけに、市場が急拡大しました。今後、中堅・中小企業を中心に、他のセキュリティ対策(ファイアウォールやウイルス対策)への投資が一段落したところで、更にWebフィルタリング市場の裾野が拡大するとされています。

市場占有率(金額)

市場占有率(金額)

ALSIの市場戦略動向

 ALSIは1997年に日本で初めてWebフィルタリングソフトの販売を開始したリーディングカンパニーであり、2000年より自社開発した国産Webフィルタリングソフト「InterSafe」の発売を開始いたしました。企業、官公庁、学校、家庭、ISPを中心に提供をし、現在までに約420万ライセンス以上の導入実績があります。
 「InterSafe」で規制するURLデータベースは、グループ会社であるネットスター株式会社より提供されているものです。2008年8月現在、約7,400万ページに及ぶ規制URLデータベースが登録されており、日本国内最大規模の約40名の専任リサーチャーによる目視確認により毎日更新しております(URLリサーチセンター:仙台・東京・中国)。
 またALSI及びネットスターは、携帯電話のフィルタリングサービスにも力を入れており、NTTドコモ、au、ソフトバンクモバイル、ウィルコム、イー・モバイルのフィルタリングサービスにも採用されています。
 2008年3月には、最新バージョン「InterSafe Ver6.0」、新製品Client Any Time Security「InterSafe CATS(インターセーフ キャッツ)」を投入し、社内での利用だけではなく、社外でのインターネットアクセス管理も可能とし、情報漏洩や内部統制、私的利用対策をさらに強化しております。

Webフィルタリングソフト「InterSafe」製品概要

ネットスター社 URLリサーチセンター
▲ネットスター社URLリサーチセンター

 「InterSafe」は、2000年より発売を開始したALSIの自社開発Webフィルタリングソフトです。企業、官公庁、学校、家庭、ISPを中心に、現在までに420万ライセンス以上の導入実績があります。
 「InterSafe」で規制するURLデータベースは、グループ会社であるネットスター株式会社より提供されているもので、2008年8月現在、約7,400万ページに及ぶ規制URLデータベースが登録されており、毎日更新されています。昨年より、URLの収集を日本だけではなく中国でも行っており、いち早くグローバル対応を進めております。 更に、サービス品質の向上にも注力しており、データの複数配信回数化、データ配信用サーバの多重化等、ユーザの信頼性向上を推進しています。
 またALSI及びネットスターは、携帯電話での有害情報フィルタリングにも力を入れており、NTTドコモ、au、ソフトバンクモバイル、ウィルコム、イー・モバイルのフィルタリングサービスにも採用されています。

  • 「InterSafe Ver6.0」ポリシーチェック画面
  • カテゴリ別アクセス比率グラフ
(1)閲覧規制だけでなく、掲示板などへの書き込みも防止
不適切なウェブページの閲覧を禁止するだけでなく、掲示板などへの書き込みのみを規制する方法や、警告画面を表示してアクセスを禁止する方法など柔軟なフィルタリングが可能です。
(2)柔軟なグループポリシー設定が可能
部署ごと、グループごとなど、柔軟にフィルタリングルールを変更することができるため、企業内の多様なネット利用のニーズに応えることができます。
(3)豊富なレポート分析機能
「InterSafe」に付属するログレポートツール「LogLyzer(ログライザー)」により、組織内のインターネット利用状況をグラフィカルにレポート分析することが可能。組織全体の不適切なサイトの利用率から個人のウェブ閲覧履歴まで、様々な角度から分析が可能です。
(4)「InterSafe CATS」で、社外への持ち出しも規制
2008年3月より発売を開始したClient Any Time Security「InterSafe CATS」を利用することで、社外にPCを持ち出した場合でも、社内での利用と同様にアクセスを制限することができます。ASP形式でのフィルタリングサービスであるため、大掛かりな設備投資の不要となり、容易かつ安価に導入することができます。
(5)家庭向けフィルタリングソフトの普及啓発活動にも注力
子どもたちを有害情報から守るため、フィルタリングの普及啓発活動も積極的に行っております。全国の学校や教育委員会等で講演を行っているほか、毎年夏休み期間限定で、家庭向けフィルタリングソフト「InterSafe Personal」を無償で提供しております。子どもにとって不適切なサイトへのアクセスを制限し、安心してインターネットを利用することができるようになります。
お申し込み期間(7/11~8/31) / ご利用期間(7/11~9/30)
※当リリースに記載されている、市場シェアの数値に関しては、富士キメラ総研が発行している「2008ネットワークセキュリティビジネス調査総覧」に記載された内容を引用したものです。弊社による自社集計は行っておらず、富士キメラ総研に引用の許可を得た上で発表しております。
※掲載されている会社名及び商品名は各社の商標または登録商標です。
このリリースに関するお問い合わせ先・取材受付先
アルプス システム インテグレーション株式会社  URL http://www.alsi.co.jp/
〒145-0067 東京都大田区雪谷大塚町1-7
広報担当:桑野 宏子( kuwano@alsi.co.jp ) TEL:(03)5499-8043 FAX:(03)3726-7050

ニュース一覧へ

ページトップへ戻る