ニュース

ニュース

  1. >
  2. >

2008年のニュース

ALSI テレビ東京系アニメ「ネットゴーストPIPOPA」の
2009年版カレンダーでインターネットの安全な利用方法を解説
ALSI テレビ東京系アニメ「ネットゴーストPIPOPA」の 2009年版カレンダーでインターネットの安全な利用方法を解説
– 啓発リーフレット「親子で考えよう!パソコン・携帯電話の安全な使い方ガイド」も発行 –

2008年11月21日

 アルプス システム インテグレーション株式会社(本社:東京都大田区、代表取締役社長:麻地 德男、以下ALSI〔アルシー〕)は、テレビ東京系列で放送されているアニメーション番組「ネットゴーストPIPOPA」の2009年カレンダーに、インターネットを安全に利用するための解説および、家庭向けフィルタリングソフト「InterSafe Personal」の無償体験版を提供いたします。
 また、「ネットゴーストPIPOPA」のキャラクターの入ったフィルタリングリーフレット「親子で考えよう!パソコン・携帯電話の安全な使い方ガイド」の発行も開始し、学校や自治体等で開催される、講演やゼミナー等で配布を行い、インターネットの安全な使い方、および、フィルタリングソフトの普及・啓発を強化いたします。

作品概要

ネットゴーストPIPOPA
  • タイトル : 「ネットゴーストPIPOPA」
  • 原作 : テレビ東京・ミルキーカートゥーン
  • 製作 : ネットゴーストPIPOPA製作委員会
  • 話数 : 30分×全51話
  • 対象 : 小学校高学年までを対象としたファミリー層
  • 放送枠 : 2008年4月6日より毎週日曜 朝8時30分放送(TNX6局ネット)
  • アニメーション制作 : ミルキーカートゥーン/スタジオ雲雀
  • 作品紹介 : インターネット・・・・数字の配列によって作られたデジタルな世界。しかし、それを作ったのは人間であり、ネット世界は人間の意識や感情によって動かされている。悪い感情を利用してすべてを支配しようとするか、良い感情によって平和で楽しい空間を作るかは、ネットを利用する人々の心次第。作品では、主人公の男の子がネットゴースト・ピポパ(ピット・ポット・パット)と共に無限に広がるインターネットの世界の中で繰り広げる様々な冒険や戦いを通じて、誰かを大切に思う気持ちの強さ、大切さを描いていく。

「ネットゴーストPIPOPA 2009カレンダー」 概要

ネットゴーストPIPOPA 2009カレンダー
  • 発売日 : 2008年11月22日
  • 仕様 : 全27ページ+CD (「InterSafe Personal無償体験版」)付き
  • 形状 : 卓上カレンダー
  • 販売価格 : 税込1,470円(本体価格1,400円)
  • 出版社 : 株式会社ハゴロモ
  • 発売方法 : 全国の書店、CD・DVD販売店、量販店、ネットショップ、アニメ専門店、など

フィルタリング啓発リーフレット 概要

フィルタリング啓発リーフレット
  • 名称 : 「親子で考えよう!パソコン・携帯電話の安全な使い方ガイド」
  • 制作 : アルプス システム インテグレーション株式会社
  • 制作協力 : ネットゴーストPIPOPA製作委員会・テレビ東京
  • 後援 : 財団法人インターネット協会
  • 内容 : ネットによる事件の事例 / 最近起きたネット絡みの事件 / 子どもたちを有害サイトから守ろう / Webフィルタリングとは?/ URLデータベースとは / 携帯電話で利用する場合 / パソコンで利用する場合 / お役立ち情報 / 映像で見るフィルタリング / 家庭向けフィルタリングソフト「InterSafe Personal」の紹介
  • 配布方法 : 全国の小学校、中学校、高等学校、自治体での講演活動やセミナー等の啓発活動で配布(無料)

フィルタリング普及・啓発活動

小学校での講演の様子
▲小学校での講演の様子

  ALSIは1997年に日本で初めてフィルタリング事業を開始し、2000年より自社開発のWebフィルタリングソフト「InterSafe」の販売をしております。2003年より5年連続でWebフィルタリング製品の市場シェア1位(※1)を獲得しており、企業、官公庁、学校、家庭、ISPを中心に約420万ライセンス以上の導入実績があります。
 今後もALSIは、フィルタリングメーカーのパイオニアとして、今後もフィルタリング市場の拡大や普及啓発活動を積極的に推進してまいります。

  • 全国の小中学校、高等学校で、児童/生徒、保護者、教員を対象にした講演活動の実施(年間約50回講演)
  • フィルタリング啓発サイトの公開(http://intersafe.jp/personal/
  • フィルタリング啓発ショートドラマ「携帯電話で安心ネットライフ」、「ぼくんちのフィルタリング大作戦!」の公開
  • 家庭向けフィルタリングソフト「InterSafe Personal」の無償提供の実施 ほか

「InterSafe Personal」製品概要

 家庭のPCや携帯電話におけるインターネットの利用が急速に拡大し、子どもがインターネットを利用する機会が増えてきております。インターネット上には、子どもにとって不適切な情報も数多く存在しており、掲示板やSNS、プロフィールサイト、出会い系サイトなど、青少年の未成熟なコミュニケーションにより、トラブルが発生してしまうケースも少なくありません。

ネットスター社 URLリサーチセンター
▲ネットスター社
URLリサーチセンター

 「InterSafe Personal」は、子どもにとって不適切なサイトを規制することができるフィルタリングソフトで、どのサイトを見せるか、見せないかのルール(カテゴリや時間帯など)を保護者が簡単に設定できるようになっています。「InterSafe Personal」が規制するURLデータベースは、ALSIのグループ会社であるネットスター株式会社より提供されているもので、2008年11月現在、約7,800万ページに及ぶURLデータベースが登録されており、日本国内最大規模の約40名の専任リサーチャーが目視で確認し、毎日更新しております(URLリサーチセンター:仙台・東京・中国)。精度の高いURLデータベースを使用することで、インターネットの有用性を損なうことなく、有害サイトを規制することができます。
 またALSIは、携帯電話での有害情報フィルタリングにも力を入れており、ウィルコムのフ ィルタリング(閲覧制限)サービス用に「InterSafe」を提供しております。また、ネットスターの URLデータベースは、NTTドコモ、au、ソフトバンクモバイル、イー・モバイルのフィルタリング サービスにも採用されています。

「InterSafe Personal」を利用した場合の効果
  • 子どもに見せたくない有害サイトの表示を制限することが可能です。
  • 掲示板やブログへの書き込みを制限することが可能です。
  • どのページを見たか、URLやカテゴリを確認することが可能です。
  • 1台のPCでも複数のフィルタリングルールを使い分けることが可能です。

カテゴリ一覧

違法行為、薬物、アダルト、ハッキング、出会い、金融、ギャンブル、ゲーム、ショッピング、プロキシ・キャッシュ、ウェブチャット、掲示板、ダウンロード、ウェブメール、メールマガジン、職探し、グロテスク、懸賞、成人嗜好、オカルト、ライフスタイル、スポーツ、旅行、娯楽一般、宗教、政治・政党、オンライントレード、オークション、IT関連ショッピング、IT掲示板、ストレージサービス、広告、音楽、ニュース一般、公共交通機関

※1:IDC Japan株式会社「2008年 国内セキュリティソフトウェア市場 セキュアコンテンツ管理、脅威管理製品の動向(Report#J8330107)」、株式会社富士キメラ総研 「2007パッケージソリューション・マーケティング便覧」、株式会社ミック経済研究所 「情報セキュリティソリューション市場の現状と将来展望2007」の調査結果にて市場シェア1位を獲得。
※掲載されている会社名及び商品名は各社の商標または登録商標です。
このリリースに関するお問い合わせ先・取材受付先
アルプス システム インテグレーション株式会社  URL http://www.alsi.co.jp/
〒145-0067 東京都大田区雪谷大塚町1-7
広報担当:桑野 宏子( kuwano@alsi.co.jp ) TEL:(03)5499-8043 FAX:(03)3726-7050

ニュース一覧へ

ページトップへ戻る