ニュース

ニュース

  1. >
  2. >

2008年のニュース

ALSI MCセキュリティの不正侵入防衛システム(IPS)
「NetStable MC-50 CF」にWebフィルタリング機能を提供
ALSI MCセキュリティの不正侵入防衛システム(IPS) 「NetStable MC-50 CF」にWebフィルタリング機能を提供
– 不正侵入・データ保護により中小規模企業のセキュリティ対策を実現 –

2008年11月12日

 アルプス システム インテグレーション株式会社(本社:東京都大田区、代表取締役社長:麻地 德男、以下ALSI〔アルシー〕)は、株式会社 MCセキュリティ(本社:島根県松江市、代表取締役社長:宮脇 和秀、以下 MCセキュリティ)の不正侵入防衛システム「NetStable MC-50 CF」に、Webフィルタリング機能として、規制サイトのデータベースを提供いたします。クライアント側に特別なソフトウェアの導入や操作をすることなく、中小規模企業でも容易にWebフィルタリング機能が導入できるようになるため、中小規模企業の情報漏洩対策、私的利用対策など、よりセキュアな環境でのインターネット利用が可能となります。

製品名 NetStable MC-50 CF (ネットステイブル エムシー50 コンテンツフィルタ)
提供開始 2009年1月予定
ターゲット 中小規模企業
販売価格 オープンプライス

製品概要

NetStable MC-50 CF MCセキュリティの「NetStable」は、コンピュータネットワークの不正アクセスや攻撃、情報漏洩をネットワークベースで防止する、次世代のネットワーク不正侵入防御システム(IPS)です。悪意のあるパケット(ワーム、トロイの木馬、ボット攻撃など)を検出し、リアルタイムで削除することができます。
 また、ネットワークへの攻撃方法が多様化していることから、新種の悪質なデータが発見されると、ネットワークオペレーションセンター(NOC)から、新しいシグネチャが適用されます。メンテナンスに手間をかけることなく、自動でアップデートを行うことができるため、運用面での負荷もかかりません。

NetStableの特長
  • 高速なデータパケット分析
  • ネットワークパケットに存在する未知の脅威の予測と正確な削除
  • シグネーチャポリシーを迅速且つ確実に適用する技術
  • 攻撃タイプ、攻撃レベル、攻撃パターンの分析用としての完全なログ情報
  • ネットワークオペレーションセンター(NOC)での保守サポート
  • 容易な操作が可能な日本語管理コンソールと優れたレポーティング機能

 昨今、インターネット上の有害サイトやフィッシングサイトの脅威が顕在化しており、その防衛手段としてWebフィルタリングソフト機能を有するシステムが注目されております。しかし、中小規模の企業においては、システム管理者不足や高額な初期導入費用などの問題から、簡単かつ安価なシステムの導入に対するニーズが高まっておりました。そこでこの度、中小規模の企業をターゲットにした「NetStable MC-50 CF」に、ALSIのWebフィルタリング機能を提供することで、中小規模企業の情報漏洩対策や、コンプライアンス強化を推進し、よりセキュアな環境でのインターネット利用を実現いたします。
 ALSIは、国内のWebフィルタリング市場において5年連続で市場シェア1位を獲得している「InterSafe(インターセーフ)」を開発、販売しており、今後さらに企業、官公庁への提供を強化してまいります。

Webフィルタリング機能の説明

シグネチャとしてカテゴリ分類されたURLとリクエストURLを照合
リクエストURLを分類されたURLと照合を行います。
カテゴリやURLごとに、防御(規制)、検知(監視)、無視(許可)のポリシー設定が可能
分類されたURLと一致した場合、防御、検知、無視の動作を設定します。
クライアントPCをグループ化し、グループ単位にてポリシー設定可能
クライアントPCをグループ化して、グループごとに防御、検知、無視の動作を設定します。
全てのインターネットアクセスをモニタリングしレポートウィンドに表示
時間帯別、クライアントPC別などのレポートを管理画面にて表示することができます。
レポート結果は、出力可能
レポート結果をCSV、PDFなどに出力し、お客様独自のレポートを作成することもできます。
透過型のためクライアントやネットワークの構成変更が不要
既存ネットワークに簡単に設置でき、クライアントPCの設定を変える必要はありません。
データベースの更新、メモリー増加の心配不要
カテゴリ分類されたURLは外部にあるサーバと照合しますので、常に最新のデータと照合します。
MC-50 CFの資源(メモリ、ディスク)に影響はありません。

会社概要

株式会社 MCセキュリティ( http://www.mcsecurity.co.jp/ )
  • 代表取締役:宮脇 和秀
  • 設立:2006年2月
  • 資本金:4千万円
  • 本社所在地:島根県松江市北陵町51-2
  • 事業内容:コンピュータネットワークにおける不正侵入防止システム(装置)の開発・製造・販売・保守
アルプス システム インテグレーション株式会社 ( http://www.alsi.co.jp/ )
  • 代表取締役 :麻地 德男
  • 設立 :1990年4月2日
  • 資本金 :2億50万円
  • 本社所在地 :東京都大田区雪谷大塚町1-7
  • 事業内容 :製造流通業向けソリューション事業、セキュリティソリューション事業、ファームウェア開発事業を展開。特に、セキュリティソリューション事業では、5年連続市場シェアNo.1(※1)のWebフィルタリングソフト「InterSafe(インターセーフ)」と、市場シェア2位(※2)の情報漏洩防止ソリューション「DocumentSecurity」を中心に、企業向けセキュリティ製品を提供。
※1:IDC Japan株式会社「2008年 国内セキュリティソフトウェア市場 セキュアコンテンツ管理、脅威管理製品の動向(Report#J8330107)」、株式会社富士キメラ総研 「2007パッケージソリューション・マーケティング便覧」、株式会社ミック経済研究所 「情報セキュリティソリューション市場の現状と将来展望2007」の調査結果にて市場シェア1位を獲得。
※2:株式会社富士キメラ総研「2007パッケージソリューション マケーティング便覧」
※ 掲載されている会社名及び商品名は各社の商標または登録商標です。
このリリースに関するお問い合わせ先・取材受付先
アルプス システム インテグレーション株式会社  URL http://www.alsi.co.jp/
〒145-0067 東京都大田区雪谷大塚町1-7
広報担当:桑野 宏子( kuwano@alsi.co.jp ) TEL:(03)5499-8043 FAX:(03)3726-7050

ニュース一覧へ

ページトップへ戻る