ニュース

ニュース

  1. >
  2. >

2009年のニュース

ALSI 有害情報から青少年を守るための取り組みとして
「青少年ネット環境整備法」周知キャンペーンに参画
ALSI 有害情報から青少年を守るための取り組みとして 「青少年ネット環境整備法」周知キャンペーンに参画
– 官民一体で法律の周知とフィルタリングの認知率向上を促進 –

2009年03月04日

 アルプス システム インテグレーション株式会社(本社:東京都大田区、代表取締役社長:麻地德男、以下ALSI 〔アルシー〕)は、青少年を有害情報から守るための啓発活動として、2009年3月6日より開催される「『青少年が安全に安心してインターネットを利用できる環境の整備等に関する法律』周知キャンペーン」に参画いたします。
 このキャンペーンは、2008年6月に成立し、2009年4月1日から施行される「青少年が安全に安心してインターネットを利用できる環境の整備等に関する法律」の周知およびフィルタリングの認知度向上を目的として、内閣府、総務省、経済産業省、内閣官房IT担当室、警察庁、文部科学省が主催となり、社団法人電子情報技術産業協会や社団法人電気通信事業者協会、財団法人インターネット協会などの業界団体、そして、5年連続市場シェア1位(※1)の国産Webフィルタリングソフト「InterSafe」(日本PTA全国協議会推奨商品)を販売しているALSIなどフィルタリングソフトベンダーやパソコンメーカー、携帯電話キャリア等の事業者が協力し、官民一体で行われます。
 ALSIは、1997年より日本で初めてフィルタリング事業を開始したフィルタリングメーカーの草分け的存在です。ALSIでは、今回開催されるキャンペーンへの参画のほか、全国の小中学校、高等学校、教育委員会、自治体等で保護者や教員、生徒向けに行っている講演活動(2008年度は53回開催)など、青少年を有害情報から守るための啓発活動を積極的に行っております。今回のキャンペーンにおいて法律やフィルタリングソフトについて分かりやすく説明することで、パソコンや携帯電話でインターネットを利用する際のルールやマナーを、保護者と子どもが話し合うきっかけとなることを期待しております。今後もALSIは、青少年を有害情報から守るための啓発活動に積極的に取り組んでまいります。

キャンペーン名 「青少年が安全に安心してインターネットを利用できる環境の整備等に 関する法律」周知キャンペーン
開催日時
  • キックオフイベント:2009年3月6日(金) 10:00~18:00
    会場:石丸電気秋葉原本店(東京)
  • リーフレット配布イベント:2009年3月7日(土)~8日(日)
    会場:ヨドバシカメラマルチメディア札幌、ケーズデンキ(仙台南店)、石丸電器秋葉 原本店(東京)、ヤマダ電機テックランド横浜本店、エイデン本店(名古屋)、 上新電機(新大阪店)、デオデオ本店(広島)、 ベスト電器福岡本店
主催 内閣府、総務省、経済産業省、内閣官房IT担当室、警察庁、文部科学省
協賛 財団法人インターネット協会、社団法人電子情報技術産業協会、社団法人電気通信事業者協会、財団法人日本インターネットプロバイダー協会、社団法人に本ケーブルテレビ連盟ほか、ALSIなどのフィルタリングソフトメーカーやパソコンメーカー、携帯電話キャリア等の事業者
詳細情報URL http://www.iajapan.org/filtering/event2009/
キャンペーン
キャラクター
チェッ吉【 チェッ吉 】
経済産業省商務情報政策局 情報セキュリティ政策室が推進する、情報セキュリティ対策に関する普及啓発活動「CHECK PC!」に登場するキャラクター。ウイルスの接近や侵入などPCの危険をいち早く察知する超能力を持つ、スーパープレイリードックです。今回のキャンペーンにも駆けつけていただけます。

家庭向けWebフィルタリングソフト「InterSafe Personal」製品概要

 昨今、家庭のPCや携帯電話におけるインターネットの利用は急速に拡大し、青少年がインターネットを利用する機会が増えています。インターネット上には、青少年にとって不適切な情報も数多く存在し、掲示板やSNS、プロフィールサイト、出会い系サイトなど、青少年の未成熟なコミュニケーションによりトラブルが発生してしまうケースも少なくありません。
 「InterSafe Personal」は、青少年に不適切なサイトへのアクセスを制限することができるフィルタリングソフトです。どのサイトを見せるか、見せないかのルール(カテゴリや時間帯など)を保護者が簡単に設定することができます。

ネットスター社 URLリサーチセンター
▲ネットスター社
URLリサーチセンター

 「InterSafe Personal」が規制するURLデータベースは、ALSIのグループ会社であるネットスター株式会社より提供されており、2009年2月現在、約8,200万ページに及ぶURLデータベースが登録されています。日本国内最大規模の約40名の専任リサーチャーが目視で確認し、毎日更新しております(URLリサーチセンター:仙台・東京・中国)。精度の高いURLデータベースを使用することで、インターネットの有用性を損なうことなく、有害サイトを規制することができます。また、ALSI及びネットスターは、携帯電話におけるフィルタリングサービスにも力を入れております。InterSafeやURLデータベースは、携帯電話会社5社(NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイル、ウィルコム、イー・モバイル)に採用されております。

  • 青少年に見せたくない有害サイトの表示を制限することが可能です。
  • 掲示板やブログへの書き込みを制限することが可能です。
  • どのページを見たか、URLやカテゴリを確認することが可能です。
  • 1台のPCでも複数のフィルタリングルールを使い分けることが可能です。

メインカテゴリ一覧

不法、主張、アダルト、セキュリティ、出会い、金融、ギャンブル、ゲーム、ショッピング、コミュニケーション、ダウンロード、職探し、グロテスク、話題、成人嗜好、オカルト、ライフスタイル、スポーツ、旅行、趣味、 宗教、政治活動・政党、広告、ニュース

会社概要

アルプス システム インテグレーション株式会社 ( http://www.alsi.co.jp/ )
  • 代表取締役 :麻地 德男
  • 設立 :1990年4月2日
  • 資本金 :2億50万円
  • 本社所在地 :東京都大田区雪谷大塚町1-7
  • 事業内容 :製造流通業向けソリューション事業、セキュリティソリューション事業、ファームウェア開発事業を展開。特に、セキュリティソリューション事業では、5年連続市場シェア1位(※1)のWebフィルタリングソフト「InterSafe(インターセーフ)」と、市場シェア2位(※2)の情報漏洩防止ソリューション「DocumentSecurity(ドキュメントセキュリティ)」を中心に、企業向けセキュリティ製品を提供。
< 参考 >
青少年ネット環境整備法
(青少年が安全に安心してインターネットを利用できる環境の整備等に関する法律)について
インターネットにおいて青少年有害情報が多く流通している現在、インターネット上の有害情報から青少年を守ることを目的として、2008年6月に公布され、2009年4月1日に施行される法律。インターネット接続サービスを提供する携帯電話・PHS事業者に対し、フィルタリングサービスの適用することを義務付けている(保護者が申し出た場合を除く)。また、インターネット接続役務提供事業者(ISP)には利用者からの求めに応じてフィルタリングソフト・サービスを提供する義務、PCなどインターネットに接続する機器の製造者にはフィルタリングソフト・サービスの利用を容易にする措置を講じる義務をそれぞれ課している。
※1:IDC Japan株式会社「2008年 国内セキュリティソフトウェア市場 セキュアコンテンツ管理、脅威管理製品の動向(Report#J8330107)」、株式会社富士キメラ総研「2008ネットワークセキュリティビジネス調査総覧」、株式会社ミック経済研究所「情報セキュリティソリューション市場の現状と将来展望 2008(内部漏洩防止型ソリューション編)」の「第4章 個別企業実態編」の調査結果にて市場シェア1位を獲得。
※2:株式会社富士キメラ総研「2007パッケージソリューション マケーティング便覧」
※:掲載されている会社名及び商品名は各社の商標または登録商標です。
このリリースに関するお問い合わせ先・取材受付先
アルプス システム インテグレーション株式会社  URL http://www.alsi.co.jp/
〒145-0067 東京都大田区雪谷大塚町1-7
広報担当:桑野 宏子( kuwano@alsi.co.jp ) TEL:(03)5499-8043 FAX:(03)3726-7050

ニュース一覧へ

ページトップへ戻る