ニュース

ニュース

  1. >
  2. >

2009年のニュース

【「フィルタリング」から「統合情報漏洩防止ソリューション」へ進化】
ALSI 国産Webフィルタリングソフト「InterSafe」
富士キメラ総研の調査結果で市場シェア1位を獲得(6年連続)
【「フィルタリング」から「統合情報漏洩防止ソリューション」へ進化】 ALSI 国産Webフィルタリングソフト「InterSafe」 富士キメラ総研の調査結果で市場シェア1位を獲得(6年連続)

2009年07月31日

 国産Webフィルタリングソフト「InterSafe(インターセーフ)」を開発・販売するアルプス システム インテグレーション株式会社(本社:東京都大田区、代表取締役社長:麻地 德男、以下ALSI〔アルシー〕)は、株式会社富士キメラ総研(以下、富士キメラ総研)が2009年7月21日に発行した「2009ネットワークセキュリティビジネス調査総覧」のWebフィルタリングソフト市場において市場シェア1位(市場占有率 2008年度実績:23.5%)を獲得したことを発表いたします(※1)

 また、ALSIでは、同時に発表された市場規模の推移や当社独自の調査・予測結果を基に、今後の市場変化を予測し、今後の市場ニーズは総合的な情報漏洩防止対策に進化するものと分析いたしました。引き続き、WebフィルタリングソフトはALSIが提供するコンセプト「Internal Security Solutions」の中核製品として位置付け、拡販に注力してまいりますが、製品ブランドである「InterSafe」については、市場の変化を先取りし、ALSIの統合情報漏洩防止ソリューションの統一ブランド名に変更し、2009年10月より製品名称を一新いたします。
 ブランドとしての「InterSafeシリーズ」は、Webフィルタリングソフト、USBメモリ暗号ソフト、統合ログ分析、ワークフローシステムなど、様々なカテゴリの製品を取り揃え、「Webフィルタリング」からさらに一歩進んだ「統合情報漏洩防止ソリューション」を提供いたします。

富士キメラ総研による市場概況

(1) 同社(※)の「InterSafe」は一般企業や文教団体、コンシューマ層などの幅広いユーザーでの導入実績を誇っている。 「InterSafe」の最新バージョンとしてバージョン6.0 SP1を2008年12月に販売開始し、新機能として設定したポリシー 状態を管理する機能、規制解除申請機能、添付ファイル復元機能、検索キーワードの履歴確認及びランキング化機 能等が挙げられる。
(3) また、仮想化ソリューション対応として、仮想マシン上で運用可能なモデルを提供開始、異なる仮想マシン上で動くロ グ分析ツールとの連携した運用ケースや、冗長化対応として複数の仮想マシン上に設置する運用ケース、ASP提供 用の運用ケースなどにも対応可能である。

※同社=アルプス システム インテグレーション

富士キメラ総研による市場規模推移

  1. 国内トータルマーケット
    国内トータルマーケット
  2. 企業規模別マーケット
    企業規模別マーケット

富士キメラ総研による主要企業のマーケティング戦略

(1) 同社(※)の「InterSafe」は一般企業や文教団体、コンシューマ層などの幅広いユーザーでの導入実績を誇っている。 「InterSafe」の最新バージョンとしてバージョン6.0 SP1を2008年12月に販売開始し、新機能として設定したポリシー 状態を管理する機能、規制解除申請機能、添付ファイル復元機能、検索キーワードの履歴確認及びランキング化機 能等が挙げられる。
(3) また、仮想化ソリューション対応として、仮想マシン上で運用可能なモデルを提供開始、異なる仮想マシン上で動くロ グ分析ツールとの連携した運用ケースや、冗長化対応として複数の仮想マシン上に設置する運用ケース、ASP提供 用の運用ケースなどにも対応可能である。

※同社=アルプス システム インテグレーション

ALSIのブランド戦略 ――「InterSafeシリーズ」の進化

 この度ALSIは、2009年10月より「InterSafe」を、Webフィルタリングソフトの製品名から、ALSIの「統合情報漏洩防止ソリューション」のブランド名称として進化させ、2009年10月より製品名称を一新することを発表いたします。
 ブランドとしての「InterSafeシリーズ」では、Webフィルタリングソフト、USBメモリ暗号ソフト、統合ログ分析、ワークフローシステムなど、様々なカテゴリの製品を取り揃え、「Webフィルタリング」からさらに一歩進んだ「統合情報漏洩防止ソリューション」として幅広いお客様に提供し、セキュアな環境で「情報を守り、活用する」製品を充実させてまいります。

ALSIのブランド戦略 ――「InterSafeシリーズ」の進化

Webフィルタリングソフト「InterSafe Webfilter」製品概要

 ALSIは1997年に日本で初めてフィルタリング事業を開始し、2000年より自社開発のWebフィルタリングソフト「InterSafe Webfilter」の販売を開始しました。企業、官公庁、学校、家庭、ISPを中心に約420万ライセンス以上の導入実績があり、小学校や中学校、高等学校など、導入校は延べ20,000校以上に達しております。6年連続で市場シェア1位を獲得しているほか、「日本PTA全国協議会推奨商品」に認定されており、国産製品ならではの充実したサポート体制のため、安心して利用できるフィルタリングソフトとして、教育現場で定着しています。
 「InterSafe Webfilter」のURLデータベースは、ALSIのグループ会社であるネットスター株式会社より提供されており、 2009年7月現在、2億4298万2082ページ(76カテゴリ)に及ぶURLデータベースが登録されています。日本国内最大規模の約40名の専任リサーチャーが目視で確認し、毎日更新しております(URLリサーチセンター:仙台・東京・中国)。「InterSafe Webfilter」およびURLデータベースは、携帯電話会社5社(NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイル、ウィルコム、イー・モバイル)にも採用されております。

※1:当リリースに記載されている、市場シェア、市場分析、市場推移に関しては、富士キメラ総研が発行している「2009ネットワークセキュリティビジネス調査総覧」に記載された内容を引用したものです。弊社による自社集計は行っておらず、富士キメラ総研に引用の許可を得た上で発表しております。また、市場占有率は同率1位となっております。
※掲載されている会社名及び商品名は各社の商標または登録商標です。
このリリースに関するお問い合わせ先・取材受付先
アルプス システム インテグレーション株式会社  URL http://www.alsi.co.jp/
〒145-0067 東京都大田区雪谷大塚町1-7
広報担当:桑野 宏子( kuwano@alsi.co.jp ) TEL:(03)5499-8043 FAX:(03)3726-7050

ニュース一覧へ

ページトップへ戻る