ニュース

ニュース

  1. >
  2. >

2010年のニュース

ALSI SaaS対応Webフィルタリングソフト
Windows 7に対応した新版
「InterSafe CATS v2.1」を5月20日より発売開始
ALSI SaaS対応Webフィルタリングソフト Windows 7に対応した新版 「InterSafe CATS v2.1」を5月20日より発売開始
– 導入・管理コストの削減、持ち出しPCの安全なインターネット利用を実現 –

2010年04月08日

 アルプス システム インテグレーション株式会社(本社:東京都大田区、代表取締役社長:麻地 德男、以下ALSI〔アルシー〕)は、Microsoft Windows 7に対応したSaaS対応Webフィルタリングソフト「InterSafe CATS(インターセーフ キャッツ)」の新版を、2010年5月20日より発売開始することを発表いたします。

製品概要

製品名 SaaS対応Webフィルタリングソフト「InterSafe CATS v2.1」
発売開始時期 2010年5月20日
ターゲット 持ち出しPCに対してWebフィルタリングを導入したい企業、SOHO、サテライトオフィス など
価格 年間 6,000円~ (5~49ユーザの場合)
  ※価格はユーザ数により異なります。上記価格は税別です。
追加機能 「ASP・SaaS安全・信頼性に係る情報開示認定制度」の認定を取得
  1. 業界初のSaaS対応国産Webフィルタリングソフト
  2. 「ASP・SaaS安全・信頼性に係る情報開示認定制度」の認定を取得(業界唯一)
  3. サーバ不要により、初期費用、保守費用の削減が可能
  4. 管理者不在でも簡単に設定、インストールが可能
  5. 持ち出しPCに対するインターネットのアクセスコントロールが可能
  6. ファイル共有ソフトやメッセンジャーなどの利用も規制
  7. 利用状況をブラウザ上で確認できるWebアクセス監視機能搭載
  8. Windows 7に対応
詳細情報URL http://www.alsi.co.jp/security/iscats/

発売の背景

 現在企業において、社外にノートPCを持ち出して利用するケースが増えてきております。その際、社内ではフィルタリングソフトを利用した安全な環境であっても、社外での利用時には、社内のセキュリティポリシーが連携されず、自由にインターネットが利用できる状況になってしまう場合があります。特に、ショッピングサイトやオークション、オンライントレード、SNS、ブログ、Webメール、チャットなど、業務に無関係なサイトや、個人が情報を発信することができるサイトは多数あり、私的利用による業務効率の低下や情報漏洩、ウイルス感染などの危険性が問題視されております。
 このような企業の課題を鑑み、PCを社外に持ち出す際にも、社内での利用と同様にアクセスを制限することができる機能が必要であると考え、ALSIは2008年3月より、SaaS対応型Webフィルタリングソフト「InterSafe CATS」の発売を開始しておりましたが、この度5月20日より、Microsoft Windows 7に対応した新版「InterSafe CATS v2.1」の発売を開始することとなりました。
 「InterSafe CATS」は、6年連続市場シェア1位(※1)を獲得しているWebフィルタリングソフト「InterSafe WebFilter」のSaaS対応版で、社外においてインターネットを利用する際、情報漏洩や私的利用、有害サイト・詐欺サイトへのアクセス、ウイルス感染を防止することができます。サーバレスタイプのため、大掛かりな設備投資が不要で、設定や管理はブラウザ上で簡単に行うことができることから、SOHOや在宅勤務、サテライトオフィス、出向先等でも、容易かつ安価に導入することができます。
 「InterSafe CATS」はWebフィルタリングソフトとして初めて、総務省の外郭団体である財団法人マルチメディア振興センターの運用する「ASP・SaaS安全・信頼性に係る情報開示認定制度」の認定を取得しており、情報セキュリティおよびサービス品質向上への取り組みについても評価いただいております。ALSIは今後も、「InterSafe CATS」の提供を通じて、企業におけるアクセスマネジメントを実現し、管理コストの低減やグリーンITの推進につながる支援を強化してまいります。

「InterSafe CATS」 の特長

 「InterSafe CATS」は、業界初のSaaS対応Webフィルタリングソフトで、持ち出しPCやネットワークで接続していないPCに対して Webフィルタリングを掛けることができます。持ち出しPCにフィルタリングを掛けることで、不要なサイトへのアクセスを制限し、ウイルス感染や社外での情報漏洩対策、私的利用防止対策として利用することが可能です

 ALSIは1997年に日本で初めてフィルタリング事業を開始し、2000年より自社開発のWebフィルタリングソフト「InterSafe WebFilter」の販売を開始しました。企業、官公庁、学校、家庭、ISPを中心に約420万ライセンス以上の導入実績があり、小学校や中学校、高等学校など、導入校は延べ20,000校以上に達しております。6年連続で市場シェア1位を獲得しているほか、「日本PTA全国協議会推奨商品」に認定されており、国産製品ならではの充実したサポート体制のため、安心して利用できるフィルタリングソフトとして、教育現場で定着しています。

 「InterSafe WebFilter」のURLデータベースは、ALSIのグループ会社であるネットスター株式会社より提供されており、2010年4月現在、2億5363万1840ページに及ぶウイルスチェック等を済ませた精度の高いURLデータベースが登録されています。日本国内最大規模の約40名の専任リサーチャーが目視で確認し、毎日更新しております(URLリサーチセンター:仙台・東京・中国)。「InterSafe WebFilter」およびURLデータベースは、携帯電話会社5社(NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイル、ウィルコム、イー・モバイル)にも採用されております。

「InterSafe CATS」利用イメージ

「InterSafe CATS」利用イメージ
※1:IDC Japan株式会社「2009年 国内セキュリティソフトウェア市場の動向:アイデンティティ/アクセス管理、脆弱性管理、セキュアコンテンツ/脅威管理(Report#J9220105)」、株式会社富士キメラ総研「2009ネットワークセキュリティビジネス調査総覧」、株式会社ミック経済研究所「情報セキュリティソリューション市場の現状と将来展望 2008(内部漏洩防止型ソリューション編)」の「第4章 個別企業実態編」の調査結果にて市場シェア1位を獲得。
※掲載されている会社名及び商品名は各社の商標または登録商標です。
このリリースに関するお問い合わせ先・取材受付先
アルプス システム インテグレーション株式会社  URL http://www.alsi.co.jp/
〒145-0067 東京都大田区雪谷大塚町1-7
広報担当:桑野 宏子( kuwano@alsi.co.jp ) TEL:(03)5499-8043 FAX:(03)3726-7050

ニュース一覧へ

ページトップへ戻る