ニュース

ニュース

  1. >
  2. >

2010年のニュース

ALSI Webフィルタリングソフト「InterSafe WebFilter」
企業向けWebセキュリティソフトウェア製品市場で
ベンダー別売上シェア1位を獲得
ALSI Webフィルタリングソフト「InterSafe WebFilter」 企業向けWebセキュリティソフトウェア製品市場で ベンダー別売上シェア1位を獲得
– 7年連続でWebフィルタリング市場シェア1位を堅持 –

2010年08月27日

 国産Webフィルタリングソフト「InterSafe WebFilter(インターセーフ ウェブフィルター)」を開発・販売するアルプス システム インテグレーション株式会社(本社:東京都大田区、代表取締役社長:麻地 德男、以下ALSI〔アルシー〕)は、IDC Japan株式会社(以下、IDC Japan)が2010年8月に発行した「国内セキュアコンテンツ/脅威管理市場 2009年の分析と2010年~2014年の予測(Report#J10260107)」(※1)において、「国内企業向けWebセキュリティ製品市場 ベンダー別売上シェア」で1位(市場占有率 2009年度実績:31.6%)を獲得したことを発表いたします。市場シェア2位のベンダーとの差を7.3ポイント上回る結果となり、Webフィルタリングソフト市場のNo.1製品として、不動の地位を確立しています。
 ALSIは今後も、Webフィルタリング市場およびIRM市場のトップベンダーとして、「情報漏洩防止統合ソリューション」を提供することにより、「情報を守り、活用する」ことができるIT環境を提供してまいります。

IDC Japanによる、Webセキュリティソフトウェア市場の概要

アルプス システム インテグレーションは、自治体に加えて教育などの公共機関の売上比率が高く、地方における販売体制が整備されている。また、同社はトレンドマイクロと合弁でURLフィルタリングデータベース専業のネットスターを設立し、国内主要移動体通信事業者5社が利用している。(※P.12-13「企業向けWebセキュリティソフトウェア製品市場」より引用)

ALSIのWebフィルタリング製品 概要

 ALSIは1997年に日本で初めてフィルタリング事業を開始し、2000年より自社開発のWebフィルタリングソフト「InterSafe WebFilter」の販売を開始しました。企業、官公庁、学校、家庭、ISP、携帯電話など約1,000万端末以上の利用実績があります。中でも、小学校や中学校、高等学校などでは、導入校が20,000校以上に達しており、「日本PTA全国協議会推奨商品」に認定されていることや、国産製品ならではの充実したサポート体制のため、安心して利用できるフィルタリングソフトとして、教育現場で定着しています。また、全国の小中学校、高等学校、教育委員会、自治体等においてパソコンや携帯電話でインターネットを安全に利用するためのルールやマナーなどを伝える講演活動も実施しており、子どもたちを有害情報から守るための啓発活動も積極的に推進しております。

ネットスター社URLリサーチセンター
▲ネットスターのURLリサーチセンター

 「InterSafe WebFilter」のURLデータベースは、ALSIのグループ会社であるネットスター株式会社より提供されており、約40名の専任リサーチャーが目視で確認し、毎日更新しております(URLリサーチセンター:仙台・東京・中国)。「InterSafe WebFilter」およびURLデータベースは、携帯電話会社5社(NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイル、ウィルコム、イー・モバイル)にも採用されております。2010年8月現在、2億7437万6480ページ(87カテゴリ ※ユーザ設定カテゴリ10を含む)に及ぶURLデータベースが登録され、精度の高いURLデータベースを1日3回以上、365日提供することができることから、被害の絶えない「フィッシング詐欺」や、ウイルス感染につながる悪質なサイトなどへのアクセスを未然に防ぎ、より強固なセキュリティ対策を講じることが可能となっております。

Webフィルタリングソフト「InterSafe WebFilter」
「InterSafe WebFilter」は、7年連続市場シェア1位を誇る国産Webフィルタリングソフトで、全国1000万端末で利用されています。また、日本PTA全国協議会推薦商品として多くの教育機関への導入実績を誇ります。URLデータベースは携帯電話のフィルタリングサービスに採用されるなど、その精度は高く評価されています。
  1. 1日3回以上 業界初リアルタイムデータベース配信を実現
  2. 不正コード配布、迷惑メールリンクなど、セキュリティを重視したカテゴリ分類
  3. ウイルス・スパイウェアサイトに対して高い精度
  4. 多彩な規制機能による情報漏洩対策(Webメールや掲示板、SNS/ブログへの書き込み規制など)
  5. 検索キーワード規制・書込みキーワード規制により、情報漏洩や私的利用を防止
  6. 適切な運用を把握できる内部統制対応機能を搭載
  7. 管理者に負担をかけない設定・管理機能
クラウド型Webフィルタリングサービス「InterSafe CATS」
「InterSafe CATS」は、業界初のクラウド型Webフィルタリングサービスで、持ち出しPCやネットワークで接続していないPCに対して Webフィルタリングを適用することができます。持ち出しPCにフィルタリングを適用することで、不要なサイトへのアクセスを制限し、ウイルス感染や社外での情報漏洩対策、私的利用防止対策として利用することが可能です。
  1. サーバが不要なため、コスト削減や運用負担軽減が可能
  2. 持ち出しPCにもWebフィルタリングを適用
  3. ファイル共有ソフトやメッセンジャーソフトなどの利用も規制
  4. 利用状況をブラウザ上で確認Webアクセス監視機能
  5. 「ASP・SaaS安全・信頼性に係る情報開示認定制度」の認定を取得
※1:当リリースに記載されている、市場シェアの数値に関しては、IDC Japanが2010年8月に発行した「「国内セキュアコンテンツ/脅威管理市場 2009年の分析と2010年~2014年の 予測(Report#J10260107)」に記載された内容を引用したものです。弊社による自社集計は行っておらず、引用の許可を得た上で発表しております。
※掲載されている会社名及び商品名は各社の商標または登録商標です。
このリリースに関するお問い合わせ先・取材受付先
アルプス システム インテグレーション株式会社  URL http://www.alsi.co.jp/
〒145-0067 東京都大田区雪谷大塚町1-7
広報担当:桑野 宏子( kuwano@alsi.co.jp ) TEL:(03)5499-8043 FAX:(03)3726-7050

ニュース一覧へ

ページトップへ戻る