ニュース

ニュース

  1. >
  2. >

2011年のニュース

ALSI ファイル暗号化ソフトの新版
「DocumentSecurity Ver. 4.0」を3月31日より発売
ALSI ファイル暗号化ソフトの新版 「DocumentSecurity Ver. 4.0」を3月31日より発売
– ファイル単位の高度な暗号化とアクセス制御(DRM)により、
クラウド環境でのセキュリティ対策、改正不正競争防止法への対応を実現 –

2011年03月09日

 アルプス システム インテグレーション株式会社(本社:東京都大田区、代表取締役社長:麻地 德男、以下ALSI〔アルシー〕)は、ファイル暗号化ソフト「DocumentSecurity(ドキュメントセキュリティ)」をバージョンアップし、2011年3月31日より新バージョンとして発売開始することを発表いたします。

製品概要

製品名 ファイル暗号化ソフト「DocumentSecurity Ver.4.0」、「DocumentSecurity BASIC/暗号Edition」
販売開始時期 2011年3月31日
ターゲット 企業、官公庁、自治体など
販売価格 DocumentSecurity                551,250円~(税込)
DocumentSecurity BASIC/暗号Edition   225,750円~(税込)
追加機能
  1. Microsoft Office2010に対応
  2. Adobe Reader Xに対応
  3. 日本語版Microsoft Windows Server 2008 R2 Standard Editionに対応
詳細情報URL http://www.alsi.co.jp/security/ds/

新バージョン発売の背景

 ALSIの「DocumentSecurity」は、2003年の発売開始以来、企業や官公庁を中心に34万ライセンスの導入が進み、IRM市場でシェア1位(※1)を獲得しているファイル暗号化ソフトです。今回のバージョンアップにより、「Microsoft Office2010」および「Adobe Reader X」、「日本語版Microsoft Windows Server 2008 R2 Standard Edition」に対応するほか、クラウド導入時のセキュリティ対策や「改正不正競争防止法」への対応も実現することから、「情報を守り、活用する。」をキーワードに、企業のセキュリティ対策をより強固に行うことができるようになります。

(1) クラウド導入時のセキュリティ対策
近年、クラウド・コンピューティングの注目が高まり、実際に利用を開始した企業や、導入を検討する企業が増えてきております。クラウドを利用する際、「自社で資産や運用要員を持つ必要がない」「初期費用が抑えられる」「導入までの期間が短い」などのメリットが挙げられますが、一方で「社外のサービスを利用する際のセキュリティレベルに不安がある」「自社のデータを社外に保管することに不安がある」などのデメリットもあり、利用の拡大にはセキュリティ面で下記の対策が必要であるといえます。「DocumentSecurity」は、クラウド環境で重要となる「データの保護」が可能です。
(2) 「改正不正競争防止法」への対応
2010年7月より企業の秘密情報漏洩に関わる「改正不正競争防止法」が施行されました。「不正競争防止法」は、(1)会社の営業秘密や営業上のノウハウ盗用等の不正行為を禁止(営業秘密の保護)、(2)他人の商品の形態(模様も含む)をデッドコピーした商品の取引禁止(模倣商品の禁止)、(3)周知の他人の商品・営業表示と著しく類似する名称、デザイン、ロゴマーク等の使用を禁止(信用の保護)、(4)他人の著名表示を無断で利用することを禁止、(5)技術管理体制の保護、の5項目が規制、保護の要件となります。「DocumentSecurity」は、高度なファイル暗号とDRM機能により、下記の3つの要件を満たす「企業秘密」を強固に守ることができ、「不正競争防止法」に対応いたします。

「DocumentSecurity」の特長

「DocumentSecurity」は、情報漏洩対策としての基本機能である、暗号化、アクセス制御、デバイス制御、フォレンジック機能を実装しつつ、使いやすさ、運用のしやすさといったユーザビリティを実現した情報漏洩防止ソフトです。ファイル単位の暗号化を実現し、企業内部からの情報流出を効果的に防ぐことができます。ファイルごとにアクセス権限を制限することができるため、情報漏洩の主な原因の1つである「メールの誤送信」の対策としても効果的な製品です。

  • 文書に対し柔軟な権限設定で重要情報をコントロール!
  • 柔軟なポリシー設定 文書のアクセス権を、情報の内容や社員の役職等に応じて制御することが可能です。
  • 業界初!7カ国8言語対応でグローバルな情報漏洩対策を実現
(1) DRM機能
DRMとは、各ファイルに使用制限を設定し、コンテンツを保護する技術です。閲覧、 閲覧回数、編集、暗号化解除、持ち出し、印刷、印刷回数、有効期間、自動破棄などの権限設定をすることで重要情報の不正使用、誤使用を防止、情報漏洩のリスクを回避します。
(2) 柔軟なポリシー設定
文書のアクセス権を、情報の内容や社員の役職等に応じて制御することが可能です。 例えば、役員は全てのファイルに対し、閲覧・編集の権限を持つが、一般社員は企業の極秘文書、機密文書は閲覧できない等、文書の重要度と職位・職責応じ柔軟にアクセス権の設定が可能です。
(3) ファイル単位の暗号化で漏洩後の流出防止
DocumentSecurityはファイル単位で高度なデータ暗号化を実現するため、万が一、メールの誤送信やウイルス感染をしてしまった場合でも、情報漏洩や、漏洩後の流出・改ざんを防止することができます。
(4) 個人情報保護法ガイドラインに準拠
DocumentSecurityは2007年3月に改正された、経済産業分野対象の個人情報保護法ガイドラインに対応しています。 漏洩後に事実関係等の公表と本人への連絡を省略可能な事例として暗号化による秘匿化が施されている場合と明示されていることから、ファイル単位の高度な暗号化により、ファイル流出後に情報漏洩のリスクを回避し、個人情報を強固に守ります。
(5) 業界初!7カ国8言語対応で
    グローバルな情報漏洩対策を実現
日本語、英語、中国語(繁体字・簡体字)、韓国語、ドイツ語、フランス語、チェコ語のOSに対応しています。 世界規模での情報共有の安全性を確保し、各国で利用する現地語で作成されたドキュメントも保護します。 各国で暗号化したファイルを復号化することなく、スムーズにやり取りすることが可能です。
※1:株式会社アイ・ティ・アール「ITR Market View:コンテンツ管理市場2010」の調査結果にて市場シェア1位を獲得。IRM=Information Rights Management
※2:DRM=Document Rights Management ※DocumentSecurity開発元:SoftCamp Co.,Ltd. ※掲載されている会社名及び商品名は各社の商標または登録商標です。
このリリースに関するお問い合わせ先・取材受付先
アルプス システム インテグレーション株式会社  URL http://www.alsi.co.jp/
〒145-0066 東京都大田区雪谷大塚町1-7
広報担当:桑野 宏子( kuwano@alsi.co.jp ) TEL:(03)5499-8043 FAX:(03)3726-7050

ニュース一覧へ

ページトップへ戻る