ニュース

ニュース

  1. >
  2. >

2011年のニュース

ALSI 情報漏洩対策シリーズ「InterSafe ILP」
3製品をバージョンアップし5月31日より発売開始
ALSI 情報漏洩対策シリーズ「InterSafe ILP」 3製品をバージョンアップし5月31日より発売開始
– 外部デバイスによる不正な持ち出しを防止しファイル持ち出し後の安全な活用も実現 –

2011年05月10日

 「情報を守り、活用する。」をコンセプトに、企業内部のセキュリティ対策を実現する情報漏洩防止ソリューションを提供しているアルプス システム インテグレーション株式会社(本社:東京都大田区、代表取締役社長:麻地 德男、以下ALSI〔アルシー〕)は、昨年12月より販売を開始した情報漏洩対策シリーズ「InterSafe ILP」の3製品((1)デバイス制御ソフト「InterSafe DeviceControl」、(2)Web型申請承認ソフト「InterSafe WorkFlow」、(3)セキュリティUSBメモリ作成ソフト「InterSafe SecureDevice Ultimate」)をバージョンアップし、2011年5月31日より「InterSafe ILP Ver. 1.5」として販売を開始することを発表いたします。

 「ILP」とはInformation Leak Protectionのことで、「デバイス制御」「ワークフロー」「セキュリティUSBメモリ作成」の機能を持つ製品を連携させることにより、外部デバイスを利用した社外へのデータ持ち出しの防止や、持ち出し後のファイルの安全な活用を可能にする情報漏洩防止対策製品群です。この度のバージョンアップでは、3つの新機能(1)アップデート機能の搭載 [InterSafe DeviceControl、InterSafe WorkFlow、InterSafe SecureDevice Ultimate]、(2)許可(登録)されたUSBデバイスの制御対象に外付けUSBハードディスクを追加[InterSafe DeviceControl]、(3)読み取り専用モードの追加[InterSafe SecureDevice Ultimate])を搭載し、より強固な情報漏洩対策を実現いたします。

「InterSafe ILP」が実現する情報漏洩対策

InterSafe ILP の概要

バージョンアップの背景

 昨今、企業や学校、官公庁、病院などでは、個人情報や機密情報を扱う機会が多く、様々なセキュリティ対策が講じられております。しかし、厳しいルールを設定して情報漏洩対策を行っている場合でも、「外部デバイスを利用禁止にすると仕事にならない」「ルールとして、データの持ち出しは禁止しているが、実際にはいつでも誰でも持ち出しができてしまう状況」「データを持ち出す度に、申請を受けたり承認を行うのは大変」「持ち出したデータがその後どのように使われているか追跡することはできない」という声もあり、実際に利便性や業務効率の低下が課題となっております。逆に、利便性を重視してルールを緩めてしまうと、データを外部に持ち出すことは容易となり、私用PCへの保存やファイル交換ソフトによるデータ流出、USBメモリの盗難・紛失やウイルス感染など、重大な情報漏洩事故に繋がってしまう可能性があります。

 そこでALSIは、「情報を守り、活用する。」という観点に立ち、防止・抑止を行いながらも、運用・利便性を高めることができる製品を提供し、利用者の環境に応じた柔軟な運用と、より強固な情報漏洩対策をともに実現いたします。

 この度のバージョンアップでは、「アップデート機能」を搭載することにより、管理者の負荷を軽減し、今後のバージョンアップ対応を容易に行うことができるようになります。また、従来はUSB メモリの制御を主としていましたが、ユーザーニーズに対応し、外付けUSBハードディスクの制御も可能にいたします。 さらに、暗号化USBメモリの普及に伴い、利用形態が多様化していることから、「読み取り専用モード」を追加し、制御モードを4種に拡充いたします。

バージョンアップの特長

(1) アップデート機能の搭載 [InterSafe DeviceControl、InterSafe WorkFlow、InterSafe SecureDevice Ultimate]
ILPサーバ上に修正プログラムを登録するだけで、最新のプログラムを一斉に配信することができるようになります。最新のプログラムが出る度に、クライアントPC1台1台にアップデートを適用するという、システム管理者の負担を軽減することができ、スムーズな運用が可能です。
バージョンアップの特長 アップデート機能の搭載
最新のプログラムを一斉配信可能
プログラムを登録するだけで、常に最新版を適用
(2) 許可(登録)されたUSBデバイスの制御対象に外付けUSBハードディスクを追加 [InterSafe DeviceControl]
USB メモリだけでなく、外付けUSB ハードディスクも予め許可(登録)した外部デバイスのみ利用することができるようになります。利便性を損なうことなく、情報漏洩対策を行うことが可能です。
バージョンアップの特長 未登録の外部デバイスの制御
USBメモリだけでなく、外付けHDDも予め許可したものだけ利用可能
利便性を損なうことなく、情報漏洩防止
(3) 読み取り専用モードの追加 [InterSafe SecureDevice Ultimate]
パスワードモード、情報漏洩対策モード、ウイルス対策モードに加え、新たに「読み取り専用モード」を追加いたします。これにより、ウイルスの侵入を防止しながらも、商談での提案資料の配布や、学会資料の配布などを安全に行うことができるようになります。また、USBメモリを介した情報の受け渡しをする際、お客様のPCから不用意に情報を取得するリスクも回避することができます。
バージョンアップの特長 読み取り専用モードの追加
データ提出時、プレゼン時の持ち出し等に活用

第8回 情報セキュリティEXPO」に出展します

ALSIブース:東京ビッグサイト 東2-22
  • 会期 :2011年5月11日(水)~5月13日(金)
  • 会場 :東京ビッグサイト 東3ホール
<アクセスマネージメントシリーズ>
●Webフィルタリングソフト「InterSafe WebFilter」
●ログ分析ソフト「InterSafe LogDirector」
●クラウド型Webフィルタリングサービス「InterSafe CATS」
<情報漏洩対策シリーズ>
●ファイル暗号化ソフト「DocumentSecurity」
●セキュリティUSBメモリ作成ソフト「InterSafe SecureDevice」
●デバイス制御ソフト「InterSafe DeviceControl」
●Web型申請承認ソフト「InterSafe WorkFlow」
<その他>
メール配信システム「@コネクト」 / フィルタリング用DB関連
携帯電話関連製品 / アライアンス関連製品

※掲載されている会社名及び商品名は各社の商標または登録商標です。
このリリースに関するお問い合わせ先・取材受付先
アルプス システム インテグレーション株式会社  URL http://www.alsi.co.jp/
〒145-0067 東京都大田区雪谷大塚町1-7
広報担当:桑野 宏子( kuwano@alsi.co.jp ) TEL:(03)5499-8043 FAX:(03)3726-7050

ニュース一覧へ

ページトップへ戻る