ニュース

ニュース

  1. >
  2. >

2011年のニュース

ALSI 業界初のIPv6対応Webフィルタリングソフト
「InterSafe WebFilter Ver. 7.0 on IPv6」を7月8日より発売
ALSI 業界初のIPv6対応Webフィルタリングソフト 「InterSafe WebFilter Ver. 7.0 on IPv6」を7月8日より発売
– IPv4アドレス枯渇によるIPv6への移行にいち早く対応
HTTPSサイトの通信解析機能を標準搭載し、情報漏洩を防止  –

2011年07月06日

 アルプス システム インテグレーション株式会社(本社:東京都大田区、代表取締役社長:麻地 德男、以下ALSI〔アルシー〕)は、8年連続市場シェア1位のWebフィルタリングソフト「InterSafe WebFilter Ver. 7.0」を、2011年7月8日よりIPv6に対応することを発表いたします。

製品名 Webフィルタリングソフト「InterSafe WebFilter Ver. 7.0 on IPv6」
発売開始 2011年7月8日
ターゲット 企業、自治体、官公庁、学校 など
価格 一般ライセンス:52,500円~ / ガバメントライセンス:42,000円~ / 
アカデミックライセンス:31,500円~ (価格はすべて税込)
販売目標 初年度 25億円
詳細情報URL http://www.alsi.co.jp/security/is/v7/v7function.html

新製品の特長【1】 : IPv6に対応したWebサイトのフィルタリングを実現

 2011年2月3日、インターネット上で利用されるアドレス資源をグローバルに管理する管理元であるIANA(Internet Assigned Numbers Authority)におけるIPv4アドレスの中央在庫が枯渇、さらに同年4月15日には、日本を含むアジア太平洋地域の在庫も枯渇したことが発表されました。これにより、今後インターネットにアクセスするためには、分配済みIPv4アドレスの効率的な利用と並行して、IPv6の導入が進んでいくものと考えられます。特に、通信事業者やクラウド事業者、SNS事業者、プロバイダ、データセンター、オンラインショッピング事業者など、インターネット上でビジネスを展開している企業においては、事業継続や事業拡大のために、早い段階でIPv6への対応を進めていくことが求められているほか、一般企業においても、新規拠点の追加や事業拡大のためには、積極的にIPv6への対応を進めていく必要があります。

 このような背景により、IPv6に対応したサイトは今後増加することが見込まれることから、IPv6サイトへの安全なアクセスを実現するセキュリティ対策も必要となります。例えば、悪意ある第三者によって、IPv4のサイトからIPv6のサイトへ誘導され、ウイルスに感染してしまうケースも想定され、このような場合には、IPv6サイトに対応したWebフィルタリングソフトをいち早く導入することで、被害を未然に防止することができるようになります。

 そこでALSIは、業界で初めてIPv6に対応したWebフィルタリングソフト「InterSafe WebFilter Ver. 7.0 on IPv6」の販売を2011年7月8日より開始いたします(※1)。IPv6移行期は今後の動向を見定める時期でもあり、早期に低コストで対策を行うことが有効となります。「InterSafe WebFilter Ver. 7.0 on IPv6」は、IPv4/v6の相互接続環境におけるフィルタリングが可能なため、既存の構成に大きな変更を与えずに、低コストでWebセキュリティ対策を実現いたします。

 今後もALSIは、Webフィルタリングソフトのパイオニアとして、業界の動きに素早く対応し、安全かつ安心なインターネットアクセスを実現する様々な製品を提供してまいります。

 本ニュースリリースに関して、BIGLOBE様より以下のエンドースメントをいただいております。

 BIGLOBEは、2010年4月より、会員向けに提供しているセキュリティサービスの有害サイトブロック機能のエンジンとして、アルプス システム インテグレーション株式会社様のWebフィルタリングソフト「InterSafe WebFilter」を採用しております。 「InterSafe WebFilter」を搭載することで、未成年者に不適切な有害サイトをブロックする機能だけでなく、フィッシング詐欺サイト対策やウイルス配布サイト対策も強化することが可能となりました。 今後、急速に導入が進むと予想されるIPv6にもいち早く対応いただけることで、IPv4/v6移行期におけるフィルタリング対策にも迅速に対応できることを期待しております。
NECビッグローブ株式会社  執行役員 ネットサービス事業部長   佐藤 博

新製品の特長【2】 : HTTPSサイトの通信解析機能を標準搭載

 現在、SNSやTwitter、Facebookなど様々なソーシャルメディアの台頭や、クラウド型Webメール利用者の拡大など、インターネット環境の多様化は顕著となり、転換期を迎えております。これらのサービスは、SNSを企業のPRツールとして利用したり、Webメールを業務用アドレスとして利用するなど、企業における利用は拡大傾向にあるものの、企業内部からの情報漏洩や、私的利用による業務効率の低下、回線帯域の圧迫など、インターネットアクセスを取り巻くセキュリティリスクは高まっているといえます。

 これらのサイトは、HTTPS通信により情報を入力するサイトが多く、秘匿性が高まる効果がある一方で、企業の管理者が把握することができない状況において、「企業の機密事項の流出」や「私的利用の拡大」などが行われる可能性もあり、利用形態の変化に合わせて組織としてHTTPS通信においてもアクセス状況の把握や管理が必要になってきています。

 また、2011年6月17日に成立した「情報処理の高度化等に対処するための刑法等の一部を改正する法律案」(サイバー刑法)では、ウイルス作成とともにわいせつな画像データを不特定多数に電子メールで送信する行為も処罰対象となり、管理・把握が難しいHTTPS通信は、特に危険性が高いといえます。

 そこでALSIは、このような動向にいち早く対応し、「InterSafe WebFilter Ver.7.0」にHTTPSサイトの通信解析機能を標準搭載いたしました(※2)。これにより、HTTPSサイトのURL単位でのフィルタリングや、書き込み規制、書き込み内容・添付ファイルのログ出力が可能になるため、HTTPS通信に対応したSNSやWebメール、ストレージサービスなどを利用した不正書き込みや内部情報の流出を監視・抑止し、利用状況や用途に応じて、より柔軟な管理を実現いたします。また、出力したログは、ログ分析ソフト「InterSafe LogDirector」やログレポートツール「LogLyzer」に取り込み、書き込み内容や添付ファイルを復元することも可能です。
 なお、HTTPSサイトの通信解析機能については、高価なオプション機能として提供している製品もありますが、ALSIの「InterSafe WebFilter Ver.7.0」は追加費用が発生することのない標準機能として提供いたします。

SNS、Webメール、ストレージサービス、オンラインショッピング

Webフィルタリングソフト「InterSafe WebFilter」 製品概要

(1) 8年連続国内トップシェアを獲得
「InterSafe WebFilter」は、企業、官公庁、学校、家庭、ISP、携帯電話など、約1,000万端末以上、全国の学校や教育委員会など、学校には約20,000校以上の導入実績があります。2010年度シェアNo.1(※3)、8年連続でシェアNo.1(※4)を獲得しているほか、「日本PTA全国協議会推奨商品」に認定されており、国産製品ならではの充実したサポート体制のため、安心して利用できるフィルタリングソフトとして、教育現場で定着しています。
(2) 携帯電話会社5社にも採用されている、高精度データベースを提供
「InterSafe WebFilter」のURLデータベースは、ALSIのグループ会社であるネットスター株式会社より提供されており、 2011年6月現在、3億1957万7118ページ(77カテゴリ)に及ぶURLデータベースが登録されています。日本国内最大規模の約40名の専任リサーチャーが目視で確認し、毎日更新しております(URLリサーチセンター:仙台・東京・中国)。「InterSafe WebFilter」およびURLデータベースは、携帯電話会社5社(NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイル、ウィルコム、イー・モバイル)にも採用されております。
(3) ログ分析により、利用状況の迅速な解析が可能
組織全体の利用状況から個々のユーザの利用状況まで、インターネットの利用状況を様々な角度から容易に分析することが可能です。52種類300通り以上のレポートを作成し、掲示板やウェブメールなどの書込み内容や、アップロードファイルなどのPOSTログの取得に加え、検索キーワードや書き込みキーワードのログの取得が可能となり、情報漏洩対策、利用状況の把握をすることができます。
※1:ICAP版のみとなります  ※2:HTTPS通信の解析は、Proxy版のみの対応となります。
※3:出典:株式会社アイ・ティ・アール「ITR Market View:ネットワーク&セキュリティ・アプライアンス市場2011」
※4:各種調査機関のデータをベースにした弊社調べ
※掲載されている会社名及び商品名は各社の商標または登録商標です。
このリリースに関するお問い合わせ先・取材受付先
アルプス システム インテグレーション株式会社  URL http://www.alsi.co.jp/
〒145-0067 東京都大田区雪谷大塚町1-7
広報担当:桑野 宏子( kuwano@alsi.co.jp ) TEL:(03)5499-8043 FAX:(03)3726-7050

ニュース一覧へ

ページトップへ戻る