ニュース

ニュース

  1. >
  2. >

2011年のニュース

ALSI ログ分析ソフト「InterSafe LogDirector」
仮想化環境に対応した新版を9月8日より発売
サーバ台数の削減、消費電力の低減を実現
ALSI ログ分析ソフト「InterSafe LogDirector」 仮想化環境に対応した新版を9月8日より発売 サーバ台数の削減、消費電力の低減を実現

2011年09月01日

 アルプス システム インテグレーション株式会社(本社:東京都大田区、代表取締役社長:麻地 德男、以下ALSI(アルシー〕)は、Webフィルタリングソフト「InterSafe WebFilter(インターセーフ ウェブフィルター)」のログ分析ソフト「InterSafe LogDirector(インターセーフ ログディレクター)」をバージョンアップし、2011年9月8日より発売開始することを発表いたします。

製品名 ログ分析ソフト「InterSafe LogDirector Ver. 2.1」(Basic/Professional)
発売開始日 2011年9月8日
ターゲット 企業、自治体、官公庁、学校 など
価格
  • Basic    : 無償 (「InterSafe WebFilter」にバンドル)
  • Professional : 有償 (価格はお問い合わせください)
バージョンアップの主な特長
  1. 仮想化環境(Hyper-V/VMware)に対応
  2. 「InterSafe WebFilter Ver. 7.0 on IPv6」に対応
詳細情報URL http://www.alsi.co.jp/security/isld/

バージョンアップの特長

 現在、企業や自治体、官公庁などにおいて、Webサイトを経由した「情報漏洩」や「ウイルス感染」、業務に不要なサイトへのアクセスによる「業務効率の低下」などを防止するため、Webフィルタリングソフトの導入が進んでおります。また、フィルタリングソフトを利用すると共に、組織内のインターネットアクセスの状況や実態を適切に把握・分析し、セキュリティポリシーの改善や監視を行っていくことも、重要な対策となります。

ログ分析ソフト「InterSafe LogDirector」活用イメージ
▲ログ分析ソフト「InterSafe LogDirector」活用イメージ

 ALSIは、組織内のインターネットアクセス管理を実現するWebフィルタリングソフト「InterSafe WebFilter」を販売し、企業、官公庁など、約1,000万端末以上の導入実績があり、2010年度シェアNo.1(※1)、8年連続でシェア1位(※2)を獲得しております。「InterSafe WebFilter」は、Webメールや掲示板、SNS/ブログへの書き込み規制による情報漏洩対策、ウイルス・スパイウェアサイト対策、適切な運用を把握できる内部統制対応機能を搭載し、企業や官公庁、自治体におけるセキュリティ対策を強固に行うことができる製品です。

 「InterSafe LogDirector」は、「InterSafe WebFilter」で取り込んだアクセスログを閲覧・分析することができる無償バンドル(※3)のログ分析ソフトで、組織内の誰が、いつ、どんなサイトで、何を行ったのかを明らかにすることができるため、インターネットアクセスの問題点の洗い出しや動向調査、改善に役立てることが可能です。

 この度、バージョンアップした「InterSafe LogDirector Ver. 2.1」では、近年利用ニーズが急増している「仮想化環境」(Hyper-V2.0、VMware vSphere4.1[ESX4.1およびESXi4.1])に対応いたします。仮想化に対応することにより、サーバ台数を削減することができ、ハードウェア費用や保守費などの経費削減や、消費電力の低減に貢献いたします。また、本年7月より発売を開始した、業界初のIPv6対応Webフィルタリングソフト「InterSafe WebFilter Ver. 7.0 on IPv6」より出力されるログの取り込みにも対応いたします。これにより、IPv6を利用したPCのアクセス管理や、IPv6リモートサイトへのアクセス動向調査や分析が可能となります。

 今後もALSIは、お客様の多様なニーズにいち早く対応し、インターネットのアクセスマネジメントを実現する様々なセキュリティ対策製品を提供してまいります。

ログ分析ソフト「InterSafe LogDirector」製品概要

  • マウスクリックのみの簡単操作でユーザ行動をドリルダウン(絞込み)で追跡
  • 最適化されたデータベースで大容量ログを自在に高速検索
  • 報告書としての利用に最適な300通り以上のグラフィカルなレポートをワンクリックで作成
  • 定期的にレポートを自動配信
  • 問題行動を検地してアラート通知
  • 書き込み・アップロードデータを解読・復元
(1) 「ドリルダウンレポート」で追跡型傾向分析
マウスクリックで条件を絞ることができ、「誰がいつどこに何件アクセスしたのか」などを素早く把握することができます。
「ドリルダウンレポート」で追跡型傾向分析
(2) 書き込みデータを「解読」、添付ファイルを「復元」
掲示板への書き込みや、Webメールに添付され社外に転送されたファイルをポストログから検索し、復元することができます。
書き込みデータを「解読」、添付ファイルを「復元」
(3) 「アラート機能」で不正利用者を検知
一定のしきい値に到達すると、管理者にアラートメールを自動送信します。 結果は管理画面で確認することができ、具体的なアクセスログも調査できます。
「アラート機能」で不正利用者を検知
(4) 「グループ管理者機能」による部門単位の管理
部門(グループ)単位で管理者を設けることで、必要な情報だけを集計し提供することができます。
「グループ管理者機能」による部門単位の管理
※掲載されている会社名及び商品名は各社の商標または登録商標です。
※1:出典:株式会社アイ・ティ・アール「ITR Market View:ネットワーク&セキュリティ・アプライアンス市場2011」
※2:各種調査機関のデータをベースにした弊社調べ
※3:無償バンドルはBasic版のみ。Professional版は有償となります。
このリリースに関するお問い合わせ先・取材受付先
アルプス システム インテグレーション株式会社  URL http://www.alsi.co.jp/
〒145-0067 東京都大田区雪谷大塚町1-7
広報担当:桑野 宏子( kuwano@alsi.co.jp ) TEL:(03)5499-8043 FAX:(03)3726-7050

ニュース一覧へ

ページトップへ戻る