ニュース

ニュース

  1. >
  2. >

2012年のニュース

ALSI 情報漏洩防止対策ソリューション「InterSafe ILP」
VMwareのデスクトップ仮想化ソリューション
「VMware View 5.1」環境に正式対応
ALSI 情報漏洩防止対策ソリューション「InterSafe ILP」 VMwareのデスクトップ仮想化ソリューション 「VMware View 5.1」環境に正式対応

2012年07月04日

 アルプス システム インテグレーション株式会社(本社:東京都大田区、代表取締役社長:麻地 德男、以下ALSI〔アルシー〕)は、2012年7月より情報漏洩対策ソリューション「InterSafe ILP」を、ヴイエムウェア株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:三木 泰雄、以下VMware)が提供するデスクトップ仮想化ソリューション「VMware View 5.1」環境に正式対応したことを発表いたします。今回の対応により、仮想化環境におけるきめ細かいデバイス管理を実現し、企業の情報漏洩対策強化を支援いたします。

製品対応の背景

 現在企業では、デスクトップ仮想化ソリューションのニーズが高まっております。ITリソースやアプリケーション、データの集中管理などによりコストを削減することができるほか、重要情報や機密情報を社外に持ち出すことなく、オフィス以外の場所でも安全に業務を行うことが可能となるため、導入のニーズは今後さらに拡大していくものと考えられます。

 また、昨今の節電意識の高まりにより、「テレワーク」の導入も加速しています。「情報通信技術(ICT)を活用した場所や時間にとらわれない柔軟な働き方」として、「ワークライフバランス(出産・子育て・老齢)」や「省エネ活動」、「障害者雇用の拡大」、「事業継続計画(BCP)」の観点からも、その効果は実証されております。パソコン等の性能の向上やデータ通信の高速化、通信エリアの拡大、スマートフォンやタブレット端末の普及とも相俟って、テレワーク人口やテレワーク時間は増加傾向にあり、オフィス以外で業務を行うことができる環境づくりが求められています。

 デスクトップ仮想化は、企業のワークスタイルの多様化に最適なソリューションとして注目されていますが、USBメモリなど外部デバイスの利用を制御することができないため、全面移行することができない企業も多く、仮想化環境におけるきめ細かいデバイス管理、外部デバイス利用時のセキュリティ対策が求められています。

 そこでALSIは、情報漏洩対策ソリューション「InterSafe ILP」を、VMwareが提供するデスクトップ仮想化ソリューション「VMware View 5.1」に対応し、仮想デスクトップ環境におけるデバイス制御を実現いたします。これにより、社外においても社内と同様の強固なセキュリティ対策を講じることができ、仮想化環境における情報漏洩対策を実現いたします。

<VMware対応による効果>
  • 情報漏洩対策
    許可したUSBデバイスのみ使用可能とし、セキュリティUSBメモリによる認証・暗号化を実現
  • フレキシブルな対応
    一時的なファイルの持ち出しも、ワークフローで承認を受け、ファイル単位、デバイス単位で使用することが可能
  • 管理者の負担軽減
    管理グループごとにセキュリティ管理者を設定し、権限を委譲することが可能
(1) デバイス制御(InterSafe DeviceControl)
クライアントPCから、ファイル持ち出しルートを遮断いたします。
(2) セキュリティUSBメモリ作成(InterSafe SecureDevice)
汎用USBメモリをセキュリティUSBメモリ(暗号化)に変換いたします。コピーガード機能により、USBメモリの安全性を高めます。
(3) ファイル持出申請(InterSafe Workflow)
データの持ち出しをファイル単位で上長に承認することができます。持ち出した履歴を残すことも可能です。

情報漏洩防止ソリューション「InterSafe ILP」について

 「InterSafe ILP」は、「重要情報を保護」「外部デバイスへ不正に持出しさせない」「持出し後のファイルを安全に活用する」をオールインワンで実現する情報漏洩対策ソリューションです。4つの製品で構成され、アクセス制限も付与できるファイル自動暗号化ソフト「InterSafe IRM」、外部デバイスへのデータ持出制御が可能なデバイス制御ソフト「InterSafe DeviceControl」、データの持ち出しをワークフローで管理するWeb型申請承認ソフト「InterSafe WorkFlow」、安全に持出すためのセキュリティUSBメモリが作成できるセキュリティUSBメモリ作成ソフト「InterSafe SecureDevice Ultimate」により、企業内部からの情報漏洩を強固に防止いたします。各製品を単独で利用することはもちろんのこと、組み合わせて利用することも可能です。
※掲載されている会社名及び商品名は各社の商標または登録商標です。
※ILPとは「Information Leak Protection」の略です。
※InterSafe WorkFlowご利用の際には、InterSafe DeviceControlが必須です。
このリリースに関するお問い合わせ先・取材受付先
アルプス システム インテグレーション株式会社  URL http://www.alsi.co.jp/
〒145-0067 東京都大田区雪谷大塚町1-7
広報担当:桑野 宏子( kuwano@alsi.co.jp ) TEL:(03)5499-8043 FAX:(03)3726-7050

ニュース一覧へ

ページトップへ戻る