ニュース

ニュース

  1. >
  2. >

2013年のニュース

ALSI 一般社団法人コンテンツ海外流通促進機構と協力し
海外の著作権侵害サイトをWebフィルタリングで規制
ALSI 一般社団法人コンテンツ海外流通促進機構と協力し 海外の著作権侵害サイトをWebフィルタリングで規制
– 海賊版サイトなど、海外の著作権侵害サイトへのアクセス抑止に協力 –

2013年12月05日

 アルプス システム インテグレーション株式会社(本社:東京都大田区、代表取締役社長:麻地 德男、以下ALSI〔アルシー〕)は、一般社団法人コンテンツ海外流通促進機構(事務局:東京都中央区、代表理事:桐畑 敏春、以下CODA)が実施する、海外の著作権侵害サイトへの日本からのアクセスを抑止する取り組みに賛同し、提供される著作権侵害サイトURLをWebフィルタリングソフトのURLデータベースへ登録することでアクセス抑止に協力することを発表いたします。

取り組みの概要

 CODA(Content Overseas Distribution Association)は、音楽、映画、アニメ、放送番組、ゲームなど、日本のコンテンツの海外流通を支援することを目的に、海外における海賊版対策などの活動を行っている組織です。アジアを中心とした海賊版摘発や、違法アップロードの監視・削除の実施などを通じ、知的財産の保護に関するサービスを提供しています。

 この度のCODAの取り組みは、ALSIほか4社の情報セキュリティ関連企業が協力し、CODAが把握する海外の著作権侵害サイトの情報を共有し、セキュリティソフト・サービスの利用者がこれらの侵害サイトにアクセスしようとした際に、設定によって侵害サイトへのアクセスをブロックしたり、注意喚起のメッセージを利用者のパソコン画面に表示するなど、違法サイトへのアクセスを抑制いたします。この取り組みにより、日本のコンテンツの権利保護を強化するほか、セキュリティソフト・サービスの利用者の著作権保護意識の普及・向上を目指し、違法ダウンロードの刑罰化に関連して、侵害行為そのものの抑制につながることが期待されています。

 ALSI はCODA から提供される海外の著作権侵害サイトURLを自社提供のWebフィルタリングソフトで規制されるように登録し、海賊版販売サイトなどの違法なサイトへのアクセスを規制いたします。これにより、日本のコンテンツの著作権保護および適切な流通に貢献いたします。

ALSIについて

 ALSIは、1996年に日本で初めてフィルタリング事業を開始したフィルタリングソフトのパイオニアとして、2000年より自社開発のWebフィルタリングソフト「InterSafe WebFilter」を販売しております。同製品は企業、官公庁、学校、家庭、ISP、携帯電話など、約1100万端末以上、全国の学校や教育委員会など、約20000校以上の導入実績があり、「日本PTA全国協議会推奨商品」にも認定されています。また、子会社のネットスターが提供するウエブコンテンツ・データベースサービス(2013年12月現在29億7469万件以上登録)は国内すべての携帯電話事業者およびPHS事業者(※1)をはじめ、官公庁や日経優良企業ランキング上位社など品質に厳しい大規模ユーザで多く採用されています。

 ALSIは今後も関係機関との協力を強化し、安心してインターネットをご利用いただける環境作りに取り組んでまいります。

組織概要・会社概要

一般社団法人コンテンツ海外流通促進機構
設立 2002年8月2日
代表理事 桐畑 敏春
事務局所在地 東京都中央区築地2-11-24 第29興和ビル別館2F
活動内容 海外における日本コンテンツの流通促進に向けた知的財産の保護・啓発 など
アルプス システム インテグレーション株式会社
設立 1990年4月2日
資本金 2億50万円
代表取締役社長 麻地 德男
本社所在地 東京都大田区雪谷大塚町1-7
事業内容 製造流通ソリューション、セキュリティソリューション、ファームウェア開発
※掲載されている会社名及び商品名は各社の商標または登録商標です。 ※1:ドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイル、ウィルコム、イー・アクセスの各社が構築・運営するフィルタリングシステム向けに毎日最新リストを配信
このリリースに関するお問い合わせ先・取材受付先
アルプス システム インテグレーション株式会社  URL http://www.alsi.co.jp/
〒145-0067 東京都大田区雪谷大塚町1-7
広報担当:桑野 宏子( kuwano@alsi.co.jp ) TEL:(03)5499-8043 FAX:(03)3726-7050

ニュース一覧へ

ページトップへ戻る