ニュース

ニュース

  1. >
  2. >

2015年のニュース

ALSI 消費者庁からの協力要請に対応し
特定商取引法上の表示義務に違反した
「危険ドラッグ」の通販サイトをWebフィルタリングソフトで閲覧制限
ALSI 消費者庁からの協力要請に対応し 特定商取引法上の表示義務に違反した 「危険ドラッグ」の通販サイトをWebフィルタリングソフトで閲覧制限

2015年03月24日

 アルプス システム インテグレーション株式会社(本社:東京都大田区、代表取締役社長:麻地 德男、以下ALSI〔アルシー〕)は、消費者庁からの協力要請に対応し、特定商取引法上の表示義務違反がある「危険ドラッグ」の通販サイトをフィルタリングのURLデータベースに登録したことを発表いたします。

 この度の消費者庁の協力要請に対応することにより、当社Webフィルタリング製品の利用者は当該ウェブサイトの閲覧が「違法と思われる薬物」として制限されるため、消費者の被害を未然に防止します。

対応内容

協力要請内容 消費者庁 特定商取引に関する法律に基づく行政処分に関する協力依頼
(昭和51年法律第57号)第14条第1項
実施日 2015年3月24日
当社対応内容 フィルタリング製品のURLデータベースに当該ウェブサイトを登録し、 当社フィルタリング製品利用者の閲覧を制限
(登録カテゴリ・・・ メインカテゴリ「不法」、サブカテゴリ「違法と思われる薬物」)

フィルタリングの取り組みについて

 ALSIは、日本のフィルタリングの草分け事業者として1996年よりフィルタリング事業を開始し、2000年より自社開発のWebフィルタリングソフト「InterSafe WebFilter(インターセーフ ウェブフィルター)」を開発・販売しております。発売以来、企業、官公庁、学校、家庭、ISP、携帯電話など、約1,500万端末以上、全国の学校や教育委員会など、約20,000校以上の導入実績があり、「日本PTA全国協議会推奨商品」にも認定されています。

 フィルタリング製品のURLデータベースは、ALSIの子会社ネットスター株式会社が提供しており、登録件数が33億1,646万コンテンツ(※1)に上り、国内すべての携帯電話事業者およびPHS事業者(※2)をはじめ、官公庁や企業などに採用されています。

 またALSIは、フィルタリング製品の開発・販売の傍ら東京都や財団法人インターネット協会、NPO日本ネットワークセキュリティ協会、全国読売防犯協力会、日本薬物対策協会など、多くの団体と連携し、社会貢献活動やフィルタリング普及啓発活動にも参画しております。特に最近は、スマートフォンやタブレットなどの利用者が急増し、低年齢化が進んでいることから、子どもたちや保護者に対して、インターネット利用環境に潜む危険を回避するための最新知識やフィルタリングの必要性、家庭でのルール作りと相談しやすい環境作りなど、フィルタリング普及啓発に向けた講演活動を積極的に行っております。

 今後もALSIは、行政および各種業界団体等との連携・協力を行い、安心して利用することができるインターネット環境を提供し、社会に貢献できるサービスの提供に努めてまいります。

※掲載されている会社名及び商品名は各社の商標または登録商標です。 ※1: 2015年3月現在の登録件数
※2: ドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイル、ワイモバイルの各社が構築・運営するフィルタリングシステム向けに毎日最新リストを配信
このリリースに関するお問い合わせ先・取材受付先
アルプス システム インテグレーション株式会社  URL http://www.alsi.co.jp/
〒145-0067 東京都大田区雪谷大塚町1-7
広報担当:桑野 宏子( kuwano@alsi.co.jp ) TEL:03-5499-8043 FAX:03-3726-7050

ニュース一覧へ

ページトップへ戻る