ニュース

ニュース

  1. >
  2. >

2016年のニュース

ALSI Webフィルタリングソフトの新バージョン
「InterSafe WebFilter Ver. 8.5 SP2」を8月31日より販売開始
ALSI Webフィルタリングソフトの新バージョン 「InterSafe WebFilter Ver. 8.5 SP2」を8月31日より販売開始
– 「脅威情報自動登録オプション」を追加し標的型攻撃対策強化
新機能「サービスフィルタ」でWebサービスの柔軟な制御を実現 –

2016年08月31日

 アルプス システム インテグレーション株式会社(本社:東京都大田区、代表取締役社長:永倉 仁哉、以下ALSI〔アルシー〕)は、Webフィルタリングソフト「InterSafe WebFilter(インターセーフ ウェブフィルター)」をバージョンアップし、2016年8月31日より販売を開始いたします。

製品名 Webフィルタリングソフト「InterSafe WebFilter Ver. 8.5 SP2」
販売開始 2016年8月31日
ターゲット 企業、自治体、官公庁 など
販売価格(税別) 5ユーザ:一般ライセンス 50,000円~ / 脅威情報自動登録オプション(ARMS) 17,500円~
詳細情報URL http://www.alsi.co.jp/security/is/

バージョンアップによる強化ポイント

 この度、発売を開始する「InterSafe WebFilter Ver. 8.5 SP2」の主な強化ポイントは、以下となります。

(1)標的型攻撃対策の強化
  1. 新バージョンでは、標的型攻撃対策製品(※1)が検知した脅威情報をリアルタイムでURLデータベースに登録して通信を遮断する「脅威情報自動登録オプション(ARMS)」(※2)を追加します。マルウェア感染端末とC&Cサーバーの不正な通信の検知・遮断に加え、業界初となるFireEye社のメールセキュリティ製品「EXシリーズ」との連携により、標的型メール攻撃への即時対応を実現いたします。
  2. 脆弱性のあるセキュリティリスクの高い通信プロトコルの利用を規制します。リモートツールなど外部への不正通信に使用される恐れがあるプロトコルを予め規制しておくことで、出口対策を強化します。(※3)
  3. 動的に変動するユーザのグローバルIPアドレスに対して、固定のホスト名でつなぐ「ダイナミックDNS」カテゴリを新設し、情報窃取を目的とした不正サイトへの誘導やマルウェア感染による情報漏洩を防止します。
    連携イメージ例
(2)Webサービスの柔軟な制御
新機能「サービスフィルタ」を追加し、必要なWebサービスの利用だけを簡単に許可できるようになります。これまでは、Webサービスの規制を解除するために複数のURLを登録しなければならない場合が多く、管理者の負担になっていました。サービスフィルタを使用することで、私的利用につながるSNSの利用を禁止している場合でも、業務や授業でTwitterやFacebookを利用したい場合、管理画面で該当のWebサービスを選択するだけで規制の解除が可能になり、Webサービスの安全な業務活用を実現します。
Webサービスの柔軟な制御
(3)例外URL機能の拡張
例外URLを最大10万件まで登録できるようになります。また、指定のフォーマットで配置されたURLの自動登録や、期限切れURLの自動削除、規制専用カテゴリによる登録URLへのアクセス一括規制など、利便性が向上します。
(4)情報漏洩リスクのあるカテゴリのみHTTPS解析を有効化
クレジットカード番号や銀行口座番号を入力する金融カテゴリなど、業務に関連しない個人情報を利用するカテゴリはHTTPS解析を行わず、業務上の機密情報漏洩リスクのあるカテゴリのみHTTPS解析を行うことができるようにするなど、設定のON/OFFを柔軟に選択できるようになります。

 今回のバージョンアップを詳しく紹介する2つのセミナーを開催します。

■「事例」から紐解く!標的型攻撃対策セミナー
  • 日 時: 2016年9月13日(火) 14:00~16:00 (受付13:30~)
  • 場 所: マクニカネットワークス株式会社 本社
    (横浜市港北区新横浜1-5-5 マクニカ第2ビル  地下1階 セミナールームA)
  • 主 催: アルプス システム インテグレーション株式会社
  • 共 催: マクニカネットワークス株式会社
  • 対 象: IT最新技術に興味のある方、セキュリティに興味のある方、情報システム管理者、企業経営者の方
  • 参加費: 無料
  • 申込み: https://alsi-iss.jp/security/seminar/20160913/
■FireEyeと実現する標的型攻撃対策セミナー
  • 日 時: 2016年9月15日(木) 15:00~17:00 (受付14:30~)
  • 場 所: ALSI 白金台オフィス(東京都港区白金台3-2-10 白金台ビル7F)
  • 主 催: アルプス システム インテグレーション株式会社
  • 共 催: ファイア・アイ株式会社
  • 対 象: IT最新技術に興味のある方、セキュリティに興味のある方、情報システム管理者、企業経営者の方
  • 参加費: 無料
  • 申込み: https://alsi-iss.jp/security/seminar/20160915/
※掲載されている会社名及び商品名は各社の商標または登録商標です。
※1:連携対応製品(2016年8月現在):FireEye社 NX/EXシリーズ(対象機種についてはお問い合わせください)
※2:ARMS;Automatic registration service for Malware Siteの略。本オプションを利用するには別途ライセンスが必要です。
※3:Proxy版のみの提供となります。
このリリースに関するお問い合わせ先・取材受付先
アルプス システム インテグレーション株式会社  URL http://www.alsi.co.jp/
〒145-0067 東京都大田区雪谷大塚町1-7
広報担当:桑野 宏子( kuwano@alsi.co.jp ) TEL:03-5499-8043 FAX:03-3726-7050

ニュース一覧へ

ページトップへ戻る