ニュース

ニュース

  1. >
  2. >

2016年のニュース

ALSI イアス株式会社と協業し
電子帳簿保存法対応のERPフロントソリューション
「ECOAS 経費・旅費精算」を提供開始
ALSI イアス株式会社と協業し 電子帳簿保存法対応のERPフロントソリューション 「ECOAS 経費・旅費精算」を提供開始

2016年09月28日

 アルプス システム インテグレーション株式会社(本社:東京都大田区、代表取締役社長:永倉仁哉、以下ALSI〔アルシー〕)は、業務最適型文書管理ソリューション「QuickBinder for iAP」を提供するイアス株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:草彅清幸、以下イアス)と協業し、2016年の税制改正による電子帳簿保存法に対応したERPフロントソリューション「ECOAS 経費・旅費精算」の提供を開始いたします。

シリーズ名 ERPフロントソリューション「ECOAS(エコーズ)」
対応ソリューション ECOAS経費・旅費精算
協業企業名 イアス株式会社
ターゲット 大規模~中堅・中小企業
詳細情報URL http://www.alsi.co.jp/industry/ecoas/

電子帳簿保存法対応の背景

 電子帳簿保存法は、1998年7月に施行された法律で、国税関係帳簿に対し紙の書面に代えて電磁的記録等による保存を認めた法律です。その後2005年3月に改正され、特に重要な文書である決算関係書類や帳簿、一部の契約書・領収書を除き、原則的に全ての書類を対象に、真実性・可視性を確保できる要件の下で、スキャナを利用して作成された電磁的記録による保存(スキャナ保存制度)が認められるようになりました。さらに2016年には規制緩和の流れを受け、対象書類にかかる金額上限の撤廃が行われるなど、スキャナ保存制度の改正が行われています。スキャナ保存制度並びに電子取引の取引情報の保存の真実性確保の一部要件として、タイムスタンプが義務付けられています。


イメージ図

▲「ECOAS経費・旅費精算」と文書管理システムの連携イメージ

 この度ALSIはイアスと提携し、2016年の税制改正による電子帳簿保存法に対応したソリューションを提供開始いたします。

 デジタルカメラ(スマートフォン)や複合機で電子化した領収書へのタイムスタンプ付与が可能となり、イアスの文書管理システムとの連携で、煩雑な領収書管理の電子化を実現いたします。


 「ECOAS経費・旅費精算」における申請から承認までの流れは、以下の通りです。


① 申請者は、文書管理システムへ領収書画像送付

② 文書管理システム、タイムスタンプソリューションにてタイムスタンプを付与、文書を登録

③ 上長はタイムスタンプが押された領収書を確認後、承認(不備がある場合は差し戻し)

④ 上長の承認を受けた領収書のみ、経理部門が承認


 このような一連の流れをワークフローシステム上でスムーズに行うことができるため、エビデンスの記録・保存、内部不正の防止など、コンプライアンス上の課題も解決することができます。ALSIは「ECOAS経費・旅費精算」の導入経験・ノウハウから、お客様の環境に合わせた最適なソリューションを提供し、経費・旅費精算からの電子帳簿保存法対応を支援いたします。イアスの文書管理システムとの連携により、これまで煩雑となっていた領収書の管理を電子化し、お客様業務効率を強力にバックアップいたします。


 本ニュースリリースに際して、イアス株式会社より次のエンドースメントをいただいております。


 イアス株式会社は、アルプスシステムインテグレーション株式会社と協業し、当社の業務最適型文書管理ソリューション「QuickBinder」をERPフロントソリューション「ECOAS 経費・旅費精算」と連携することを大変うれしく思います。
 アルプスシステムインテグレーション株式会社には、「QuickBinder」をお客様にご導入していただき、お客様が抱える様々な文書管理の課題を解決し、安心してご利用いただける環境を実現いただいて以来、お世話になっております。今後もイアス株式会社は、アルプスシステムインテグレーション株式会社と連携し、より多くの企業様の業務改革に貢献できるよう協業を加速してまいります。
イアス株式会社
代表取締役社長 草彅 清幸

電子帳簿保存法対応「ECOAS経費・旅費精算」 導入の効果

 電子帳簿保存法に対応した「ECOAS経費・旅費精算」を導入することで、業務の効率化、人件費の削減、事務作業負担の軽減、ペーパーレス化によるコスト削減、保存スペースの削減など、企業にとって様々な効果を生み出します。


① 業務効率化による人件費・労力の削減

 ・ファイリングなどの労力・人件費を削減
 ・領収書などの郵送代(本社などへの郵送費用)の削減
 ・領収書台紙貼り付けなどの工数削減
 ・発送の手間と到着までのリードタイム削減
 ・該当書類の検索性の向上

② 業務効率化による人件費・労力の削減

③ 保存スペースの削減

ERPフロントソリューション「ECOAS」シリーズ概要

イメージ図

 「ECOAS」は、ワークフローを活用したERPフロントソリューションで、約4,800社以上の導入実績がある株式会社NTTデータ イントラマート(本社:東京都港区、代表取締役社長:中山義人、以下イントラマート社)の次世代システム基盤「intra-mart」に対応したワークフロー製品を活用し、業務効率の向上やビジネスの加速化を支援するソリューションです。


 2016年9月より、「ECOAS SAP会計伝票申請」、「ECOAS SAPマスタ登録ワークフロー」、「ECOAS SAPユーザID申請」、「ECOAS SAPアクセスコントロール」を新たなソリューションとして追加し、「ECOAS経費・旅費精算」と合わせて5つのソリューションを提供しています。


連携製品「QuickBinder for iAP」の特長

 イアスが提供する「QuickBinder for iAP」は、intra-martの「Accel Platform」で動作する文書管理システムです。様々な業務との連携を実現できる柔軟な連携機能により、文書管理システムとしての活用のみならず、業務システムで発生する様々な文書を、QuickBinderの基本機能である、検索機能、細かなアクセス権設定、ライフサイクル、版管理、ログ機能を生かし、一元管理することができます。


このリリースに関するお問い合わせ先・取材受付先
アルプス システム インテグレーション株式会社  URL http://www.alsi.co.jp/
〒145-0067 東京都大田区雪谷大塚町1-7
広報担当:桑野 宏子( kuwano@alsi.co.jp ) TEL:03-5499-8043 FAX:03-3726-7050

ニュース一覧へ

ページトップへ戻る