ニュース

ニュース

  1. >
  2. >

2016年のニュース

ALSI 国内Webセキュリティ市場で
ベンダー別売上額シェア1位を獲得 (2014年~2015年)
ALSI 国内Webセキュリティ市場で ベンダー別売上額シェア1位を獲得 (2014年~2015年)

2016年11月09日

 アルプス システム インテグレーション株式会社(本社:東京都大田区、代表取締役社長:永倉 仁哉、以下ALSI〔アルシー〕)は、IDC Japan株式会社(以下、IDC Japan)が発行した「国内情報セキュリティ製品市場シェア、2015年:外部脅威対策製品および内部脅威対策製品(Report#JPJ40602616)」において、2014~2015年の国内Webセキュリティ市場ベンダー別売上額シェアで1位を獲得したことを発表いたします。

国内Webセキュリティ市場の概況

国内Webセキュリティ市場 ベンダー別売上額/シェア、2014~2015年
▲国内Webセキュリティ市場 ベンダー別売上額/シェア、2014~2015年

 IDC Japanの調査によると、ALSIは2015年に国内Webセキュリティ市場ベンダー別売上額シェアが25.9%で1位を獲得いたしました。 IDC Japanからは、「アルプスシステムインテグレーションは、従来のURLフィルタリング機能に加え、脅威サイトへのアクセスを遮断するなどの入口対策や、マルウェア感染後にC&Cサーバーとの通信を遮断し情報漏洩を防ぐなどの出口対策が行える機能を製品に備え、標的型サイバー攻撃対策需要を取り込んでいる。さらに、資産管理ベンダーと協業し、資産管理と連携した情報漏洩対策といった新たな市場を開拓し、売上を伸ばしている。」と講評いただいています。

 ALSIはWebセキュリティ市場のトップベンダーとして、今後もお客様の安全なIT環境の提供に尽力し、利用満足度の向上に努めてまいります。さらに、下記の新サービスを市場に投入することで、これまで以上に事業の拡大を目指してまいります。

クラウドで手間なく利用できる新セキュリティサービス
「InterSafe GatewayConnection」の提供を開始

クラウドで手間なく利用できる新セキュリティサービス「InterSafe GatewayConnection」の提供を開始

 この度ALSIは、クラウド型多層セキュリティゲートウェイサービス「InterSafe GatewayConnection」(インターセーフ ゲートウェイコネクション、以下ISGC)の提供を開始しました。

 サイバー攻撃は年々高度化し、攻撃の侵入を100%防ぐことはもはや不可能な時代となっています。ISGCは情報の出口における多層防御を実現する、新しいセキュリティサービスです。

 クラウドサービスのため、1ユーザあたり月額450円(※1)で利用することができ、クラウドならではの「即時性」と「手軽さ」で、システム管理者のセキュリティ対策を強力にサポートします。

 第1弾として、最新の脅威へのアクセスをブロックする「サイバー攻撃対策」と「Webフィルタリング」の2つの新サービスの提供を開始します。今後、順次ラインナップを拡張していく予定です。

【 詳細情報 】 http://www.alsi.co.jp/security/isgc/new/

※掲載されている会社名及び商品名は各社の商標または登録商標です。
※出典:IDC Japan, 2016年8月「国内情報セキュリティ製品市場シェア、2015年: 外部脅威対策製品および内部脅威対策製品」(Report# JPJ40602616)
※1:300ユーザの場合の月額価格です。Webフィルタリングサービス450円、サイバー攻撃対策サービス 550円。
このリリースに関するお問い合わせ先・取材受付先
アルプス システム インテグレーション株式会社  URL http://www.alsi.co.jp/
〒145-0067 東京都大田区雪谷大塚町1-7
広報担当:桑野 宏子( kuwano@alsi.co.jp ) TEL:03-5499-8043 FAX:03-3726-7050

ニュース一覧へ

ページトップへ戻る