ニュース

ニュース

  1. >
  2. >

2017年のニュース

ALSI フィルタリングサービス「サイトアンパイア」が
NEC製ルータ「UNIVERGE IXシリーズ」に採用
ALSI フィルタリングサービス「サイトアンパイア」が NEC製ルータ「UNIVERGE IXシリーズ」に採用
– YouTube、FacebookなどのHTTPS通信制御に初対応 –

2017年03月14日

 アルプス システム インテグレーション株式会社(本社 東京都大田区、代表取締役社長 永倉 仁哉、以下ALSI〔アルシー〕)は、日本電気株式会社(本社 東京都港区、代表取締役 執行役員社長 兼CEO新野 隆、以下NEC)のVPN対応高速アクセスルータ「UNIVERGE IXシリーズ」に搭載されるURLフィルタリング機能に、中小規模ネットワーク向けルータ型フィルタリングサービス「サイトアンパイア」を提供開始することを発表いたします。

提供サービス 中小規模ネットワーク向け ルータ型フィルタリングサービス「サイトアンパイア」
対応製品 VPN対応高速アクセスルータ「UNIVERGE IX(ユニバージュ・アイエックス)シリーズ」
サービス提供開始日 2017年3月21日
詳細情報 http://www.alsi.co.jp/security/siteumpire/

提供概要

 NECの「UNIVERGE IXシリーズ」は、高速化が進むブロードバンド回線でのVPN構築に適した企業向けの高速アクセスルータです。小型ルータとしては業界最高クラスの転送性能・暗号化(IPsec)性能を実現するとともに、ブロードバンド回線の他にも、ISDNやデータコネクト(NGN)、ワイヤレス回線(無線WAN)、光ファイバー接続など、多様な回線サービスに対応しており、お客様の様々なビジネスニーズに対して高いパフォーマンスと信頼性で応える製品です。

「サイトアンパイア」と「UNIVERGE IXシリーズ」の連携イメージ
▲「サイトアンパイア」と「UNIVERGE IXシリーズ」の連携イメージ

 昨今、企業の規模を問わず、多種多様なインシデントが日々発生しています。特に、従業員によるインターネット経由の機密情報漏洩や、マルウェア・ランサムウェアなど拡大する脅威への対策が求められる一方で、中小規模の企業においては、導入コストや運用管理者の確保が課題となっています。

 この度、ビジネスルータ上で動作するALSIのフィルタリングサービス「サイトアンパイア」が「UNIVERGE IXシリーズ」のURLフィルタリング機能に採用されることで、ソフトウェア製品と比較して導入・運用コストを大幅に削減し、管理者が手軽にセキュリティ強化を図ることができるようになります。また、今回の「UNIVERGE IXシリーズ」との連携で初めて、暗号化されたHTTPS通信を復号化せずにフィルタリングし、利用者の機密情報を守りながら不適切なサイトへの通信を制御することが可能となります。なお、既に「UNIVERGE IXシリーズ」をご利用のお客様は、Ver.9.5以降のファームウェアへバージョンアップすることでサイトアンパイアを利用することができます。

 本ニュースリリースに際して、NEC様より以下のエンドースメントをいただいております。

NECは、「UNIVERGE IXシリーズ」のURLフィルタリング機能に、アルプス システム インテグレーション株式会社の「サイト アンパイア」を採用することで、お客様の情報漏洩防止および運用負担軽減に貢献できることを嬉しく思います。昨今被害が拡大しているマルウェア・ランサムウェア等への対策を行うことにより、より安全なWebアクセス環境を実現できるものと期待しております。今後も当社はアルプス システム インテグレーションの製品との連携を通じ、お客様のセキュリティ対策強化を支援してまいります。
日本電気株式会社 スマートネットワーク事業部長 北風 二郎
※掲載されている会社名及び商品名は各社の商標または登録商標です。
このリリースに関するお問い合わせ先・取材受付先
アルプス システム インテグレーション株式会社  URL http://www.alsi.co.jp/
〒145-0067 東京都大田区雪谷大塚町1-7
管理部 管理課 広報担当:黒澤 宏子(くろさわ ひろこ)( hiroko.kurosawa@alsi.co.jp
TEL:03-5499-8043 FAX:03-3726-7050

ニュース一覧へ

ページトップへ戻る