セキュリティ製品・ソリューション
  1. >
  2. >
  3. >
  4. >

ご利用規約 - ビジネスブラウザ

  • ブックマーク
  • プリント

ビジネスブラウザ

利用規約一覧

ビジネスブラウザご利用規約(Android OS向け)

第1条 本規約の対象範囲

このご利用規約(以下「本規約」といいます。)は、アルプス システム インテグレーション株式会社(以下「ALSI」といいます。)が提供するAndroid OS用ブラウザ(以下「本ブラウザ」といいます。)のご利用者が、別途ALSIが利用者に提供する「ビジネスブラウザ」サービス(以下「ビジネスブラウザサービス」また、そのご利用者を「利用者」といいます。)の利用のために本ブラウザを利用することに伴うすべての事項にわたり適用されるものとします。なお、本規約の内容と、本規約に基づいて利用者の本ブラウザの利用に関して利用者とALSIの間に成立する合意の双方を併せて「本契約」というものとします。

第2条 利用許諾

(a) 利用行為の許諾 利用者は、本規約の定めおよび利用者が申し込む際の条件並びにALSIが適宜定めるその他の条件に従い、さらに、利用者がその従業員等に使用させるAndroid OS用携帯端末の数(以下「利用者端末数」といいます。)に応じた当該サービスに関する利用料金(以下「利用料金」といいます。)を支払うことにより、当該利用者端末数を上限として、本ブラウザを利用することが許諾されるとともに、本規約に規定されたサポートをALSIから受けることができるものとします。但し、利用者は、ビジネスブラウザサービスを利用することのみを目的として、且つ上記の利用料金が支払われている期間においてのみ、本ブラウザの利用が許諾されるものとします。また、利用者は、許諾された権利を譲渡することはできず、また再使用の許諾もすることができません。なお、利用者は、本ブラウザが利用できる携帯電話その他の端末機器を利用者の責任と負担により準備するものとし、当該端末が準備できないことによって本ブラウザにかかるサービス又はビジネスブラウザサービスの提供が受けられなかったこと等を理由として、ALSIに対し、損害賠償や利用料金の払い戻しなどを請求することは一切できません。

(b) 従業員等の範囲 前項(a)に規定された利用者の従業員等の範囲は、原則として利用者の社員(派遣社員、アルバイト等を含む)、及び利用者のために請負契約又は委任契約に基づき業務を提供している第三者(当該第三者が法人の場合は当該法人の従業員)とします。

(c) 審査行為の許諾 利用者は、上記(a)に加え、ALSIが運営するビジネスブラウザサービスの管理者用サービスサイトにおいて、利用者が使用させている携帯端末保有者の利用ポリシーを設定すること、及び当該携帯端末保有者のアクセス状況を確認することその他別途ALSIが定める設定・審査(以下「審査行為」といいます。)を行う権利が許諾されるものとします。なお、利用行為と審査行為を併せて「利用」といいます。

(d) 利用期間 利用者は、ビジネスブラウザサービスの利用料金が支払われている期間中に限り、本ブラウザを利用することができます。

(e) 利用者端末数の追加 利用者が本ブラウザを利用する利用者端末数の追加を希望する場合、利用者は、支払い済みの利用者端末数にかかる利用料金と、追加後の利用者端末数の総数に応じた利用料金との差額を、月割りにて支払うものとし、当該差額の支払いが完了した時から、利用者は追加分の利用を行うことができるものとします。

(f) マニュアル 利用者は、本ブラウザを利用するにあたり、ALSIが任意の判断で提供する最新のオンラインヘルプ、設定ガイド、その他の公表物(以下「マニュアル」といいます。)がある場合、それらを使用することができます。

第3条 禁止行為

(a) 禁止事項 利用者は次の各号に定める事項を行ってはならずまた第三者に行わせてはいけません。
i) 本規約で許諾されている方法以外での本ブラウザの利用(なお、指定された利用者端末数を超えての利用を含みます)。
ii) 本ブラウザに関する各種プログラム等に対するリバースエンジニアリング、逆アセンブル、デコンパイルその他ソースコードを抽出しようとする行為。
iii) 本規約で定められた場合を除き、本ブラウザの全部又は一部を第三者に利用させ、貸与し、再利用許諾する行為。
iv) ALSIから付与された本ブラウザに関するID及びパスワードがある場合、当該ID及びパスワードを第三者に開示し、漏えいしたりする行為、並びに当該ID及びパスワードの漏えいを防止するための適切な管理を怠ること。

(b) 本ブラウザの利用目的 利用者は、いかなる場合であっても、本ブラウザを、ビジネスブラウザサービスの利用のためにのみ利用することができるものとし、本ブラウザ以外からビジネスブラウザサービスを利用せず、また利用しようと試みないものとします。

第4条 知的財産権

(a) 本ブラウザおよび本ブラウザ提供のためのソフトウェアプログラム等の構造、組織、ソースコード、マニュアル等に関する所有権及び著作権、特許権、商標権、営業秘密その他の知的財産権は、すべてALSI又はALSIに使用許諾を行った原権利者に留保されるものとします。

(b) 利用者は、本契約に基づき本ブラウザの譲渡不能の非独占的使用権のみを取得し、本ブラウザおよび本ブラウザ提供のためのソフトウェアプログラム等に関し、所有権、著作権その他のいかなる権利も取得しないものとします。

(c) 利用者は、ビジネスブラウザサービスが提供された際に表示されていた著作権、所有権、商標権その他ALSI又は原権利者の権利を示す文言や表示を削除してはならないものとします。

第5条 技術サポート

(a) 利用者は、本ブラウザ及びインターネットに関する知識を有した適任の技術サポートを行うべき従業員の中から、サポート管理者(以下「サポート管理者」といいます。)を任命し、ALSIに通知するものとします(但し、ビジネスブラウザサービスに関するサポート管理者が兼ねることができます)。また、同様の知識を有する従業員の中から、サポート管理者を保佐する2名の連絡担当者を選任することができます。特に利用者とALSIとの間で合意されない限り、サポート管理者および連絡担当者のみが、ALSIとの連絡を行うことができます。なお、利用者は、そのサポート管理者または連絡担当者を変更する場合はALSIに通知しなければなりません。

(b) 利用者のサポート管理者および連絡担当者は、ALSIへの技術サポートを依頼する場合、下記に従うものとします。
・受付は製品Web上( https://alsi-iss.jp/security/bb/info.html )の問合せフォームからとなります。
・対応については、土・日祝祭日とALSIが定めた休日を除く、月曜から金曜までの、午前10時から午後5時までとなります。

第6条 支払条件

(a) 利用料金 利用者は、ビジネスブラウザサービスの利用に対する対価及び第5条に規定されたALSIによる技術サポートサービスの対価としてALSIが別途定めた利用料金を、別途定めた期日までに別途定めた方法により支払うものとします。

(b) 支払と利息 利用者は、本契約に関して発生するあらゆる支払に関し期日までに支払いを行わなかった場合、その理由の如何を問わず、当該支払期限から実際に支払を行った日まで、年率14.6%(日歩4銭)の割合により遅延損害金を付加して支払うものとします。

(c) 税金 本契約に基づいて利用者がALSIに支払う料金その他として定められている額に消費税が含まれていない場合、利用者は、消費税相当額を当該料金額に付加して支払うものとします。

第7条 損害賠償

(a) 本ブラウザの利用に関して、著作権、商標権の侵害又は営業秘密の不正利用に基づくクレームや訴訟が利用者に対してなされた場合、ALSIは、自己の費用負担において利用者を防御し、本条及び第8条に従って、当該訴訟において利用者に最終的に課せられた第三者に対する損害賠償および費用を支払うものとします。 但し、以下の条件全部が満たされることを条件とします。
i) 利用者は、クレーム等が主張されるかもしれないことを知った場合、速やかに、当該請求の通知を受けた場合は受領から5日以内に、ALSIに通知をすること。
ii) ALSIに対し当該クレーム等の防御および解決又は和解のための交渉についての全権限を委ねること。
iii) 利用者が、当該クレーム等に対するALSIの防御力を制限するようないかなる責任の忍諾またはその他のいかなる行為をも行わないこと。そして、
iv) 利用者が当該クレーム等に対する防御について、ALSIからの合理的な要求に従った協力を行うこと。

(b) 前項で定められたクレーム等がなされた場合、ALSIは、自らの選択に基づき且つその費用負担において、次のどれかを行うものとします:
i) 利用者が本ブラウザを利用し続ける権利を獲得する、
ii) 同等の機能を維持したまま、本ブラウザの侵害部分の削除による修正または他のサービスへの置き換えを行う、又は
iii) もし上記の(i) (ii)が実行できない場合、利用者からの本契約の解約を受け入れるとともに、ビジネスブラウザサービス利用の対価として利用者がALSIに現実に支払った利用料金のうち、利用者が実質的にビジネスブラウザサービスを利用できなかった時間に相当する金額を返還するものとします。

(c) ALSIは、本条(a)項に定めるクレームや訴訟の提起等が次のいずれかに起因する場合、利用者に対して一切賠償義務を負わないものとします:
i) 利用者がALSIから提供されたマニュアルその他の指示に従って本ブラウザの利用を行わなかったことに起因する場合、または
ii) 利用者がALSIから提供された本ブラウザを利用するために必要なソフトウェアなどのインストール、その他ALSIの指示に従った行為を速やかに実施しなかったこと。

(d) 本条は、第三者からの権利の侵害または不正使用のクレームや訴訟の提起に関するALSIの義務のすべてを定めたものであり、利用者の唯一の救済方法を定めたものです。

第8条 責任の制限

(a) ALSIは、本ブラウザ及びビジネスブラウザサービスがいかなる環境においても常に24時間利用可能であること、本ブラウザ及びビジネスブラウザサービスが停止又は中断しないこと、すべての機能が発揮されること等に関して一切の保証を行いません。

(b) ALSIは、本ブラウザ及びビジネスブラウザサービスのために用いられているURLデータベースに関し、合理的に知りうる範囲において且つ本データベースの使用期間内において、規制対象となるべきURL情報を収集し、ビジネスブラウザサービスの一部として利用者に提供するものとしますが、規制対象とすべきあらゆるすべてのURL情報が当該URLデータベースに含まれること、規制対象にすべきではないURL情報が当該URLデータベースに含まれていないこと、その他当該URLデータベースの完全性について、一切の保証を行わないものとします。

(c) ALSIは、前項に規定されたURLデータベースに含まれるURL情報の分類基準につき、自己の裁量に基づいて設定するものとし、当該基準が正確であること、有用であることその他について一切の保証を行いません。さらに、いかなる意味においても、利用者が本ブラウザ及びビジネスブラウザサービス又は当該URLデータベースを利用するにあたり、一定の速度が確保されることその他利用上の性能について一切の保証を行いません。

(d) ALSIは、本ブラウザ及びビジネスブラウザサービス又はURLデータベースが、利用者の特定の目的に対して有用であること、及び商業的有用性を有していることに関して一切の保証を行いません。

(e) 本条第(a)項から第(c)項の規定は、ALSIが本ブラウザ及びビジネスブラウザサービス及びURLデータベースに関して行う保証のすべてであり、本規約の他の個所において明示されているものを除き一切の保証を行いません。

(f) ALSIは、利用者が本ブラウザ及びビジネスブラウザサービスを使用したことまたは本ブラウザ及びビジネスブラウザサービスが使用できないことに起因して、利用者に生じたいかなる直接損害、間接損害、付随的・派生的損害、特別損害(ALSIが予見可能性を有していた場合も含みます)、逸失利益その他の損害についても、一切その責任を負いません。

第9条 秘密保持

利用者は、本ブラウザ及ビジネスブラウザサービスに含まれるALSIのURLデータベースの内容につき、そのカテゴライズ方法、構造等を含め、それを取り出そうとしたり第三者に一切開示又は漏えいしてはならないものとします。
また、利用者は、ビジネスブラウザサービスに関してALSI又は第三者から発行を受けたビジネスブラウザサービスを利用するためのID及びパスワードを利用者のためにのみ使用し、当該ID及びパスワードを秘密に保持するために必要且つ合理的な措置を講じるものとします。

第10条 従業員に対する利用者の義務

(a) 利用者は、利用者の業務に従事する者に対し、本規約を含む本契約に基づき利用者が負う一切の義務を誠実に履行させるために適切な措置をとらせるものとします。

(b) 利用者の業務に従事する者が本規約を含む本契約の条件に違反した場合は、利用者は当該違反に関する一切の責任を負うものとします。

第11条 監査

(a) ALSIは、利用者が本規約に定められた本ブラウザ及びビジネスブラウザサービスの重要な利用条件に違反して本ブラウザ及びビジネスブラウザサービスを利用していると疑われる場合、利用者の事業所等の監査をすることが出来るものとします。

(b) 前項に規定するALSIの監査は、利用者の事業所内へALSIの従業員又はその代理人を立ち入らせること、利用者の保有する関係書類を閲覧・複写するか又は利用者に提出させること、その他調査に合理的に必要と考えられる行為によって行われるものとします。

(c) ALSIが、前項に定める利用者の事業所への立ち入りを行う場合には、利用者に対して事前に書面によってその通知を行うものとします。また、ALSIの立ち入りは、利用者の通常の営業時間内において、利用者の営業にできるだけ支障が少ないと合理的に考えられる態様で行われるものとします。

(d) 第(b)項に定めるALSIの利用者の事業所への立ち入り監査は、四半期に1回を限度とします。また、当該立ち入り監査の費用は、原則としてALSIの負担とします。但し、当該監査によって利用者における不適切な使用が発見された場合であって、それが重大な違反である場合には、ALSIは利用者に対して当該監査の費用の請求を行うことが出来るものとします。

第12条 本ブラウザにおけるご利用システム情報の取扱い

ALSIは、利用者の本ブラウザの利用に伴いALSIが取得したシステム情報(以下「システム情報」といいます。)を、以下の利用目的の達成に必要な範囲内で利用することができるものとします。
i) 本ブラウザ及びビジネスブラウザサービスの利便性、機能等の向上
ii) システム情報を抽出および編集することで利用者を特定できない形式の情報に変換・作成した上で行う情報の分析、利用及び発表、並びに分析。
iii) システム情報を利用したサービスの開発およびその第三者への提供

第13条 契約期間

(a) 本契約およびそれに基づいて許諾される本ブラウザの利用期間は、第2条(d)に定める期間とします。但し当該期間満了前に本契約が解除又は解約された場合はこの限りではありません。

(b)利用者がビジネスブラウザサービスの利用料金の支払いを継続する限り、本契約は有効に継続するものとします。

第14条 期限の利益の喪失

(a) 利用者が次の各号のいずれかに該当した場合、ALSIからの何らの通知催告なく、利用者は本契約に基づく一切の債務について期限の利益を喪失するものとします。
1) 所有物件又は権利につき、差押、仮差押、仮処分、競売の申立又は租税公課の滞納督促若しくは滞納による保全差押を受けたとき(但し、第三債務者として差押又は仮差押を受けた場合を除く。)
2) 支払停止があったとき又は破産、民事再生若しくは会社更生手続の開始の申立があったとき
3) 手形交換所から不渡報告又は取引停止処分を受けたとき
4) 監督官庁から営業の取消、停止等の命令を受けたとき
5) 営業の廃止、重要な営業の譲渡又は会社の解散を決議したとき
6) 本規約に違反したとき
7) 財産状態が悪化するなど、本規約上の義務の履行が困難であると認められるとき

(b) ALSIは、利用者が前項の各号のいずれかに該当したとき、または、不当にALSIの名誉又は信用を棄損する行為を行ったときは、何らの通知及び催告をすることなく、本契約の全部又は一部を解除することができます。

(c) 前項に定める本契約の解除は、利用者に対する損害賠償の請求を妨げないものとします。

第15条 契約終了の効果

本契約が終了した場合には、その理由の如何を問わず、本契約で許諾されていたすべての利用許諾は直ちに終了します。本契約が終了した場合、利用者は、直ちに本ブラウザに関してALSIから提供されていたマニュアルその他の秘密情報をALSIに返却するか又はALSIの指示に従ってすべてを破棄したうえで、その証明を提出するものとします。なお、本契約の終了又は解除の後においても、本規約第3条、第4条、第8条、第9条、第10条、第12条、第15条、第16条、及び第18条(b), (d), (e), (f)及び(g)の規定は、なお有効に存続するものとします。

第16条 相殺

ALSIは、利用者が本契約条件のいずれかについて違反をした場合、利用者に対して有する債権の弁済期が到来すると否とを問わず、その債権と利用者に対して負担する債務とを、その対等額につき相殺することができるものとします。

第17条 譲渡禁止

利用者は、ALSIの書面による事前の同意のない限り、本契約上の地位を第三者に譲渡し、又は承継させることはできません。また、本規約を含む本契約から生ずる権利の全部又は一部を第三者に譲渡し若しくは担保の用に供し、又は本規約を含む本契約から生ずる義務の全部又は一部を第三者に引き受けさせてはならないものとします。

第18条 その他

(a) ソフトウェアとサービス:本契約を締結したことによって、利用者に対して、本ブラウザ及びビジネスブラウザサービスを利用すること以外の何らの許諾もなされるものではありません。

(b) 権利非放棄:各当事者が、ある時点で本規約の規定に定められた権利を実施しなかったとしても、当該当事者がそのあとで当該規定を実施する権利を放棄したと解釈されないものとします。また、本規約の一部の規定について無効、違法または実行不能とされた場合であっても、当該規定は可能な限り実施されるものとし、また残りの規定についての有効性、合法性、実行可能性に何らの影響も与えないものとします。

(c) 通知:本契約に従ってなされる通知、要求、要請その他については、必ず書面(Eメールを含む。以下同じ。)で行うものとし、その書面が相手方に受領されたときに正式に当該通知等が行われたものと看做されるものとします。

(d) 準拠法・紛争解決:本契約の準拠法は、日本法とします。また本契約に関する裁判管轄権は、東京地方裁判所を専属的合意管轄裁判所とします。

(e) 見出し:本規約に記載された条文見出しは、単に当事者の便宜のためになされたものであり、本規約の内容、適用範囲その他についていかなる意味においても定義したり、制限したり、補充したりするものではなく、当該見出しには何らの法的効果も与えられないことに同意します。

(f) 不可抗力:天災地変、戦争、暴動、内乱、法令の改廃制定、公権力による命令処分、同盟罷業、ハッカーからのアタックその他ALSIの責に帰さない不可抗力により本規約の定めを含む本契約上のALSIの義務の全部又は一部の履行が不可能になった場合、ALSIは、利用者に対し債務不履行、履行遅滞その他一切の責めを負わないものとします。但し、ALSIは、当該事由により履行が遅滞する場合又はその恐れがある場合、遅滞なく利用者にその旨を通知するか又は公表するものとします。

(g) 完全合意:本規約及び利用者の本ブラウザ及びビジネスブラウザサービスの申込書を含む本契約は、本ブラウザ及びビジネスブラウザサービスの利用に関する利用者とALSI間のすべての合意を規定するものであり、書面又は口頭による従前の一切の了解、意図の表明、了解、覚書に優先し、それらに取って代わるものです。但し、本契約締結後、ALSIが適宜提示又は公表する本ブラウザ利用の条件についてはこの限りではなく、ALSI及び利用者は、当該提示又は公表される利用条件にも拘束されるものとします。

(h) 協議:利用者及びALSIは、本契約に定めのない事項又は本契約に関する解釈上の疑義につき、真摯に協議のうえ解決するものとします。

2013年10月16日改定実施

ビジネスブラウザご利用規約(iOS向け)

第1条 本規約の対象範囲

本規約は、アルプス システム インテグレーション株式会社(以下「ALSI」といいます。)が提供する「ビジネスブラウザ」(以下「本サービス」といいます。)のご利用者(以下「利用者」といいます。)が、本サービスを利用することに伴うすべての事項にわたり適用されるものとします。なお、本規約及び利用者の本サービスの申込条件に基づき本サービスの利用に関して利用者とALSIの間に成立する合意を「本契約」というものとします。

第2条 利用許諾

(a) 利用行為の許諾
利用者は、本規約の定め、利用者が申し込む際の条件、及びALSIが適宜定めるその他の条件に従い、さらに利用者がその従業員等に使用させるiOS用の携帯端末数(以下「利用者端末数」といいます。)に応じてALSIが定める本サービスの利用料金を支払うことにより、本サービスを、当該利用者端末数を上限として、ヤフー株式会社(以下「ヤフー」といいます。)が本サービスのためにのみ提供するiOS用のブラウザ(以下「本ブラウザ」といいます。)上で利用(以下「利用行為」といいます。)することが許諾されるとともに、本規約に規定されたサポートをALSIから受けることができるものとします。ただし、利用者は、許諾された権利を譲渡することはできず、また再使用の許諾もすることができません。また、利用者は、ヤフーが提供するブラウザが利用できる携帯電話その他の端末機器を利用者の責任と負担により準備するものとし、当該端末が準備できないことによって本サービスの提供が受けられなかったこと等を理由として損害賠償や本サービスの利用料金の払い戻しなどALSIに一切請求することはできません。
なお、利用者は、上記ヤフーが提供する本ブラウザの利用については、ヤフーから別途許諾を受けるものとし、ALSIは、当該本ブラウザの利用については一切責任を負いません。

(b) 従業員等の範囲
前項(a)に規定された利用者の従業員等の範囲は、原則として利用者の社員(派遣社員、アルバイト等を含む)、及び利用者のために請負契約又は委任契約に基づき業務を提供している第三者(当該第三者が法人の場合は当該法人の従業員)とします。

(c) 審査行為の許諾
利用者は、上記(a)に加え、ALSIが運営する本サービスの管理者用サービスサイトにおいて、利用者が使用させている携帯端末保有者の利用ポリシーを設定すること、及び当該携帯端末保有者のアクセス状況を確認することその他別途ALSIが定める設定・審査(以下「審査行為」といいます。)を行う権利が許諾されるものとします。なお、利用行為と審査行為を併せて「利用」といいます。

(d) 利用期間
利用者は、本サービスの利用料金が支払われている期間中に限り本サービスを利用することができます。

(e) 利用者端末数の追加
利用者が、ALSIから本サービスを利用する利用者端末数の追加を希望する場合、利用者は、支払い済みの利用者端末数にかかる利用料金と、追加後の利用者端末数の総数に応じた利用料金との差額を、月割りにて支払うものとし、当該差額の支払いが完了した時から、利用者は追加分の利用を行うことができるものとします。

(f) マニュアル
利用者は、本サービスを利用するにあたり、ALSIが任意の判断で提供する最新のオンラインヘルプ、設定ガイド、その他の公表物(以下「マニュアル」といいます。)がある場合、それらを使用することができます。

第3条 禁止行為

(a) 禁止事項
利用者は次の各号に定める事項を行ってはならずまた第三者に行わせてはいけません。
i) 本規約で許諾されている方法以外での本サービスの利用(なお、本サービスの指定された利用者端末数を超えての使用を含みます)。
ii) 本サービスの提供をするための各種プログラム等に対するリバースエンジニアリング、逆アセンブル、デコンパイルその他ソースコードを抽出しようとする行為、及び本サービスの一部として利用の用に供される規制対象となるURLデータベースを抽出しようとする行為。
iii) 本規約で定められた場合を除き、本サービスの全部又は一部を第三者に利用させ、貸与し、再利用許諾する行為。
iv) ALSIから付与された本サービスに関するID及びパスワードを第三者に開示し、漏えいしたりする行為、およびID及びパスワードの漏えいを防止するための適切な管理を怠ること。

(b) ヤフーが提供する本ブラウザ上での利用 利用者は、いかなる場合であっても、ヤフーが提供する本ブラウザを本サービスの利用のためのみ利用することができるものとし、本ブラウザ以外から本サービスを利用せず、また利用しようと試みないものとします。

第4条 知的財産権

(a) 本サービスおよび本サービス提供のためのソフトウェアプログラムの構造、組織、ソースコード、マニュアル等、並びに本サービスに利用されるURLデータベースに関する所有権及び著作権、特許権、商標権、営業秘密その他の知的財産権は、すべてALSI又はALSIに使用許諾を行った原権利者に留保されるものとします。

(b) 利用者は、本契約に基づき本サービスの譲渡不能の非独占的使用権のみを取得し、本サービス及び本サービスにおいて利用されるURLデータベースに関し、所有権、著作権その他のいかなる権利も取得しないものとします。

(c) 利用者は、本サービスが提供された際に表示されていた著作権、所有権、商標権その他ALSIの権利を示す文言や表示を削除してはならないものとします。

第5条 技術サポート

(a) 利用者は、本サービス及びインターネットに関する知識を有した適任の技術サポートを行うべき従業員の中から、サポート管理者(以下「サポート管理者」といいます。)を任命し、ALSIに通知するものとします。また、同様の知識を有する従業員の中から、サポート管理者を保佐する2名の連絡担当者を選任することができます。特に利用者とALSIとの間で合意されない限り、サポート管理者および連絡担当者のみが、ALSIとの連絡を行うことができます。なお、利用者は、そのサポート管理者または連絡担当者を変更する場合はALSIに通知しなければなりません。

(b) 利用者のサポート管理者および連絡担当者は、ALSIへの技術サポートを依頼する場合、下記に従うものとします。
・ 受付は製品Web上(https://alsi-iss.jp/security/bb/info.html)の問合せフォームからとなります。
・ 対応については、土・日祝祭日とALSIが定めた休日を除く、月曜から金曜までの、午前10時から午後5時までとなります。

第6条 支払条件

(a) 利用料金
利用者は、本サービスの利用に対する対価及び第5条に規定されたALSIによる技術サポートサービスの対価としてALSIが別途定めた利用料金を、別途定めた期日までに別途定めた方法により支払うものとします。

(b) 支払と利息
利用者は、本契約に関して発生するあらゆる支払に関し期日までに支払いを行わなかった場合、その理由の如何を問わず、当該支払期限から実際に支払を行った日まで、年率14.6%(日歩4銭)の割合により遅延損害金を付加して支払うものとします。

(c) 税金
本契約に基づいて利用者がALSIに支払う料金その他として定められている額に消費税が含まれていない場合、利用者は、消費税相当額を当該料金額に付加して支払うものとします。

第7条 損害賠償

(a) 本サービスの利用に関して、著作権、商標権の侵害又は営業秘密の不正利用に基づくクレームや訴訟が利用者に対してなされた場合、ALSIは、自分の費用で利用者を防御し、本条及び第8条に従って、当該訴訟において利用者に最終的に課せられた損害賠償および費用を支払うものとします。
但し、以下の条件全部が満たされることを条件とします。
i) 利用者は、クレーム等が主張されるかもしれないことを知った場合、速やかに、当該請求の通知を受けた場合は受領から5日以内に、ALSIに通知をすること。
ii) ALSIに対し当該クレーム等の防御および解決又は和解のための交渉についての全権限を委ねること。
iii) 利用者が、当該クレーム等に対するALSIの防御力を制限するようないかなる責任の忍諾またはその他のいかなる行為をも行わないこと。そして、
iv) 利用者が当該クレーム等に対する防御について、ALSIからの合理的な要求に従った協力を行うこと。

(b) 前項で定められたクレーム等がなされた場合、ALSIは、自らの選択に基づき且つその費用負担において、次のどれかを行うものとします。
i) 利用者が本サービスを利用し続ける権利を獲得する、
ii) 同等の機能を維持したまま、本サービスの侵害部分の削除による修正または他のサービスへの置き換えを行う、又は
iii) もし上記の(i) (ii)が実行できない場合、利用者からの本契約の解約を受け入れるとともに、本サービス利用の対価として利用者がALSIに現実に支払った利用料金のうち、利用者が実質的に本サービスを利用できなかった時間に相当する金額を返還するものとします。

(c) ALSIは、本条(a)項に定めるクレームや訴訟の提起等が次のいずれかに起因する場合、利用者に対して一切賠償義務を負わないものとします。
i) 利用者がALSIから提供されたマニュアルその他の指示に従って本サービスの利用を行わなかったことに起因する場合、または
ii) 利用者がALSIから提供された本サービスを利用するために必要なブラウザやソフトウェアなどのインストール、その他ALSIの指示に従った行為を速やかに実施しなかったこと。

(d) 本条は、第三者からの権利の侵害または不正使用のクレームや訴訟の提起に関するALSIの義務のすべてを定めたものであり、利用者の唯一の救済方法を定めたものです。

第8条 責任の制限

(a) ALSIは、本サービスがいかなる環境においても常に24時間利用可能であること、本サービスが停止又は中断しないこと、すべての機能が発揮されること等に関して一切の保証を行いません。

(b) ALSIは、本サービスのために用いられているURLデータベースに関し、合理的に知りうる範囲において且つ本サービスの使用期間内において、規制対象となるべきURL情報を収集し、本サービスの一部として利用者に提供するものとしますが、規制対象とすべきあらゆるすべてのURL情報が当該URLデータベースに含まれること、規制対象にすべきではないURL情報が当該URLデータベースに含まれていないこと、その他当該URLデータベースの完全性について、一切の保証を行わないものとします。

(c) ALSIは、前項に規定されたURLデータベースに含まれるURL情報の分類基準につき、自己の裁量に基づいて設定するものとし、当該基準が正確であること、有用であることその他について一切の保証を行いません。さらに、いかなる意味においても、利用者が本サービス又は当該URLデータベースを利用するにあたり、一定の速度が確保されることその他利用上の性能について一切の保証を行いません。

(d) ALSIは、本サービス又はURLデータベースが、利用者の特定の目的に対して有用であること、及び商業的有用性を有していることに関して一切の保証を行いません。

(e) 本条第(a)項から第(d)項の規定は、ALSIが本サービス及びURLデータベースに関して行う保証のすべてであり、本規約の他の個所において明示されているものを除き一切の保証を行いません。

(f) ALSIは、利用者が本サービスの使用したことまたは本サービスが使用できないことに起因して、利用者に生じたいかなる直接損害、間接損害、付随的・派生的損害、特別損害(ALSIが予見可能性を有していた場合も含みます)、逸失利益その他の損害についても、一切その責任を負いません。

第9条 秘密保持

利用者は、本サービスに含まれるALSIのURLデータベースの内容につき、そのカテゴライズ方法、構造等を含め、それを取り出そうとしたり第三者に一切開示又は漏えいしてはならないものとします。
また、利用者は、本サービスに関してALSI又は第三者から発行を受けた本サービスを利用するためのID及びパスワードを利用者のためにのみ使用し、当該ID及びパスワードを秘密に保持するために必要且つ合理的な措置を講じるものとします。

第10条 従業員に対する利用者の義務

(a) 利用者は、利用者の業務に従事する者に対し、本規約を含む本契約に基づき利用者が負う一切の義務を誠実に履行させるために適切な措置をとらせるものとします。

(b) 利用者の業務に従事する者が本規約を含む本契約の条件に違反した場合は、利用者は当該違反に関する一切の責任を負うものとします。

第11条 監査

(a) ALSIは、利用者が本規約に定められた本サービスの重要な利用条件に違反して本サービスを利用していると疑われる場合、利用者の事業所等の監査をすることが出来るものとします。

(b) 前項に規定するALSIの監査は、利用者の事業所内へALSIの従業員又はその代理人を立ち入らせること、利用者の保有する関係書類を閲覧・複写するか又は利用者に提出させること、その他調査に合理的に必要と考えられる行為によって行われるものとします。

(c) ALSIが、前項に定める利用者の事業所への立ち入りを行う場合には、利用者に対して事前に書面によってその通知を行うものとします。また、ALSIの立ち入りは、利用者の通常の営業時間内において、利用者の営業にできるだけ支障が少ないと合理的に考えられる態様で行われるものとします。

(d) 第(b)項に定めるALSIの利用者の事業所への立ち入り監査は、四半期に1回を限度とします。また、当該立ち入り監査の費用は、原則としてALSIの負担とします。但し、当該監査によって利用者における不適切な使用が発見された場合であって、それが重大な違反である場合には、ALSIは利用者に対して当該監査の費用の請求を行うことが出来るものとします。

第12条 本サービスにおけるご利用システム情報の取扱い

ALSIは、利用者の本サービスの利用に伴いALSIが取得したシステム情報(以下「システム情報」といいます。)を、以下の利用目的の達成に必要な範囲内で利用することができるものとします。
i) 本サービスの利便性、機能等の向上
ii) システム情報を抽出および編集することで利用者を特定できない形式の情報に変換・作成した上で行う情報の分析、利用及び発表、並びに分析。
iii) システム情報を利用したサービスの開発およびその第三者への提供

第13条 契約期間

(a) 本契約およびそれに基づいて許諾される本サービスの利用期間は、第2条(d)に定める期間とします。但し当該期間満了前に本契約が解除又は解約された場合はこの限りではありません。

(b) 利用者が本サービスの利用料金の支払いを継続する限り、本契約は有効に継続するものとします。

第14条 期限の利益の喪失

(a) 利用者が次の各号のいずれかに該当した場合、ALSIからの何らの通知催告なく、利用者は本契約に基づく一切の債務について期限の利益を喪失するものとします。
1) 所有物件又は権利につき、差押、仮差押、仮処分、競売の申立又は租税公課の滞納督促若しくは滞納による保全差押を受けたとき(但し、第三債務者として差押又は仮差押を受けた場合を除く。)
2) 支払停止があったとき又は破産、民事再生若しくは会社更生手続の開始の申立があったとき
3) 手形交換所から不渡報告又は取引停止処分を受けたとき
4) 監督官庁から営業の取消、停止等の命令を受けたとき
5) 営業の廃止、重要な営業の譲渡又は会社の解散を決議したとき
6) 本規約に違反したとき
7) 財産状態が悪化するなど、本規約上の義務の履行が困難であると認められるとき

(b) ALSIは、利用者が前項の各号のいずれかに該当したとき、または、不当にALSIの名誉又は信用を棄損する行為を行ったときは、何らの通知及び催告をすることなく、本契約の全部又は一部を解除することができます。

(c) 前項に定める本契約の解除は、利用者に対する損害賠償の請求を妨げないものとします。

第15条 契約終了の効果

本契約が終了した場合には、その理由の如何を問わず、本契約で許諾されていたすべての利用許諾は直ちに終了します。本契約が終了した場合、利用者は、直ちに本サービスに関してALSIから提供されていたマニュアルその他の秘密情報をALSIに返却するか又はALSIの指示に従ってすべてを破棄したうえで、その証明を提出するものとします。なお、本契約の終了又は解除の後においても、利用者のすべての支払い義務および本規約第3条、第4条、第8条、第9条、第10条、第12条、第15条、第16条、及び第18条(b), (d), (e), (f)及び(g)の規定は、なお有効に存続するものとします。

第16条 相殺

ALSIは、利用者が本契約条件のいずれかについて違反をした場合、利用者に対して有する債権の弁済期が到来すると否とを問わず、その債権と利用者に対して負担する債務とを、その対等額につき相殺することができるものとします。

第17条 譲渡禁止

利用者は、ALSIの書面による事前の同意のない限り、本契約上の地位を第三者に譲渡し、又は承継させることはできません。また、本規約を含む本契約から生ずる権利の全部又は一部を第三者に譲渡し若しくは担保の用に供し、又は本規約を含む本契約から生ずる義務の全部又は一部を第三者に引き受けさせてはならないものとします。

第18条 その他

(a) 第三者ソフトウェア 本契約を締結したことによって、利用者に対して、本サービスを利用すること以外の何らの許諾もなされるものではありません。

(b) 権利非放棄 各当事者が、ある時点で本規約の規定に定められた権利を実施しなかったとしても、当該当事者がそのあとで当該規定を実施する権利を放棄したと解釈されないものとします。また、本規約の一部の規定について無効、違法または実行不能とされた場合であっても、当該規定は可能な限り実施されるものとし、また残りの規定についての有効性、合法性、実行可能性に何らの影響も与えないものとします。

(c) 通知 本契約に従ってなされる通知、要求、要請その他については、必ず書面(Eメールを含む。以下同じ。)で行うものとし、その書面が相手方に受領されたときに正式に当該通知等が行われたものと看做されるものとします。

(d) 準拠法・紛争解決 本契約の準拠法は、日本法とします。また本契約に関する裁判管轄権は、東京地方裁判所を専属的合意管轄裁判所とします。

(e) 見出し 本規約に記載された条文見出しは、単に当事者の便宜のためになされたものであり、本規約の内容、適用範囲その他についていかなる意味においても定義したり、制限したり、補充したりするものではなく、当該見出しには何らの法的効果も与えられないことに同意します。

(f) 不可抗力 天災地変、戦争、暴動、内乱、法令の改廃制定、公権力による命令処分、同盟罷業、ハッカーからのアタックその他ALSIの責に帰さない不可抗力により本規約の定めを含む本契約上のALSIの義務の全部又は一部の履行が不可能になった場合、ALSIは、利用者に対し債務不履行、履行遅滞その他一切の責めを負わないものとします。但し、ALSIは、当該事由により履行が遅滞する場合又はその恐れがある場合、遅滞なく利用者にその旨を通知するか又は公表するものとします。

(g) 完全合意 本規約及び利用者の本サービス申込書を含む本契約は、本サービスの利用に関する利用者とALSI間のすべての合意を規定するものであり、書面又は口頭による従前の一切の了解、意図の表明、了解、覚書に優先し、それらに取って代わるものです。但し、本契約締結後、ALSIが適宜提示又は公表する本サービス利用の条件についてはこの限りではなく、ALSI及び利用者は、当該提示又は公表される利用条件にも拘束されるものとします。

(h) 協議  利用者及びALSIは、本契約に定めのない事項又は本契約に関する解釈上の疑義につき、真摯に協議のうえ解決するものとします。

2014年02月06日改定実施

ページトップへ戻る