セキュリティ製品・ソリューション
  1. >
  2. >
  3. >
  4. >

ファイルの暗号化・改ざん防止ツールならDocumentSecurity

  • ブックマーク
  • プリント

ファイル暗号化ソフト DocumentSecurity

DocumentSecurityとは

情報漏洩対策としての基本機能である、ファイルの暗号化、アクセス制御(IRM)、デバイス制御、履歴管理機能を実装しつつ、使いやすさ、運用のしやすさといったユーザビリティを実現した情報漏洩対策ソフトです。
※IRM(Information Rights Management)とは、業務アプリケーションで作成される各種データファイルに対して個別にアクセスポリシーを定義し、特定の権限をもつユーザに利用(閲覧・変更・改ざん・印刷など)を制限することを目的とする製品・ツール

[開発元]ソフトキャンプ株式会社

ページトップへ戻る

標的型サイバー攻撃への対策

DocumentSecurityはファイル単位で高度なファイル暗号化を行っており、保管場所を問わず暗号化が継続されます。そのため、サイバー攻撃により、万が一情報が流出、窃取された場合でも機密情報を保護します。

DocumentSecurityの場合 ハードディスク・フォルダ単位の暗号化の場合
ページトップへ戻る

柔軟なアクセス管理(IRM)機能で重要情報の漏洩防止!

例えば、役員は全てのファイルに対し、閲覧・編集の権限を持つが、一般社員は企業の極秘文書、機密文書は閲覧できない等、ファイル暗号化により文書の重要度と職位・職責に応じ柔軟にアクセス権の設定が可能です。

ページトップへ戻る

個人情報保護法ガイドラインに準拠

2007年3月に経済産業省より経済産業分野対象の個人情報保護法ガイドラインが改定されました。
漏洩後に事実関係等の公表と本人への連絡を省略可能な事例としてファイル暗号化による秘匿化が施されている場合と明示されています。
DocumentSecurityはファイル単位に高度な暗号化。ファイル流出後に情報漏洩のリスクを回避します。 個人情報保護法のガイドライン改定に対応したソリューションです。

ページトップへ戻る

業界初!7カ国8言語対応でグローバルな情報漏洩対策を実現

  • 日本語、英語、中国語(繁体字・簡体字)、韓国語、ドイツ語、フランス語、チェコ語のOSに対応
  • 世界規模での情報共有の安全性を確保
  • 各国で利用する現地語で作成されたドキュメントも保護
  • 各国でファイルを暗号化したデータを復号化することなく、やり取り可能
ページトップへ戻る

ユーザニーズに応じたラインナップを用意

  • DocumentSecurity
  • DocumentSecurity BASIC/暗号Edition

※各種、動作環境が異なりますのでご確認ください。

ページトップへ戻る

『ファイル暗号化ソフトDocumentSecurity』ページをご覧の皆様

使いやすさや運用のしやすさなど、ユーザビリティを考慮した情報漏洩対策ソフト『DocumentSecurity』はファイルの暗号化による、柔軟なアクセス管理で重要情報の漏洩を防止します。持ち出し制御や履歴管理により、更なるデータ流出の防止が可能です。

ページトップへ戻る

[開発元]ソフトキャンプ株式会社

  • デモ・資料請求はこちら
  •  
ページトップへ戻る