セキュリティ製品・ソリューション
  1. >
  2. >
  3. >
  4. >

特長・機能 - DocumentSecurity BASIC/暗号Edition

  • ブックマーク
  • プリント

ファイル暗号化ソフト DocumentSecurity BASIC/暗号Edition

特長

DocumentSecurity BASIC/暗号EditionはDocumentSecurityをベースとして、暗号化機能及び、アクセス制御(IRM)機能に特化した暗号化機能専門エディションです。従来のオプションモジュールにも対応しつつ、ご購入しやすいライセンス体系をご用意させていただきました。

ページトップへ戻る

暗号化機能

ファイル単位に高度な暗号化を実現
DocumentSecurityはファイル単位で高度な暗号化を行っているので、クライアントのハードディスク、USBメモリ内、メールを誤送信してしまった場合でも暗号化は維持されたままです。
ハードディスクの暗号化、フォルダ単位の暗号化と違い、ファイルの保管場所が限定されません。

ハードディスク・フォルダ単位の暗号化の場合
DocumentSecurityの場合

暗号化を意識することなく使用可能
Microsoft OfficeやAdobe Acrobatで作成されたファイルを保存/終了した時点で自動的に暗号化されます。ユーザが特別な操作をする必要がないので、従来と使い勝手が変わらないうえ、誤操作や操作忘れの心配もなく、確実に暗号化が行えます。また暗号化しても拡張子が変わらないため、特別なビューアも不要です。

DocumentSecurityが導入されていない環境へ暗号化ファイルを送信可能
DocumentSecurityが導入されていない取引先や外部委託先にも、印刷・保存の許可、閲覧回数、印刷回数、有効期限などを設定した暗号化ファ イルを送信することが可能。

  • ※IRM権限設定が可能なのは、Microsoft Office Word、Excel、PowerPointのみとなります。

DocumentSecurityを導入していない外部へも暗号化ファイルを送信可能
外部委託先・取引先等からの情報漏洩を防止!

自動暗号化フォルダ(オプション)
Microsoft OfficeやAdobe Acrobatで作成されたファイルを保存/終了した時点で自動的に暗号化されます。ユーザが特別な操作をする必要がないので、従来と使い勝手が変わらないうえ、誤操作や操作忘れの心配もなく、確実に暗号化が行えます。また暗号化しても拡張子が変わらないため、特別なビューアも不要です。

ローカル、外部デバイス、メールの添付など
場所を問わず暗号化とアクセス権限を保持
万一の流出時にも漏洩を防止!

ページトップへ戻る

柔軟なアクセス制御(IRM)機能

柔軟なポリシー設定
文書のアクセス権を、情報の内容や社員の役職等に応じて制御することが可能です。

ファイルの閲覧・編集・印刷等の制御
「閲覧」「編集」「暗号化解除」「印刷」「文書権限変更」「回数制限」「有効期限設定」「自動廃棄」の権限を設定して、暗号化するため、誤使用や不正使用を防止します。

コピー&ペーストの禁止
権限を設定された文書は、スクリーンキャプチャやコピー&ペーストなども制御可能です。

閲覧、編集等の権限設定、コピー&ペースト、プリントスクリーン禁止などの
アクセス管理機能で重要情報の誤使用・不正使用を防止!

ページトップへ戻る

履歴管理機能

すべての暗号化ファイルに対し、暗号化されてから廃棄されるまでの間に、「誰が」「いつ」「どのようなアクセスを」行ったか、利用履歴を記録することが出来ます。また履歴はユーザごと、グループごとに表示することも出来るので、不正行為が行われてもすばやく追跡が可能です。

各種ログ収集、特定のユーザ、特定のファイルの追跡、分析が可能
情報漏洩を抑止するだけでなく、監査・漏洩後の追跡が可能!

ページトップへ戻る
  • デモ・資料請求はこちら
  •  
ページトップへ戻る