セキュリティ製品・ソリューション
  1. >
  2. >
  3. >
  4. >

動作環境 - DocumentSecurity

  • ブックマーク
  • プリント

ファイル暗号化ソフト DocumentSecurity

プラットフォーム

DocumentSecurity Server

OS
  • Microsoft Windows Server 2008 Standard / R2 Standard
  • Microsoft Windows Server 2012 Standard / R2 Standard
日本語/英語OS対応
(最新のサービスパックを推奨)
CPU Pentium 4 2.4GHz 以上 (Core2 Quad 以上推奨)
メモリ 1GB 以上 (2GB 以上推奨)
アプリケーション
  • Microsoft SQL Server 2005 Standard / Enterprise
  • Microsoft SQL Server 2008 Standard / Enterprise
日本語/英語OS対応
(最新のサービスパックを推奨)
  • 日本語版Microsoft SQL Server 2008 Express
  • 日本語版Microsoft SQL Server 2008 R2 Express
  • 日本語版Microsoft SQL Server 2008 R2 Standard
  • 日本語版Microsoft SQL Server 2008 R2 Enterprise
  • 日本語版Microsoft SQL Server 2012 Express
  • 日本語版Microsoft SQL Server 2012 Standard
  • 日本語版Microsoft SQL Server 2012 Enterprise
(最新のサービスパックを推奨)
  • ※他のアプリケーションまたはサービスに要する動作環境は含まれません。
  • ※日本語版Microsoft SQL Server Express Editionでは、利用可能なデータベースサイズに制限があります。特にデバイス制御ログを取得する際は、ログの取得容量が増加する場合がありますので、定期的にデータベースサイズを確認するなどの運用をお願いします。
ページトップへ戻る

DocumentSecurity 管理コンソール

OS
  • Microsoft Windows 7 Professional / Ultimate
  • Microsoft Windows 8.1 Professional / Enterprise
日本語/英語OS対応
(最新のサービスパックを推奨)
CPU Pentium4 2.0GHz 以上
メモリ 1GB以上(2GB以上推奨)
  • ※他のアプリケーションまたはサービスに要する動作環境は含まれません。
  • ※WindowsVistaWindows7では Administrators権限でインストールし、Administrators権限で起動する場合にのみサポートいたします。
ページトップへ戻る

DocumentSecurity Client

OS
  • Microsoft Windows 7 Professional / Ultimate
  • Microsoft Windows 8.1 Professional / Enterprise
  • Microsoft Windows 10 Professional / Enterprise
日本語/英語/韓国語/中国語(簡体)/中国語(繁体)/ドイツ語/フランス語/チェコ語OS対応
(最新のサービスパックを推奨)
CPU CPU Pentium 4 2.0GHz 以上 (Core2 Duo プロセッサ以上推奨)
メモリ 1.0GB 以上(1.5GB以上推奨)
ページトップへ戻る

暗号化

アプリケーション問わず、すべてのファイルを暗号化できますが、DRM暗号化に対応したアプリケーションは下記の通りです。

DRM暗号化

  • Microsoft Word 2007 / 2010 / 2013
  • Microsoft Excel 2007 / 2010 / 2013
  • Microsoft PowerPoint 2007 / 2010 / 2013
  • Adobe Reader XXI
  • Microsoft メモ帳
  • Microsoft ペイント
  • 一太郎 2009
  • ※一太郎2009はWindows8.1ではサポートされません。
  • ※Office 2010/2013については64bit版もサポートしております。
  • ※外部送信セキュリティファイルを利用するClientも同じです。
ページトップへ戻る

グローバル対応システム構成例

クライアントは、言語別に必要ですが、サーバやコンソールはマルチ言語対応ですので集中管理が可能です。

グローバル対応システム構成例
ページトップへ戻る

その他

暗号アルゴリズム AES 128bit
ページトップへ戻る

オプション

[システム用件 日本語版]

サーバ
  • 日本語版Microsoft Windows Server 2008 Standard Edition
  • 日本語版Microsoft Windows Server 2008 R2 Standard Edition
  • 日本語版Microsoft Windows Server 2012 Standard Edition
  • 日本語版Microsoft Windows Server 2012 R2 Standard Edition

 

サービスリンカー DocumentSecurityのオプション開発用のAPIライブラリです。
ページトップへ戻る

[開発元]ソフトキャンプ株式会社

  • デモ・資料請求はこちら
  •  
ページトップへ戻る