セキュリティ製品・ソリューション
  1. >
  2. >
  3. >
  4. >

仮想化(VDI)対応 - InterSafe ILP

  • ブックマーク
  • プリント

対策はお済みですか? 知ってる人は知っている。情報漏洩対策といえば InterSafeILP Ver. 4.3最新ニュース(HOT TOPIC)

仮想化(VDI)対応

仮想化(VDI)対応について

仮想デスクトップ環境とInterSafe ILPを導入することにより、仮想環境においても、きめ細やかなデバイスセキュリティが可能

  • ※仮想化(VDI)にはInterSafe ILPのうち、下記が対応しています。
    DeviceControl、WorkFlow、SecureDevice Ultimate、IRM
    なお、IRMはVMware Horizon View 5.0には未対応です。
  • ※制限事項等は別途お問い合わせください。
ページトップへ戻る

仮想化(VDI)対応適用事例

自治体

仮想化適用事例(自治体)

メール・グループウェア系ネットワークへは実OSからアクセスし、住基系ネットワークへは仮想OSからアクセス

仮想OSにおいて、特定の役職者のみ、自治体配布のUSBメモリのみ使用を許可

医療

仮想化適用事例(医療)

診療データへのアクセスは医師のみ許可。医師は学会等での講演資料作成にUSBを使用するため、コピー制御USBメモリの使用に限定

ページトップへ戻る

動作環境

VMware VMware Horizon View
Citrix XenDesktop
  • ※対応バージョンおよび制限事項等は別途お問い合わせください。
ページトップへ戻る
  • デモ・資料請求はこちら
  • 30日間無料 試用版ダウンロード

デモンストレーションについて

  • 弊社の営業担当が御社にお伺いさせていただき製品がインストールされたデモ機(ノートPC)を用いて 操作画面をご紹介いたします。
  • カタログ・資料ではお伝えしにくい操作性・各種機能に関して、ご確認いただければと存じます。
  • なお、弊社各営業所でのデモンストレーションも承ります。
ページトップへ戻る