Webフィルタリングの本質であるURLデータベースの精度をさらに高め、Webアクセス網羅率を100%に近づけるとともに、Webアクセスの可視化を実現。セキュリティインシデントの低減と予兆の発見・検出に効果を発揮し、より安全なインターネット環境を提供します。

「高度分類クラウド」でインシデントを限りなくゼロへ

 網羅率98%を有する従来の高精度URLデータベースに加え、第2のエンジンとして「高度分類クラウド(IWCC:Intelligent Web Classifier Cloud )」を新設。サイバー攻撃の温床にもなりやすいニッチなサイトや一時的にオープンするサイトなど膨大なコンテンツをクラウド上で収集し、アクセス判定することで、残り2%の未知のURLへのアクセスに対応します。

セキュリティインシデントの発生を大幅削減!

高度分類クラウド(IWCC)システムイメージ

高度分類クラウド(IWCC)システムイメージ
ページトップへ戻る

Webアクセスを国・地域別に可視化する新機能「Geoスコープ」

 Webアクセスを国・地域別にリアルタイムで可視化し、状況把握と迅速なインシデント対策が可能となる「Geoスコープ」を搭載。未知のURLについては、これまでのフィルタリングアクション(規制・一時解除・許可)に加え、新たに国別・地域別の規制に対応します。これにより、不審なアクセスや通信集中による負荷など、アクセスの状況や予兆をすばやく把握し、アクセスブロックすることで対策が可能となります。プロキシログやSIEM情報との突合せによるインシデントの判定負荷を軽減できるため、SOCやCSIRTを支援するツールとしても有効です。さらに、経営層への報告・説明資料作成時のデータとして活用することもできます。

GeoスコープによるWebアクセスの可視化と対策イメージ

GeoスコープによるWebアクセスの可視化と対策イメージ
ページトップへ戻る