セキュリティ製品・ソリューション
  1. >
  2. >
  3. >
  4. >

仮想化対応について - InterSafe WebFilter

  • ブックマーク
  • プリント

InterSafe WebFilter 自治体情報セキュリティクラウド対応ソリューション

仮想化対応について
- Virtualized Solution(仮想化対応ソリューション)

ハードウェアリソースが膨大になった昨今、ハードの有効活用やグリーンITの観点から仮想化の必要が高まっています。InterSafe WebFileterでは仮想化にいち早く対応。仮想化対応によりサーバ台数の大幅削減、ハードウェア費用・保守費などの経費の削減が可能です。

経費削減、グリーンITのニーズにお応えし、InterSafe WebFilterがいち早く仮想化に対応
ページトップへ戻る
01.サーバ台数を大幅削減

無駄になっていたハードウェアリソースを有効に活用することで、冗長で高いパフォーマンス環境を低コストで用意することが可能。

02.保守費、運用管理費などの経費削減

サーバ台数の削減により、ハードウェア保守、運用管理費用などを大幅に削減。さらに消費電力を削減し、グリーンITをサポート。

03.すべてのアプリケーションにコストを抑えたハイアベイラビリティを提供

ダウンタイムなしで、且つ自動的に大量のホストをメンテナンスできビジネス継続と負荷軽減。全てのサービスのHA化を追加スタンバイハードウェアなく自動化し、可用性を向上

ページトップへ戻る

仮想化対応例

サーバリソースの有効化するために、以下のような構成パターンが考えられます。

ログ分析ツール同居モデル

異なるプラットフォームで稼動するログ分析ツールを統合。

冗長化パフォーマンス向上型モデル

InterSafe WebFilterの冗長管理機能と組み合わせ、ユーザからのリクエストを分散。よりパフォーマンスの高い環境を提供。

インターネットサーバ集約モデル

散在する各種サーバと同居。サーバリソースは動的にバランシングされるため、今まで使われていなかったリソースを有効利用。

ASPモデル

加入顧客ごとにInterSafe WebFilterシステムを提供、増減にも容易に対応しフル機能でサービス提供が可能。

ページトップへ戻る

サポート環境

仮想化プラットフォーム InterSafe WebFilterが対応しているOSを、ゲストOS上で動作保証している仮想環境
※仮想環境固有の問題を除いては対応可能です。
弊社対応商品 InterSafe WebFilter PROXY / for ICAP Ver8.5
InterSafe LogDirector Ver. 4.0
ページトップへ戻る
  • まずは資料請求
  • 30日間無料 試用版ダウンロード
導入事例

東北電子専門学校

東北電子専門学校 きめ細かくアクセス制御できるInterSafe WebFilterで、タブレットも安全に活用

ページトップへ戻る