セキュリティ製品・ソリューション
  1. >
  2. >
  3. >
  4. >

特長 - InterSafe CATS

  • ブックマーク
  • プリント

クラウド型Webフィルタリングサービス InterSafe CATS モバイルPCのWebアクセス管理を実現

サーバー不要でコスト削減

InterSafe CATSは業界初のクラウド型Webフィルタリングサービスです。管理サーバー、データベースサーバーは弊社のクラウド上にご用意するため、高精度なWebフィルタリングを実現しつつ、サーバーの運用・保守などのコストを削減します。

ページトップへ戻る

マルチデバイス、マルチロケーションでWebフィルタリング

通常、サーバーにWebフィルタリングソフトを導入している場合、社内ネットワークに接続していない持ち出し端末へのWebフィルタリングはできません。InterSafe CATSは、クラウド上の管理サーバーとURLデータベースサーバーで運用するため、持ち出し端末のWebアクセスコントロールが可能です。さらにマルチデバイス対応により、PCだけでなくスマートフォンやタブレット端末にもWebフィルタリングを適用。いつでも、どんな端末にも、安全なWebアクセスを提供します。


InterSafe CATS ご利用イメージ
ページトップへ戻る

シェアNo.1のWebフィルタリングを、クラウドで

InterSafe CATSのフィルタリングに用いられるURLデータベースは国内シェアNo.1、国内主要携帯キャリア3社のフィルタリングサービスにも採用されています。

docomo au softbank

※1:Webフィルタリングツール2014年度金額ベース。富士キメラ総研「2015年ネットワークセキュリティビジネス調査総覧」を基に当社作成。当社OEM製品(トレンドマイクロ社InterScan WebManagerなど)を含みます)。※2:ネットスター社が2012年7月23日〜2012年8月17日の期間に、第三者評価機関が収集したURLデータを元に取得した307,455URLから無作為に1,573件を抽出し各社製品のフィルタリング処理を行い、目視による精度の確認を実施したもの。

ページトップへ戻る

アプリケーションの利用も規制

フィルタリングでは利用規制できないアプリケーションの起動を規制し、情報漏洩の経路を遮断することが出来ます。この機能は、持ち出し時以外でも社内環境においても有効となるため、社内外における不信な行為を止めることができます。(Windows端末のみ)

ページトップへ戻る

HTTPSサイトのフィルタリングにも対応

HTTPS(秘匿)通信を解析し、フィルタリングやアクセスログの取得が可能。HTTPSに対応したTwitterやFacebookなどのソーシャルメディアやストレージサービス経由の情報漏洩や私的利用を防止します。

HTTPSサイトもフィルタリングが可能に!
  • ※ 掲載されている会社名及び商品名は各社の商標または登録商標です。
ページトップへ戻る

スケジュ−ル機能

時間帯や曜日に応じて柔軟にフィルタリングルールを適用できます。

ページトップへ戻る

Google Appsログイン制限機能

法人・団体で契約しているGoogleアカウントのみ利用を許可するなど、インターネットの私的利用と業務利用を柔軟に管理し、より安全なWebアクセスを実現します。

ページトップへ戻る

容易な導入と運用

  • クライアント端末への導入
    利用者でも簡単にインストールができます。
  • マルチデバイス管理
    ブラウザから社内外の利用端末を一元的に管理できます。
  • アクセスレポート
    管理者は各ユーザのWeb利用状況をブラウザでどこからでも確認が可能。また、月間、週間のグループ別・ユーザ別アクセスレポート、アクセスグラフ、カテゴリ別アクセスレポート等10種類以上のレポートでアクセス状況が一目で分かります。

    カテゴリ別アクセストップ10グラフ
    (クリックで拡大表示)

    カテゴリ別アクセス比率グラフ
    (クリックで拡大表示)

ページトップへ戻る
  • まずは資料請求
  • 30日間無料 試用版ダウンロード

デモンストレーションについて

  • 弊社の営業担当が御社にお伺いさせていただき製品がインストールされたデモ機(ノートPC)を用いて 操作画面をご紹介いたします。
  • カタログ・資料ではお伝えしにくい操作性・各種機能に関して、ご確認いただければと存じます。
  • なお、弊社各営業所でのデモンストレーションも承ります。
導入事例

宇宙航空研究開発機構
(JAXA:ジャクサ)

宇宙航空研究開発機構(JAXA:ジャクサ) 既存の社内運用を妨げず、1500台の持ち出し端末のフィルタリングの一元管理を実現。

ページトップへ戻る