セキュリティ製品・ソリューション
  1. >
  2. >
  3. >
  4. >

特長・機能 - InterSafe SecureDevice Professional

  • ブックマーク
  • プリント

InterSafe SecureDeviceの上位モデル InterSafe SecureDevice Professional

USBメモリの厳格な管理が可能!

情報管理の徹底。簡単な作業で、USBメモリが管理対象媒体へ変化。 内部統制対応のための「見える化」「管理強化」に対応。 汎用USBメモリをそのまま管理画面で登録して使用。 管理者は、登録ボタンを押すだけ。 利用者の利用履歴を取得可能 ⇒ 管理画面でログ確認
ページトップへ戻る

登録されたPC以外ではUSBメモリ内でのみ閲覧・編集が可能!

ページトップへ戻る

パスワード認証と暗号化によるデータ保護!

ページトップへ戻る

ウイルス感染やAutorunウイルスによる感染拡大を防止!

USBメモリを経由して感染を広げるウイルス
InterSafe SecureDevice
Autorunウイルス感染拡大防止機能

Aoutorunウイルス感染により、「Autorun.inf」が不正に書き換えられた場合「Autorun.inf」を一度削除し、内容を元の状態に戻します。

感染拡大防止のための機能
警告メッセージ

警告メッセージが出た際は、ウイルスチェックやウイルスパターンファイルの更新をしてください。
※本機能は、ウイルスの駆除は行えません。

ページトップへ戻る

既存で使用しているUSBメモリがそのまま使えるため、導入コストを低減!

ページトップへ戻る

ハードウェアタイプでは実現できない
InterSafe SecureDeviceのメリット

汎用USBメモリを用途に応じてセキュリティ機能を付加

4つの設定テンプレート
ページトップへ戻る

ウイルス対策ソフト導入チェック

USBメモリを接続した際の感染を防ぐために、接続するPCのウイルス対策状況をチェックします。ウイルス対策ソフトがインストールされているかを確認し、対策に漏れがある場合について “使用禁止“または”警告して使用”のいずれかを設定できます。

ウイルス対策ソフト導入チェック
ページトップへ戻る

ログの自動送信

セキュリティUSBメモリをホストPC接続時、USBメモリ内のログをSDサーバに自動送信し、管理者の負荷を軽減します。オフライン時のログについては、USBメモリ内に格納し、オンライン(送信可能)状態になった際に送信します。
※ゲストPCでは、ログの送信は行いません。

ログの自動送信
ページトップへ戻る

有効期限超過時のデータ破棄

有効期限超過後には、USBメモリ内のデータを破棄します。 データの復旧等を行うこともできません。より強固な情報漏洩対策を実現します

有効期限超過時のデータ破棄
ページトップへ戻る

複数ホストPC対応

1本のセキュリティUSBメモリを複数のホストPCで利用することができます。
特定PCに限定しない運用が可能です。 ※登録時には、SDサーバに接続可能な環境が必要

複数ホストPC対応
複数ホストPC対応
ページトップへ戻る
  • デモ・資料請求はこちら
  • InterSafe SecureDevice Standard 試用版ダウンロード

デモンストレーションについて

  • 弊社の営業担当が御社にお伺いさせていただき製品がインストールされたデモ機(ノートPC)を用いて 操作画面をご紹介いたします。
  • カタログ・資料ではお伝えしにくい操作性・各種機能に関して、ご確認いただければと存じます。
  • なお、弊社各営業所でのデモンストレーションも承ります。

InterSafe SecureDevice Professionalの試用版もご用意しております。
試用版をご希望のお客様は、お手数ですがデモ・資料請求申し込みフォームのお問い合わせ欄に「InterSafe SecureDevice Professional試用版希望」とご記載のうえ、お申し込みをお願いいたします。

ページトップへ戻る