サイトアンパイアの新機能とは?

中小規模オフィスの安全で効率的なインターネット利用を実現するルータ一体型のURLフィルタリングサービス「サイトアンパイア」に、忙しい管理者に嬉しい機能が追加されました。
ヤマハ製ルータの対応機種でご利用できます。

>>サイトアンパイアについて詳しくは

GUIでのスケジュール設定

就業時間中と休憩時間中のフィルタリングルールの切り替えなどを、管理画面上で行なえます。
最低限のセキュリティを確保したうえで、ある程度自由なウェブ閲覧を許可することができます。

>>詳しくはこちら

リアルタイム警報メール配信機能

望ましくないアクセスがあった場合に、管理者やその他の関係者にメールで通知します。セキュリティ上危険なカテゴリや、生産性を阻害する恐れのあるカテゴリなどを対象に、あらかじめ通知ルールを設定しておくことで社内のアクセス状況を素早く把握することができます。

>>詳しくはこちら

アクセスログ分析機能

社内のウェブサイトへのアクセス状況をグラフで簡単に確認できます。

・サマリーレポート
-カテゴリ別アクセスレポート
-日別、時間別アクセス数集計
-検索キーワードランキング

・アクセス詳細検索
ー端末(IPアドレス)ごとのアクセス詳細の条件検索

利用目的別の5つのルール

フィルタリングを利用するにあたっての、法人の懸念事項にあわせて制限する分野を簡単に設定することができる5つのルール。
自社の目的にあった組み合わせをベースに、業務内容や社内からの要望にあわせてさらに細かなルール設定を簡単に行うことができます。

標準(基本) 利用リスクが特に大きな分野についてのみ制限を行う標準的な組み合わせ
コンプライアンスリスク 情報漏えい等の可能性がある参加・発信型サイトについて制限
生産性低下リスク 主に娯楽用途と思われる分野について制限
業務関連情報 業務情報収集に用いられる分野について制限
その他懸念 上記4つ以外の懸念対象となりうる分野について制限を行う組み合わせ

>>カテゴリ詳細はこちら

サイトアンパイア機能の独自アップデート

新たな機能が追加されたり、カテゴリの変更などがあった場合にも、ルータのファームウェアのリビジョ ンアップは不要。独自のバージョンアップ機能によりいつでも最新のフィルタング機能がご利用できます。
※一部の機種では、Ver2.0への切り替えにはルータのF/Wリビジョンアップが必要です。
詳しくはこちらをご覧ください

その他の機能

76カテゴリ、各種GUI設定、サイト個別のルール設定、送信元IPアドレス指定

>>サイトアンパイア機能一覧

新機能対応機種

詳しくは弊社営業担当までご連絡ください。

価格

>>サイトアンパイア価格

現在サイトアンパイアをご契約中で、新機能対応機種をお使いのお客様は無償でアップグレード版をご利用いただけます。

>>SRT100、RTX1200のアップグレード手順:こちらをご覧下さい。
>>NVR500のアップグレード手順:こちらをご覧下さい。