SAP会計伝票申請

ECOASシリーズ SAP会計伝票申請 | 導入メリット

経理を膨大な負荷から解放する

ECOASシリーズ

導入メリット

導入前の課題
  • SAPの会計伝票登録画面は、経理特有の項目が多いため、一般ユーザには登録が困難だった。
  • 会計伝票を紙で運用していた為、経理部門でのシステム登録に負荷が掛かっていた。
  • 伝票入力を1件ずつ実施していたため、時間が掛かっていた。
  • 承認処理を紙の申請書に押印する形で手続きを行なっていたため、承認までに時間が掛かっていた。
対策と効果
  • 伝票をExcelフォーマット化し項目名をユーザが分かりやすい名称に設定。一般ユーザでも入力が可能になり、入力を分散する事で経理部門の負荷を軽減。
  • 複数伝票の入力を可能にし、SAPへ一括登録をする事で、入力時間を短縮。
  • 「intra-mart」を利用することで、登録されているユーザ情報(所属)を使用し、電子フロー化する事で承認までのスピードをUP。