ローコード開発環境 Web Performer

ローコード開発環境 Web Performer | 活用例

システム開発サービス

「Web Performer」活用例

導入前の背景・環境
  • 既存のERPマスタ登録申請システムは、Excelを利用したUIにより、以下の課題が存在していた。
  • Excel起動レスポンス課題
  • Officeの更新に対する動作保証リスク
Web Performer導入の目的
  • 申請および承認画面のWeb化による、レスポンス向上およびExcelライクなUIによる高操作性の維持
  • Officeバージョンに左右されないシステム環境による運用コスト削減
導入効果
ERPシステムのマスタ申請フォームをWeb Performerにて高速開発し、システム開発にかかる工数を削減

ERPシステムのマスタ申請フォームをWeb Performer で開発することにより、システムの開発にかかる工数を削減しすばやいリリースにより、ユーザーのニーズにいち早く答えます。

また従来の開発では防ぐことの出来なかったプログラムバグの混入をWeb Performerのリポジトリ定義による開発(ノンプログラミング)やテスト自動化により未然に防ぐことができます。

Web Performerで操作性の良い入力画面を提供することにより、データ入力にかかる工数や設定ミスを削減

Web Performerで作成したWeb入力画面により、表示レスポンスが速く、操作性の高い画面をユーザーに提供できるようになり、これまでデータ入力にかかっていた工数やユーザーの入力ミスを削減します。

また、入力画面に対するユーザーの細かな要望に柔軟に対応することができます。

Web_Performer__graph0418_PC_04.png
柔軟なワークフロー設定により、申請・承認フローを最適化

intra-martによる柔軟なワークフロー設定により、日本式の稟議・合議・回覧や差戻し・代理申請など、マスタ申請に関するお客様のどんなニーズにも対応致します。

webperforemer_2-3.jpg