セキュリティ製品・ソリューション
  1. >
  2. >
  3. >
  4. >

標的型サイバー攻撃対策のInterSafe Gateway Connection

  • ブックマーク
  • プリント

セキュリティゲートウェイサービス InterSafe GatewayConnection

ピックアップ

InterSafe GatewayConnectionとは

InterSafe GatewayConnectionは、ネットワーク構成変更不要・サンドボックス不要のWebセキュリティゲートウェイサービスです。 プロキシに設定するだけで、出口での多層防御を実現するクラウド型のサイバー攻撃対策です。

標的型サイバー攻撃の侵入は防げない!

2017年のいま、標的型サイバー攻撃は情報セキュリティ上の大きな脅威となっています。標的型サイバー攻撃は、狙った企業や組織で個人が使用しているPCに不正なプログラムを感染させ、企業や組織が持っているさまざまな機密情報や重要事項に関連した情報を窃取することが目的です。標的型サイバー攻撃の手法は日々巧妙化しており、どれだけ入口対策をしていても、その侵入を100%防ぐのは不可能と言えます。

主な攻撃手段はメール

標的型サイバー攻撃の主な攻撃手法はメールによるものです。まず攻撃者は攻撃対象と定めた企業や組織に対して、コンピューターウイルスなどの不正プログラムを添付したメールを送りつけます。この標的型メールは、あの手この手でメールを開かせプログラムを実行するよう、どんどん悪質化しています。そのため、受信者へ届かないよう完璧に防御することは非常に難しいのです。

受信者のうち誰か一人でもメールを開き、プログラムが実行されたら、ウイルスは企業の内部に侵入してしまいます。内部に侵入されてしまうと、攻撃者はC&Cサーバーにコールバック通信をし、情報を盗み出したり、新たな不正プログラムを送ったりといった指令を出し攻撃を開始します。

クラウドで多層防御を実現するInterSafe GatewayConnection

InterSafe GatewayConnectionは、クラウドプラットフォームで出口での多層防御を実現するセキュアWebゲートウェイサービスです。常に更新される脅威情報データベースにより、最新の脅威もリアルタイムでブロックが可能です。クラウドならではの「手軽さ」で導入・運用の負荷も大幅に軽減できます。

インターネットの出口で多層防御を実現するクラウド型のセキュリティゲートウェイサービス たとえ侵入されたとしても、最新の脅威情報により出口でブロックが可能
1. サイバー攻撃対策強化 インシデント発生リスクを限りなくゼロに2. Webアクセス可視化 インシデント予兆の発見と発生時の対策3. アンチウイルスサービス ファイルのウイルスチェックによる多層防衛強化

これだけ対策しても防げない!?
企業内に蔓延る不正通信の実態

世界中で猛威を振るっているサイバー攻撃。実際に攻撃を受けたら企業内で何が行われるのか、また日本におけるその被害状況について解説します。さらに、そのサイバー攻撃に有効なALSIのソリューションについても併せてご紹介します。是非ご一読ください。

ダウンロード

ALSI REPORT VOL.1
SECURITY INSIGHT

このレポートでは、ALSIが把握している企業および一般ユーザーにおけるインターネットへのアクセスログを解析することにより、インターネットアクセスの実態を調査、またその傾向を分析し、日々直面しているインターネットアクセスに関する考察を提供します。

ダウンロード
ページトップへ戻る

セミナー情報

02/27

60分で構築!クラウドで実現するサイバー攻撃対策

セキュアインフラ構築はゼロコンフィグの時代へ

2018年2月27日(火)14:00~16:00(13:30開場)

詳細を見る


イベント・展示会情報

ただいまイベント・展示会の情報はございません。



弊社からリンクしています各社・団体が運営されているサイトについては、予告なく対象サイトが閉鎖される場合がありますので、ご了承ください。

ページトップへ戻る

価格、購入方法、ライセンスのことなど
お気軽にご相談ください。
お電話でのお問い合わせ
03-5499-8045
アルプス システム インテグレーション 東京営業所
Webでのお問い合わせ
入力フォーム
とりあえず資料を見たい
資料ダウンロード
お試しで使ってみたい
30日間無料
 試用版ダウンロード
ページトップへ戻る
SP版へ