セキュリティ製品・ソリューション
  1. >
  2. >
  3. >
  4. >

標的型攻撃などのサイバー攻撃対策 - InterSafe GatewayConnection

  • ブックマーク
  • プリント

セキュリティゲートウェイサービス InterSafe GatewayConnection

InterSafe GatewayConnection とは

標的型攻撃などサイバー攻撃の侵入は防げない

2017年のいま、標的型攻撃などのサイバー攻撃は情報セキュリティ上の大きな脅威となっています。
標的型攻撃は、狙った企業や組織で個人が使用しているPCに不正なプログラムを感染させ、企業や組織が持っているさまざまな機密情報や重要事項に関連した情報を窃取することが目的です。
その具体的な攻撃手法としては、まず攻撃対象と定めた企業や組織に対して、コンピューターウイルスなどの不正プログラムを添付したメールを送りつけます。
受信者のうち誰か一人でもメールを開き、プログラムが実行されたら、内部に侵入します。
この際、ITシステムやサーバーなどの脆弱性などを突いてくるため、既存のパターンマッチング方式では検知できません。

出口対策と多層防御が重要

このように、標的型攻撃などのサイバー攻撃は年々高度化し、その侵入を完全に防ぐことは、もはや不可能です。
そこで企業や組織におけるサイバー攻撃対策では、「侵入」を前提とした出口対策が重要になります。
さらにサイバー攻撃対策では、その攻撃フェーズに合わせた多層防御も重要です。
一般的に多層防御を実現するためには、さまざまなセキュリティ製品を導入します。
しかし、複数の製品を導入することでシステムは複雑化し、それを管理するシステム管理者の導入負荷や運用負荷が高くなります。
InterSafe GatewayConnectionは、こうしたサイバー攻撃対策における課題を解決し、クラウドプラットフォームで出口での多層防御を実現するセキュリティゲートウェイサービスです。

まずは2つのサービスから:サイバー攻撃対策/Webフィルタリング

InterSafe GatewayConnectionは、クラウドならではの「即時性」と「手軽さ」で、企業や組織のITシステム管理者のセキュリティ対策を強力にサポートします。 第1弾として、最新の脅威へのアクセスや不正侵入をブロックする「サイバー攻撃対策」、オンプレミス市場で13年連続シェアNo.1を誇る「Webフィルタリング」の2つのサービスを提供開始。 ラインナップは順次拡張していきます。 今後のサービスの進化にご期待ください。

ページトップへ戻る
  • デモ・資料請求はこちら
  • 試用版お申し込み
ページトップへ戻る