ALSI (アルシー)

アルシー セキュリティブログ

エンドポイントセキュリティ製品をご利用の方へ、対策見直しのススメ

お使いのエンドポイントセキュリティ、このまま使い続けますか?

サイバー攻撃の高度化、巧妙化により従来型のシグネチャーベースによるアンチウイルスでは対策が不十分となった今、EDRやSOCサービスなど、侵入を前提とした新しいエンドポイントセキュリティソリューションが次々生まれています。

こうした競争の激化に伴い、外資系セキュリティベンダーの事業買収・支出削減などの動きも出ており、既存のエンドポイントセキュリティ製品については、今後継続的な製品開発やサポートが行われなくなる可能性があります。

一方で、リプレースの負担から、一度導入したエンドポイントセキュリティ製品をそのまま更新し続けている組織も多いのではないでしょうか。今後も継続的にお客様のセキュリティ環境を維持していくために、対策の見直しをオススメします。

エンドポイントセキュリティの見直しをオススメします

Windows 10には、最新のウイルス対策やファイアウォール機能を提供する「Windows Defender」が標準で搭載されています。これに「デバイス制御」を組み合わせることで、安全かつコスト効率の良いエンドポイントセキュリティ環境を構築することができます。

ALSIの「InterSafe DeviceControl」は、業界最多の制御デバイス数に対応したデバイス制御ソフトです。スマホやタブレット、USBメモリなどの外部デバイスやフリーWi-Fi、ネットワーク、プリンタの利用を制御し、私物デバイス利用によるウイルス感染や不正なデータ持ち出しによる情報漏洩を防止します。

また、デバイス制御に特化したソフトであるため、様々な機能を持つエンドポイントセキュリティ製品や資産管理製品に比べてシンプルな管理を実現できます。

デバイス制御.jpg

「InterSafe DeviceControl」について詳しく知りたい方は、こちらからお気軽にお問合せ・ご相談ください。

おすすめ記事

最新記事

PPAP

"脱"PPAP成功のカギ!クラウドストレージのセキュリティ対策

PPAPクラウドセキュリティシャドーIT対策フィルタリング内部不正対策市場動向情報漏洩対策無害化

"脱"PPAP成功のカギ!クラウドストレージのセキュリティ対策
市場動向

フィッシングサイト前年比36%増!特別給付金詐欺にも注意

フィルタリング市場動向無害化

フィッシングサイト前年比36%増!特別給付金詐欺にも注意
記事カテゴリ

クラウドサービスをセキュアに使い、社内にリモートアクセスするための最適なソリューションとは

AWS自治体

クラウドサービスをセキュアに使い、社内にリモートアクセスするための最適なソリューションとは